「子宮頸がんの自覚症状」は何があるの???

「子宮頸がんの自覚症状」は一体なにがあるのでしょうか?わかるようにまとめてみました!

view638

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮頸がんの自覚症状

  • 子宮頸がんの初期症状は、性交時の出血、不正出血、おりものの異変などです。しかし早期の子宮頸がん(子宮頸癌)ではほとんど自覚症状がありません。子宮全摘が必要になるIA2期になっても、目立った不調や異変を感じない人が少なくありません。
    出典 :子宮頸がん(子宮頸癌)の初期症状と進行時の自覚症状 【がん相談無料-鈴木医院】
     

    このようにほとんど自覚症状がないそうなのです

  • おりものの異常を感じた場合も

  • 生理が終わったのに、ちょっとおりものが続くなぁなんて思っていたらどんどん増えてきて。。。気づいたら水っぽい茶色のおりものが毎日沢山でてくるようになった。
    出典 :命の大切さ 子宮頸がん1b-2期  : 自覚症状
     

    これが一番子宮頸がんの症状に近かったそうです

  • 検診を受けた時に分かるクラス

  • クラス1⇔正常
    クラス2⇔正常だけど、ちょっと炎症がみられる。
    クラス3⇔aとbに分かれる。ここから再検査
    クラス4⇔初期の癌(よく聞くステージで言うと0期)
    クラス5⇔微小浸潤や浸潤の可能性がある癌
    出典 :『ぼやいて なんぼ』 子宮頸がん自覚症状から検査まで。
     

    ここまでなら良いのですが

  • 自覚症状のない『子宮腺筋症』も見つかった。オリモノの匂いも大丈夫。生理痛は全くナッシング。生理の量は増えてもいない。むしろ産後から生理が終わるのが早くなった位。唯一の自覚症状が『接触による不正出血』
    出典 :『ぼやいて なんぼ』 子宮頸がん自覚症状から検査まで。
     

    見てもらった時にはクラス3になっていたそうです

  • 女性に多いのですが

     

    20代の女性にかかる疾患で多いのが子宮頸がんだそうなのです!10~20代でもかかる可能性はあるので、しっかり意識して知識をつける必要があるのです

  • 進行するとわかる自覚症状

  • 子宮頸がん(子宮頸癌)が進行すると不正出血、おりものの増加、下腹部痛が出てきます。陣痛のような激しい痛み、腰痛、脚のむくみは子宮頸がん(子宮頸癌)がかなり進行していることを疑わせます。
    出典 :子宮頸がん(子宮頸癌)の初期症状と進行時の自覚症状 【がん相談無料-鈴木医院】
     

    かなり進行していると場合によっては再発に転移がある事も・・・

  • 早期発見が大切

  • 初期にはほとんど自覚症状がないので、早期発見するためには毎年きちんと検診を受けるしかありません。進行した子宮頸がんでは、月経以外の時期に出血したり、性交渉のあとに出血したりといった不正出血の症状が出ることがあります。
    出典 :子宮頸がんの初期症状・検査法 [子宮の病気] All About
     

    このように不正出血がある場合は発見に全力を尽くしましょうね

  • 子宮頸がん検診は、数ある検診の中でも最も検診を受ける意味があるものとされています。それは、検診で異常を発見できる確率が他のがん検診に比べてとても高いからです。
    出典 :子宮頸がんの初期症状・検査法 [子宮の病気] All About
     

    がん検診にくらべてとても高いそうです

  • 残念ながら、日本女性の子宮癌検診受診率はまだまだ非常に低くて、全部の年齢を合わせても約20%の人しか受けていないんですよ。特に、本来一番受けて欲しい10代~20代の若い人たちはほとんど検診なんて受けていません。
    出典 :子宮頸がんの初期症状・検査法 [子宮の病気] All About
     

    私もまとめていてやっと知りました

  • がん検診というと

     

    怖いイメージがあるかもしれませんね!いかしそこまで怖いものじゃないので安心していきましょうね