「ギランバレー症候群の検査」方法ってどんな方法???

ギランバレー症候群の検査ってどんな検査があるのでしょうか???

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ギランバレー症候群の検査

  • 末梢神経伝導検査、血液検査、髄液検査などを行います。また他の病気の可能性を除外するために、頭のMRIやCT検査、頸部のレントゲンやMRIなどを行います。
    出典 :難病情報センター | ギラン・バレー症候群
     

    MRI検査もするのですね・・・

  • 神経内科・・・

     

    ギランバレー症候群が疑われるときは「神経内科」を受診し、検査してもらって下さい・・・検査方法はたくさんあります・・・

  • 髄液検査・・・

  • 髄液(ずいえき)検査を行うと、発症から1週目を過ぎると蛋白量が上昇します。この場合、髄膜炎(ずいまくえん)のように髄液の細胞数が同時に増えることはなく、この蛋白と細胞の所見が解離することがこの病気の特徴です。
    出典 :ギラン・バレー症候群<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
     

    髄膜炎とは違った結果が出るのですね・・・

  • 病初期ははっきりしないことが多く10~20病日でピークとなる。
    出典 :ギラン・バレー症候群 - Wikipedia
     

    10日から20日ではっきりするのですね・・・

  • 神経伝達速度検査・・・

  • GBSの急性期に認められやすい神経伝導速度検査の異常所見としては遠位刺激のCMAP振幅の低下、伝導ブロック、遠位CMAPでの時間的分散、H波やF波の消失、遅延、A波の出現、特に絞扼部での遅延や伝導ブロック、SCSで正中神経では異常が認められるが腓腹神経では正常を示すAMNSパターンなどがよく知られている。
    出典 :ギラン・バレー症候群 - Wikipedia
     

    何だか難しいですね・・・

  • 筋電図検査・・・

  • 筋電図検査では脱神経電位が認められることがある。
    出典 :ギラン・バレー症候群 - Wikipedia
  • 血液検査・・・

  • 急性期の血清中に抗ガングリオシド抗体を認めることがある。
    出典 :ギラン・バレー症候群 - Wikipedia
  • 検査

     

    たくさんの検査があるのですね・・・様々な検査をしてギランバレー症候群の診断が出るのですね・・・

  • 細菌学的、免疫学的検査・・・

  • 便中からカンピロバクターが分離されたり、血清中の抗サイトメガロウイルス・EBウイルス・マイコプラズマ抗体が上昇したりすることがある。先行感染の症状がはっきりしない場合に特に有用な検査である。
    出典 :ギラン・バレー症候群 - Wikipedia
     

    重要な検査になるのですね・・・