不眠症の症状について

不眠症の種類・症状・睡眠改善薬・精神面や他の病気から来る不眠症

  • S 更新日:2014/03/31

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝れない夜というのはとても辛く、その辛さがまた一段と寝れない夜を呼び込んでしまう悪い循環に陥りやすいですよね。しかし、物事には原因と結果があり、それは睡眠や不眠症においても同様です。問題の原因を解決してあげることで、問題を解決することができます。不眠症を一日でも早く解消し、気持ちの良い夜を迎えて下さい。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 複数の、不眠症の種類

  • 入眠障害:入眠障害は、布団に入っても中々寝付くことが出来ないというパターンの不眠症です。 この症状に悩まされている不眠症患者は最も多く、「早く眠らないと明日に差し障る」と考えてしまうことで、より深刻な不眠症になってしまうことが多いようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    入眠障害について

  • 中途覚醒:眠りについたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう症状が中途覚醒です。 生活リズムの乱や、飲酒、ストレスが原因となることもあるようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    中途覚醒について

  • 熟眠障害:充分な時間眠りについているはずなのに、朝起きてみるとどうもすっきりしない。体が疲れたままの状態にある。そんな症状が熟眠障害に分類されます。 日中睡魔に襲われる事が多い人は、実はこの熟眠障害なのかもしれません。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    熟眠障害について

  • 早朝覚醒:朝早く目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない症状が、早朝覚醒に該当します。ご年配の方が年をとって早起きになった、というのは良く聞く話ですが、これは加齢と共に睡眠パターンが変化しただけで、早朝覚醒には該当しない場合が多いようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    早朝覚醒について

  • 不眠症の症状

     

    病気とまではいかないものの、いずれかの経験は、どなたにでもありがちです。
    心当たりのある方、今でも継続的に発生しているなら、通院もしくは薬の服用が必要です。

  • 不眠症を自覚していらっしゃる方には、どれか1つのタイプに当てはまる方もいますし、全てのタイプに当てはまる方もいらっしゃいます。一般的には、多くのタイプに当てはまっている場合の方が、症状が重いと判断することができます。しっかりとその症状を引き起こしている原因を把握して解消することで、不眠症は解決することができます。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
     

    現状、症状があったとしても、神経質になることはありません。改善方法はちゃんとあります。

  • 睡眠改善薬

     

    または、睡眠導入剤。
    これらを1度使用すれば解決されます。
    ※何回も使っていくうちに効きにくくなる可能性はあります。あまり頼りすぎないように。

  • 上記であげた脳を興奮させる行動をとっていた場合、その行動を改善してあげることで、結果として不眠症を解消することができます。現代では、自分の意識しないうちにストレスや強い刺激などを身体が多く受け取っているため、意識的に就寝前にリラックス状態になるように、工夫をすることが大切です。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
     

    不眠症の対策方法です。

  • 具体的な不眠症状について

  • 不眠症は、睡眠障害や入眠障害とも呼ばれますが、普通神経症の代表的な症状になります。夜、寝ようと思っても、なかなか眠れない、今夜もまた眠れないのではないかと、常に睡眠の不安やストレスにとらわれ、ますます体調を悪くしている状態だと言えます。
    出典 :不眠症(原因、治療、対策)
     

    「今夜も眠れないのでは?」と不安になり、後ろ向きになるのもよくありません。これは予期不安と言われている、神経症から来る不眠症の特徴です。

  • 不眠症に悩んでいる人は、これと同時に、慢性的な頭痛や肩こり、慢性疲労症候群、更年期障害など自律神経失調症の症状も持っている場合が多いものです。夜、よく眠れなかったから頭痛がするとか、疲れやすいということで、薬を飲んで対策を取ったりしている人も多いと思います。
    出典 :不眠症(原因、治療、対策)
     

    神経症から来ている場合、薬だけでは解決できません。かえって症状を悪化させてしまいます。

  • 「ゾルピデム酒石酸塩」は非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、長短時間型。脱力や転倒などの副作用が小さいとされる。代謝も速やか。不眠症に適用される。朦朧状態、睡眠随伴症状の発現と中途覚醒時の健忘に注意。肝障害、筋無力症、急性狭隅角緑内障には禁忌。副作用はふらつき、眠気。商品名はマイスリー
     

    睡眠薬(ゾルピデム酒石酸塩)について。

  • 「うつ病」や他の病気から来る不眠症の場合

  • 薬を飲んで対応していくことが大切なのですが、神経症から来る不眠症の場合は、薬を飲むことで、逆に、不眠の、とらわれや、ストレスを強くしてしまうものなのです。神経症から来る不眠症の場合、予期不安を感じる場合が多いですが、人によって、寝付きは良いけど夜中に目覚めしてしまい、眠れなくなってしまう場合もあります。
    出典 :不眠症(原因、治療、対策)