「頭の良い子」に育てる方法があった

子どもは育つ環境によって、頭が良くなったり、逆に悪くなったりします。子どもの頭が良くなるコツを身につけましょう。

view530

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭の良い子を育てるのは、どんな母親?

  • 頭の良い子に育てる母親

     

    子育てを楽しむこと!

  • まず、いい意味での適当さということが挙げられますね。これはいいかえると、メリハリがあるということ。手を抜くところは手を抜き、こだわるところはこだわるということです。次に聞き上手なお母さんが多いことも特徴ですね。子どもは小さい時は話すのが苦手です。子どもが何を言いたいのかを上手に聞き出していたお母さんの子どもほど『頭のよい子』に育っている。

    最後に、これが最も大事なことかもしれませんが、子育てを楽しんでいた!ということが挙げられます。子育てをつらい、大変と思うか、楽しむか? これはどのお母さんでも表裏一体ですが、頭のよい子のお母さんは子育てを楽しんでいたという共通点があります。
    出典 :「頭のよい子」を育てる母親像 [子育て] All About
     

    メリハリ、いい意味での適当、聞き上手、子育てを楽しむ。

  • 頭の良い子が育つ食卓とは?

  • 我が家の食卓

     

    レストランでごちそうを食べたことより、我が家で手作り料理を食べた記憶が残っている。

  • 特別なお出かけの際にレストランなどで食べたものではなく、日常の、それもお母さんが作ってくれた何気ない料理にこそ子供たちの思い出に残っているということです。

    大事なことは何を食べたかよりも、そこにどのようなコミュニケーションがあったのか?ということなのかもしれません。そのコミュニケーションの結果、親の側にいることに安心感を覚えた子供はおのずと親の近くで勉強するようになりますし、親に認められたいと頑張るようになります。その結果、頭のよい子たちが続々と誕生するわけです。根本にあるコミュニケーションをちゃんととりながら子育てがしたいものですよね。

    「まずは何か親子で一緒に作ってみてはいかがでしょうか?」
    出典 :「頭のよい子」が育つ食卓の秘訣 [子育て] All About
  • クリエィティブで頭の良い子を育てる方法

  • 1.テレビを見ない
    まず第一に重要なのは、なるべくテレビを見せないこと。

    たまに教養番組を見せるのは構わないけれども、娯楽だけのテレビであれば、見せない方が良いです。理由は、テレビを見ると脳が受身となってしまうからです。思考が停止する上に中毒になってしまいます。マインドがコントロールされ、テレビで見るものを真似したり、価値観すらも刷り込まれ、「自分の頭で考える」力が弱くなります。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • テレビを見ない

     

    テレビを見る時間を少なめに…

  • 2.おもちゃは慎重に選ぶ

    おもちゃを購入する際は、イマジネーションを働かせたり、何かを組み立てたり、描けたり、創作出来るような物が良いですね。

    例えば、5歳にもなれば、ブロック式のレゴ(LEGO)で様々なものが作れるはずです。7歳にもなると、レゴの作品作りで一日中熱中していることもあります。小さなピースから大きなピースまでいろんな種類がありますので、お勧めです。

    また、粘土や絵の具で何かを作ったりするのは子供は大好きですね。家にある廃材やダンボール箱で冷蔵庫、家、ゲームなど作らせると、子供は夢中になります。

    間違っても、コンピューターゲームなどは買い与えないで下さい。ゲームは、もっとやりたくなるようにわざと作ってありますので、中毒となってしまいます。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 3.質問をなげかける

    子供との会話も創造力を掻き立てる重要な役割を果たします。会話をする時は、聞いてあげることも大切ですが、「それからxxはどうなったの?」「xxちゃんはどう思ったの?」と質問をいろいろしてあげることで、考えるきっかけが増え、思考力が付き、想像力を育てます。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 子どもとの会話

     

    会話はとても大切です。毎日、子供とおしゃべりしましょう。

  • 4.本を親子一緒に読む

    本を一緒に読むことで、子供はいろんな事を想像し、イマジネーションが広がります。耳からだけではなく、挿絵を見せながら読むことが大事です。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 子どもと一緒に本を読む

     

    小さいうちは、読み聞かせも効果があります。
    子どもと読書する習慣をつけましょう。

  • 5.勉強を無理強いしない

    提出しないといけない宿題がある場合は、きちんとさせないといけませんが、苦手な科目を得意になるよう勉強させたり、良い点数を取るよう無理強いさせると逆効果です。本当に頭の良い子は、「自分で学ぶ力」がある子です。本人の興味が出て、自分から勉強したいと思ったことについては、本当に良く勉強するように人間は出来ています。

    点取り虫だけの子供に育てたいのなら仕方の無いことですが、「思考力」や「学力」のある本当に頭の良い子供に育てたいのならば、学校の成績は気にせず、興味のある事、好きな事に集中させてあげましょう。成長するにつれて学力のある子に育ちます。

    一番良くないのは、テキスト(教科書)のような教材のみを用いて勉強させることです。これだけは避けましょう。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 勉強を無理強いしない

     

    無理強いされて勉強しても、それほど頭に入りません。
    勉強に興味を持つように導くことが大事です。

  • 6.自然の中で遊ぶ

    自然の中で遊ぶことにより、子供は様々な事を発見したり、違った遊び方を発見したりします。強い体と創造力豊かな子供に育ちます。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 自然の中へでかけよう

     

    近くの公園でもかまいません。

  • できる子は「リビング」で勉強していた

  • リビングで勉強する

  • 学者によると、子供の能力は6歳までに大体決まってしまうらしい。その頃には大人の脳のほぼ90%が出来上がり、固定化してしまうからだ、といっている。

    面白いもので、できる子はリビングで勉強していたものが多い。統計の取り方が分からぬが、子供部屋を持つよりよさそうに見える。カクテル効果といい、子供は周りの雰囲気で勉強するようになるのだ。
    出典 :頭のいい子の育て方
  • ちらかったリビングは効果あり?

     

    勉強効果は上がりますが、多少の整理整頓は必要ですね…

  • 整理整頓は逆効果!散らかったリビングの方が脳にいいと判明

    ■リビングに刺激が多いと子どもの脳は活発になる
    大人仕様の空間、見るからにキレイで完璧に整理整頓できている空間だと、成績が伸びにくいそうです。このように語る理由は、リビングのテーブルで勉強するとき、生活音があると脳が活発になるから。

    さらに、子どもは周囲のいろんな情報と関連づけて記憶をするものだからだそうです。例えば、解き方がわからないときに本の背表紙を見て思い出したり、テストをやっているときにリビングから漂う香りから知識を引き出したりできる、とのこと。
    出典 :整理整頓は逆効果!散らかったリビングの方が脳にいいと判明 - It Mama
  • ■リビングに注意力が散漫になるものは置かない!

    好きなおもちゃなどがあると、誘惑に流されてしまいます。西村さんは漫画やゲームがNGと言いますが、あとはiPadもそうですよね。

    これらが近くにあると、集中の邪魔になり、注意力が散漫になってしまいます。他の部屋に置くか、見えないようにしましょう。
    出典 :整理整頓は逆効果!散らかったリビングの方が脳にいいと判明 - It Mama
  • 「リビング学習」を勧めるのは、「百ます計算」の活用で知られる陰山英男・立命館大教授です。陰山教授は「自室にこもって集中できるのは、大学受験に向かう時のような自立した年齢になってから。子どもは元々集中するのが難しく、家族と一緒の空間でリラックスするがゆえに集中できる」と説明してます。
    出典 :リビング学習で学力アップを
  • 本にたくさん触れる環境を作ること

    歳になったら、とにかく、本がいっぱいあるところへ連れ出します。図書館でも、本屋さんでも、漫画喫茶などでも良いそうです。この「3歳」というのにも理由があります。2歳前後になると、こどもは日常生活の中で言葉を覚え始めます。

    読書で読解力が伸び、知識が増すのはもちろん、文字・活字に触れることで、こどもたちは本の中の出来事を想像し、また、独自に創造していく力を自然と身に付けているわけです。個人の特殊な能力を伸ばすという意味でも、この時期に「文字に慣れ親しむ」ということの重要性がわかります。
    出典 :頭の良い子を育てるために3歳から7歳までに必要な子育て方法とは | 美容ブログ [女性の美学]
  • 図書館へ行こう

     

    子ども用コーナーがある図書館もあります。

  • 重力に逆らった運動をさせること

    この重力に逆らった運動をすることで、脳細胞が活性化されるというのです。また、最新の脳科学の研究では、その子の運動能力もちょうどこの時期に決定するといいます。3歳~4歳くらいまでは、こどもの脳神経のネットワークが形成される、大切な時期なのです。

    こどもって、階段の上り下りが大好きなんですよね。小さい頃、狭い階段の一角ではしゃいだり、日が暮れるまでグリコをしながら遊んでいたのを覚えています。危ないからといって、階段を使って遊ばせるのを避けていると、脳の活性化まで阻まれてしまいますよ。

    裸足で遊ばせたりするのも効果的。足の裏を刺激すると、足裏の筋肉のセンサーを通じて脳に情報がインプットされるといわれています
    出典 :頭の良い子を育てるために3歳から7歳までに必要な子育て方法とは | 美容ブログ [女性の美学]
  • 階段を登る

     

    階段を登ったり下りたり、裸足で遊んだりしてみよう。
    けれども、無理強いはしないでください。

  • 手先・指先の運動になるお稽古ごとを習わせること

    手先・指先の運動を繰り返し行うことで、脳に繋がる神経細胞が成長して、脳細胞が活性化されます。こどもたちの脳が最も発達するのは、まさにこの時期。

    幼児期のこどもは、指先を使った遊びが大好きです。手先・指先の運動を繰り返し行うことで、脳細胞が活性化され、やがてその動きを習得します。そうすると集中力の形成や自信が身につきます。

    家庭の事情で習い事をさせるのは難しい、という方もいらっしゃると思います。そういう方も、手先を使った少し複雑な遊びをさせてあげるとか、一緒にお料理を作るとか、方法は様々ですので、是非実践してみてください。手先・指先の運動は、こどもたちの人格形成へと繋がるものなのです。
    出典 :頭の良い子を育てるために3歳から7歳までに必要な子育て方法とは | 美容ブログ [女性の美学]
  • 手先、指先を使う

  • 頭に衝撃を与えないこと

    頭をぶつけたり、大きな衝撃を受けると、脳細胞は10万単位で減っていきます。よく、頭を叩くとバカになる、なんて聞きますよね。これもあながち間違いではないのです。ですから、親の義務として、頭をどこかにぶつけてしまわないように、気を付けて見てあげましょう。

    叱るときも、頭を叩くのはあまり良いしつけ方法とは言えません。どうしても手を上げてしまうという方は、自分のゲンコツが大切なこどもの脳細胞を壊してしまっているという認識を持ちましょう。そうすれば、自然と手が出なくなるはずです。これは3歳からといわず、0歳から気を付けてあげたいですね。
    出典 :頭の良い子を育てるために3歳から7歳までに必要な子育て方法とは | 美容ブログ [女性の美学]
  • 頭を大事に!

     

    ぶつからないように気をつけてあげましょう。
    脳細胞が減りますよ…

  • 勉強のできる子に育てるための十か条

    1条  幼児のときから絶対に勉強しろと言わないこと

    2条  テレビ(遊び)は勉強を済ませてからと言わないこと

    3条  強制的に塾通いをさせないこと

    4条  漫画ばかり読んでと怒らないこと

    5条  子供の仕事は「学校の勉強」と思わないこと

    6条  親も知的活動を楽しむこと
           (子供とゲームとか読書とかクイズとか)

    7条  自主的に時間管理させるために親からの希望や
           話し合った上での決まりと制限を設けること

    8条  頭はいろいろなことで鍛えられる
    頭の機能を鍛えるために人間が長い間に習得してできるようになったいろいろな知的活動を
    楽しんで訓練する必要があります。それが学習です。
    歴史に刻まれた知的活動はどんなものでも頭の発達に良いのです。変な人間を作らないためにも
    教育の原点をもう一度考えなければなりません。

    9条  良い子とは親にとって都合の良い子か
    子供は一生懸命、親に気に入られようとしています。生きていくためには親が必要なことが一番わかっている
    のは幼い子供です。これを利用して親は物事を教えます。しかし、親から見てかわいさを求めすぎて「良い子」になるように無理をしています。子供も良い子であろうとして無理を重ねます。

    結局、無理に無理を重ねて最後にどんでん返しのような悲劇が待っています。子供の成長を望むなら
    親の言うことをきかなくなる、可愛げがなくなるというときにも子供の成長を喜ぶべきです。


    10条 子供に対する親の望みは自立心で、常に勉強より もっと大切なことがあることを親として肝に命じておくこと。    そうしないと変な子供に育ってしまう恐れもあります。頭の良い子は悪人にもなれる。
    出典 :勉強ができる子に育てる7か条
  • 環境を見直して頭の良い子を育てよう