群発性偏頭痛とは◆キリでえぐられるような痛み

「キリでえぐられるような痛み」と例えられる、群発性偏頭痛。
その特徴や原因、対処法をご説明します。

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 群発性偏頭痛とは

  • ◆症状

     

    ①発症すると約1~2ヵ月の間続く。1~2年に1回の割合で出現する。
    ②1回の痛みが1~2時間続き、1日に1~数回程度。
    ③20~30歳代の男性に多い
    ④決まった部分が痛み、転げまわる様な激しい痛み。
    ⑤目の充血や涙、鼻水が出たり、顔に汗をかいたりする。

  • ◆群発性偏頭痛の原因
    明確には解明されていません。一般的には「頭部の血管が拡張して痛みが生じる」と考えられています。

  •  

    群発性偏頭痛が起こると、1〜2ヵ月間毎日、頭痛が続く⇒群発期。
    痛みは1〜2ヵ月過ぎると、無くなる⇒寛解期。
    しかし、通常は半年から2〜3年後に同じような痛みが起こる。

  • 群発性偏頭痛の治療と対処方法

  • ◆トリプタンの皮下注射

     

    群発性偏頭痛の急性期治療にはトリプタンの皮下注射を行います。また、トリプタン製剤もありますが、いずれも健康保険の適応外です。

    ※通常の鎮痛薬では効果が期待できません。

  • 2000年春から使用可能となったスマトリプタンという皮下注射は、群発頭痛の発作にかなり効き目がある。
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    速効性があり、よく効きます。

  • ◆酸素吸入

     

    群発性偏頭痛が起きたら、早い段階で酸素吸入するのが効果的です。
    酸素を多く吸うと、頭部の動脈が収縮して痛みが和らぐ効果があります。

    ※純度100%の酸素を毎分7リットル、約10~15分吸入

  • ◆対処法:予防薬の使用

     

    ほぼ毎日同じ時間に強い痛みが発生するので、予防薬を使用します。
    ◇群発頭痛への有効性が認められている予防薬
    カルシウム拮抗薬:ベラパミル・ロメリジン
    副腎皮質ステロイド:プレドニゾロン
    抗てんかん剤:バルプロ酸

    ※医師の処方が必要です

  • 日常生活で気を付ける事

  • ①群発期の入浴は、短時間で済ます

     

    長時間の入浴は血管を拡張させる為、群発期の入浴方法は、シャワーなどで短時間で済ませましょう。

  • ②群発期は禁酒をしましょう

     

    飲酒で頭痛が起こりやすくなるので、群発期は禁酒をしましょう。
    群発期が終われば飲酒をしても大丈夫です。

  • ③普段から飲んでいる薬がある場合

     

    血管を拡張する薬(狭心症の治療薬:ニトログリセリン)も頭痛を起こしやすくします。薬を飲む必要のある人は、お医者さんに相談してみて下さい。

  • ④予防薬

     

    群発性偏頭痛は夜中に起こる方が多いです。頭痛が起こりそうな時は、服用する薬をすぐに手に取れる場所に置いておくと、夜中に痛みで目が覚めた時に安心です。

  • 群発頭痛スクリーニングテスト
    □片側の目の奥に我慢できないほど激しい痛みが出現する
    □痛みと同側で涙が出たり、目の充血、まぶたの垂れ下がりや腫れ、鼻水・鼻づまりの症状がある
    □あまりの痛みのためにじっとしていられなくなる
    □その頭痛を過去に何度か経験している
    □頭痛は数週~数ヶ月間集中して起こる
    □群発期のと群発期の間にに頭痛のない時期が数ヶ月~数年続く
    □1回の頭痛は数分から3時間程度持続する
    出典 :群発頭痛のスクリーニングテストをする|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]
     

    当てはまる方は一度お医者さんに相談しましょう!

  • 「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」などの慢性頭痛は「一次性頭痛」といわれ、(中略)一方、脳出血や脳腫瘍など、何らかの病気の症状として起こる頭痛を「二次性頭痛」といい、二次性頭痛は命にかかわるような疾患が原因の場合があります
    出典 :片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛のちがい | 片頭痛って? | スッきりんのバイバイ頭痛講座
     

    頭痛でも種類があります。心配な場合は一度お医者さんに診てもらいましょう。