簡単じゃない!?「高齢出産のデメリット」についてしっかり知ろう

高齢出産のデメリットをしっておきましょう。リスクは若い人の出産よりもあることには変わりないのです。

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産は

  • 高齢出産=帝王切開と思っていませんか? 正しい知識がないと、自分らしい出産が出来ないだけでなく、妊娠生活も楽しむことが出来ません。 最悪は、せっかく授かった赤ちゃんに影響を及ぼす事だってありうるのです。高齢出産は、正しい知識を持つことが第一です。それはリスクに対しても同様です。
    出典 :【高齢出産ガイドライン】|知っておきたい高齢出産のデメリットと妊娠の為の基礎知識
     

    知識を持つことが大切だとわかりますよね。

  • 子供と仕事

     

    二つを選ぶ際に仕事を選んだ人もいるかもしれません。しかし、厳密なタイムリミットはないのです。もしあるとするならば、あきらめた時がタイムリミットかもしれませんね。

  • 高齢出産のデメリットとは

  • 妊娠中にも注意点がある

  • バランスのとれた食事をする・・・これは妊娠高血圧症候群などを回避するだけでなく、体重管理の役割も果たします。また、妊娠中の食事は母乳にも大きな影響を与えます。塩分は控えめにし、青魚(秋刀魚など)を食べるようにしましょう。カロリーの摂り過ぎにも注意が必要です。1日3食、規則正しい食生活を心がけてください。
    出典 :【妊娠中の注意点は?】 - 35歳からの高齢出産
     

    規則正しい食生活は健康維持には大切なものですね

  • 高齢出産に限らず、妊娠中は毎日体重を測ってみましょう。これは自分で出来る、最も簡単な健康チェックです。妊娠中は赤ちゃんの成長とともにお母さんの体重も増えるのですが、ある一定の範囲を超えるものは正常といえません。1週間に500g以上もの体重増加がある場合は、医師に相談してみましょう。
    出典 :【妊娠中の注意点は?】 - 35歳からの高齢出産
     

    若い人よりもきちんと管理しなくてはいけませんよ。

  • 病気に注意

  • 妊娠中に血圧が高くなったり、尿にたんぱくが出たり全身がむくんだりする病気で、高齢に限らず誰しもが妊娠中にかかるかもしれない病気です。しかし、その発生頻度は年齢によって高くなり35歳以上だと14~18%、45歳以降では29%とされています。これは、卵巣の機能や血管の弾力性が年齢と共に弱まるため発症率が高くなるからです。
    出典 :高齢出産のリスクとは?【メリット、デメリットは?】 | ブーストライフ通信
     

    発症率が高くなるのが困りますね

  • 他にも「糖尿病」「腎疾患」「甲状腺疾患」 「子宮筋腫」「卵巣腫瘍」など、 年齢が高くなるほど内科・婦人科の合併症に かかりやすくなります。また、「妊娠高血圧症候群」や「子宮筋腫」が原因で赤ちゃんとお母さんとをつなぐ胎盤が妊娠中に子宮から剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」の発生率も高くなります。
    出典 :高齢出産のリスクとは?【メリット、デメリットは?】 | ブーストライフ通信
     

    発症率もたかくなるのですね

  • メリットもある

  • 高齢出産は

     

    悪いイメージがあるのですが、それ以外にもメリットというものだってあります。確かに体力がおちてはいますが、若い人より持っているものがあるはずです。

  • 30歳を超えてからの出産は、経済力や精神力などは若いときよりは身についているはずですから、高齢出産のほうが有利です。こういう有利な点を活かすようにしたいですね。
    出典 :高齢妊娠、高齢出産のデメリットとメリット - goo ヘルスケア