誰でも気になる【寝起きの口臭対策】口臭を防いでスッキリ朝を迎えるには…

朝、起きたとき気になる【寝起きの口臭対策】は、先ずは口臭の原因は何かを知る事から始めましょう。生理的な口臭は誰しもあるものです。きつい口臭や寝起きの口の中のねばつきなどは、原因を知りお口のケアを行えば、口臭予防や虫歯の予防になるのではないでしょうか。


view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝起きの口臭の原因

  • 寝ている間は体の機能も休まっています。つまり唾液の分泌も起きている時に比べて少なくなっているということになりますね。唾液には口の中の細菌の働きを抑える働きがあります。唾液があることで嫌な匂いを流し清潔にしているのですが、寝ている間はそれが出来ません。そのために口臭が発生してしまうのです。
    出典 :寝起きの口臭の原因と対策方法
     

    唾液の分泌量が少なくなっているうえに、口をあけて(口呼吸)寝ると口の中が乾いて雑菌がますます繁殖しやすくなり、口臭の原因となるそうです。また、寝る前に歯磨きをしないで寝るのは口の中が不潔になるため細菌が繁殖し、口臭の大きな原因になるそうです。

  • 口臭が発生しやすい人

  • 寝る前に歯磨きをしていない人は特に口臭が酷くなります。食べカスを残したまま寝るということは細菌にエサをあげているのと同じことになります。細菌が活性化するだけでなく虫歯の原因にもなってしまうのです。また、アルコールは分解するために水分を使います。それにより口臭が酷くなってしまいます。
    出典 :寝起きの口臭の原因と対策方法
     

    どんなに眠くても歯磨きだけは絶対して寝ましょう!!

  • 寝起きの口臭を防ぐには…

  • 口の中の細菌数は唾液が少ないほど繁殖しやすくなります。日中は食事や会話で口を動かすので一定量の唾液が分泌されていますが、寝ている時は口を動かさないので唾液の分泌量が下がり最近が増えやすい状態にあります。ただでさえ唾液が少なくなる夜間に口の中の乾燥を進めないようにすることが大切です。
    出典 :きちんと歯を磨いているのに何故?寝起きの口臭を解消する方法 | nanapi [ナナピ]
     

    寝る前に白湯など飲んでから寝るのもいいそうですよ!!

  • 寝起きの口臭を防ぐ歯みがき

  • 口臭を防止するには、口臭の元となる口腔内の細菌をできるだけ少なくすることが大切です。 睡眠中は、唾液の分泌が著しく低下しており、歯周病菌や虫歯菌といった細菌の繁殖がとても増えています。 朝起きた時には“口の中が細菌だらけ”という状態になっています。 そのため、起きたらすぐに歯磨きをしましょう。
    出典 :歯磨きのコツ | 口臭を防止する方法 専門サイト
     

    起きてすぐの歯みがきはちょっと苦手とおっしゃる方は丁寧に口をすすぐだけでもいいそうです。

  • 子どもの寝起きの口臭の原因は

  • 子供の口臭の原因として最も多いのが、歯科的要因によるもので虫歯になります。虫歯は大人でも口臭の原因となります。その理由として、虫歯の穴の部分に食べ物のカスなどが残ってしまい、腐敗、悪臭を生産するからという事になります。虫歯になっている状態というのは、歯磨きが出来てないという可能性が高くなりますので、口腔内ケア不足という事にもなります。
    出典 :子供の口臭
  • 寝起きの口臭対策