どんな病気?「青年性扁平いぼ」をしろう!

青年性扁平いぼって知っていますか?自覚症状がない病気だそうなのです。

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青年性扁平いぼとは?

  • 顔面、手の甲、前腕などに、米粒の半分程度の大きさで、皮膚面からやや隆起した淡褐色で台状の丘疹が多数できるいぼです。丘疹(きゅうしん)は直線状に並ぶこともあります。自覚症状はありません。中年の人にも生じるため、単に扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とも呼ばれます。おもにヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス3型の皮膚感染が原因です。
    出典 :青年性扁平疣贅 とは - コトバンク
     

    皮膚感染が原因の場合もあるのですね。

  • 大きさは0.5~1cm大、褐色で、皮膚から扁平(へんぺい)に隆起しており、一度にたくさんできる特徴があります。ひっかいた後の線にそって並んで出ることもあります。  突然赤くなって皮がむけ、かゆくなるのは治る前兆で、症状が出てから1~2週間ほどで自然に治ります。
    出典 :青年性扁平疣贅 とは - コトバンク
     

    自然に治る場合があります。

  • 青年性扁平いぼって

     

    ウイルスの感染が原因の場合がほとんどですが、ウイルスの型によってまちまちという事もしっかりと覚えておきましょうね。

  • 実際には・・・

  • 手の平や足の裏に生じやすい尋常性疣贅とは異なり、青年性扁平疣贅は主に手の甲(手背)や顔に生じます。 掻いてしまうとウイルスが掻き傷に沿って感染するため、線状に青年性扁平疣贅が並んで生じる場合もあります。
    出典 :青年性扁平疣贅(扁平疣贅) | 住吉皮膚科ブログ
     

    掻き傷を作ってしまうと悪化の道をたどる事にもなるので注意しましょう。

  • 青年性扁平疣贅は、他のウイルス性疣贅と比べて、自然に軽快する可能性が高いと考えられています。 特に、かゆみや赤みが一斉に現れた場合には、数週間後に自然消退すると言われています。 治療としてはヨクイニンなどの内服が効果的です。
    出典 :青年性扁平疣贅(扁平疣贅) | 住吉皮膚科ブログ
     

    内服薬は大事ですね。

  • 症状としては

  • 主に顔、手背に多発性に生じます。数mm大の皮膚色ないし淡褐色の扁平な隆起性の皮疹です。顔ではあまり盛り上がりませんが、手背では角化性の隆起した丘疹となり、癒合することもあります。引っ掻くことによって自家接種され線状に配列することもあります。
    出典 :http://sogahifuka.com/pages/ibo.html
     

    かゆいのは我慢できませんが、出来るだけかかないようにするのも大事な事かもしれませんね。

  • これをKoebner(ケブネル)現象と呼びます。(本来のケブネル現象は乾癬などでみられ、擦ったり、刺激したりしてその本来の病変ができることをいうので、ここでの自家感染した場合は一寸異なりますが
    出典 :http://sogahifuka.com/pages/ibo.html
  • 青年性扁平疣贅は他のタイプの疣と比べて、自然治癒が多いことが知られています。これは感染細胞表面の腫瘍抗原に対して起こる拒絶反応、免疫反応であるとされます。 多発する疣が一斉に赤く盛り上がり、痒くなり、数も増えてくることがありますが、その時期が自然消退の前兆のことが多く、しばらくしてから治癒するすることがあります。
    出典 :http://sogahifuka.com/pages/ibo.html
  • 治療としては

  • 液体窒素による冷凍凝固、レーザー照射などの処置、スピール膏の貼付、抗がん剤(ブレオマイシン軟膏、5-FU軟膏)、尿素軟膏、イオウカンフルローションなどの外用、ヒスタグロブリン、ノイロトロピン、強力ミノファーゲンCなどの注射、ハイチオール(L-システイン)、セファランチン、グリチロン、塩化リゾチーム、タチオン、ビタミンB12、漢方薬などの内服です
    出典 :いぼ(青年性扁平疣贅) Q&A【百花園漢方薬局】
  • 液体窒素、レーザー、抗がん剤による処置は抗体が極めてできにくいか又はできないので、必ず再発します。また、処置後にシミ(色素沈着)を残す可能性が極めて高いので注意が特に必要です。いぼが大きいとか、いぼといぼが結合して集合したような場合を除き、特に顔面や首への処置はおすすめできません。
    出典 :いぼ(青年性扁平疣贅) Q&A【百花園漢方薬局】
  • 日常生活の注意点として

     

    顔や首に傷を作らないように注意しましょう。汗の刺激や乾燥によるかゆみなどもあるので気をつけてくださいね。