膠原病の症状と原因について

膠原病はいわゆる自己免疫疾患と言われています。その症状や原因についてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/04/22

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膠原病と症状とは

  •  

    何となく体調が優れない・・というところから症状は出始めるようです。

  • 1.リウマチ性疾患(関節や筋肉に痛みやこわばりを来たす疾病。)2.自己免疫疾患(免疫に異常が見られる疾病。)3.結合組織疾患(細胞間の結合組織に異常を来たす疾病。)膠原病の多くは、割合から見て若い女性がかかりやすいようです。
    出典 :膠原病とその治療法 | おおうらクリニック
     

    この3つの病気は重なり合った症状を膠原病と言います。

  •  

    何だかしんどい、これも膠原病の症状なのです。

  • かぜでもないのに原因不明の熱がある・関節や筋肉に痛みやこわばりがある・皮膚に赤斑のようなものがみられる・いったんしゃがむと立ち上がるのが難しい・冷たくなると、指が白くなったり紫色になる(レイノー症状)・特別な理由がないのに疲れやすくなったり、体重が減少する
    出典 :膠原病であらわれやすい症状
     

    このような顕著な症状が出始めると膠原病も少しずつ進行していることがうかがえます。

  • 膠原病の特徴は

  •  

    急に関節がこわばる場合もあります。

  • ・関節や筋肉に痛みやこわばりを来たす。・細胞の結合組織に炎症による病気が発症する。・免疫の異常が見られる。・はっきりとした遺伝性がない。・伝染病では無い。・悪性腫瘍の病気では無い。・抗生物質が効かない。・副腎皮質ホルモンは効果がある。(ステロイド薬)
    出典 :膠原病とその治療法 | おおうらクリニック
     

    このような事柄が膠原病の症状と言われています。

  •  

    大きな病院では膠原病に特化した外来を設置しています。

  • じわじわと慢性的に進んでいきます。初めのうちは日常生活にも支障がないため、発病に気づかないまま、 ある日になって急に病院に運ばれるケースも珍しくありません。また、症状が出ていても他の病気である可能性があります。 自分だけで判断せずに、専門の医師の診断を受けて詳しく調べてもらうことが必要です。
    出典 :膠原病であらわれやすい症状
     

    必ず専門医の診断を仰ぎ適切な治療が必要になってきます。

  • 膠原病の原因は?

  • 遺伝、免疫異常、環境 の3つがリスク因子として考えれれていることです。 これらはひとつだけが原因ではなく、いくつかのリスクが重なり合ったとき 発症する可能性があると考えられています。
    出典 :膠原病の原因は何か
     

    はっきりとした原因が解明されていない病気の種類になるのですね。

  •  

    あれこれ悩む前にきちんと診断をつけてもらいましょう。

  • 紫外線(日光)(長時間の紫外線が原因で膠原病を発症することがわかっています。)感染症(ウィルス・細菌・カビ)薬物(何でもすぐ薬を服用しすぎると危険です)外傷・外科的手術・美容形成(シリコンなのを身体に入れた場合)(やはり身体に傷がつくのですからリスクは大きいです)妊娠や出産ストレス・寒冷
    出典 :膠原病の原因と注意点 - 【膠原病と歩く道のり】
     

    このような原因が挙げられます。