「高尿酸血症」ってどんな病気???

「高尿酸血症」ってどんな病気なのでしょうか???
今回は「高尿酸血症」についてご紹介したいと思います。

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高尿酸血症

  • 高尿酸血症とは

     

    高尿酸血症は、血液1dLに尿酸値が7mgを超える状態のことで
    7mgを超えると尿酸が溶けきれずに尿酸塩という結晶を作ります!
    この尿酸塩が体の組織に沈着すると
    関節痛などの障害を引き起こします・・・
    尿酸はプリン体という物質が肝臓で分解されることで
    作られるそうですよ!

  • この産生と排泄のバランスが崩れると体内で尿酸が増加して高尿酸血症となります。
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
  • 血液中の尿酸が正常値を超えて高くなった状態が高尿酸血症です。
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア
  • 原因

  • 尿酸産生が増加する原因には、
    1.激しい運動
    2.飲みすぎ食べ過ぎ(特にビール)
    3.魚介類・内臓・干物などの高プリン体食品
    4.ストレス
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
  • 一方で尿酸排泄が低下する原因には、
    1.肥満(腎機能の低下)
    2.水分不足
    3.飲酒
    などがあります。
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
  • 原因

     

    圧倒的に多いのは原発性の高尿酸血症ですが
    そのほとんどは原因がよくわかっていないそうです・・・
    しかし、なかには、プリン体が尿酸へと代謝される過程で
    必要な代謝の酵素が遺伝的に異常に活発にはたらいたり
    別の経路ではたらく酵素が遺伝的に欠けていると
    尿酸が過剰に産生されるものなど
    原因が明らかなものも中にはあるようですよ!

  • 症状

  • 放置すると様々な障害を引き起こします。痛風になると尿酸が関節に付着することで、白血球による炎症が起き、激しい痛みや痛風結節などがみられます。尿路結石になるとわき腹や背部の激痛、吐き気、嘔吐、血尿などの症状が起きます。その他高尿酸血症は、動脈硬化や腎機能障害を引き起こす恐れがあります。
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
     

    様々な症状が出るのですね

  • 痛風結節(つうふうけっせつ)といってこぶのようにはれてきます。とくに、足の親指のつけ根の関節や、そのほかの手足の関節、耳の軟骨、腱(けん)、皮下などにも結節は現れます。 腎機能障害を起こし、これを痛風腎(つうふうじん)といいます。尿酸塩を中心とする尿路結石ができやすくなることも、特徴のひとつです。
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア
  • 予防法

  • 1日2000ml以上の尿量が出るように、水分摂取を頻繁に行い、適度な運動を行うことが大切です。
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
  • (プリン体の多い食品)○かなり多いもの
    肝臓(レバー)、腎臓、脳、肉エキス、肉汁、油漬イワシ、ヒシコ(塩漬け)、煮干(かつおぶしにも多いのでだし程度ならともかくそのものをぼりぼり食べるような人は要注意!)
    出典 :●高尿酸血症
  • ○多いもの
    こい、たら、ひらめ、ワカサギ、しゃこ、スズキ、かます、ます、貝類、ベーコン、牛肉、牛舌、とり肉スープ、カモ、豚肉、肝ソーセージ、肉スープ、はと、きじ、うずら、うさぎ肉、羊肉、七面鳥
    出典 :●高尿酸血症
  • 治療法

  • 薬物療法には、痛風発作の薬、尿酸値を下げる薬、尿をアルカリ性にして排泄を促す薬などがります。
    出典 :高尿酸血症(症状/原因/治療・食事予防など)
  • 治療は薬物療法が中心ですが、食事、嗜好品(しこうひん)などの生活習慣の改善も大切です。
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア