緑茶に豊富に含まれるカテキンの驚くべき殺菌効果

お茶、とくに緑茶にはカテキンという栄養素が豊富に含まれています
このカテキンはさまざまな健康効果をもたらしてくれる素晴らしい栄養素です
その中でも目を見張るのが強力な殺菌効果なのです!

view76

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カテキンとは?

  • カテキンとは、主に緑茶に多く含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、不規則な生活習慣やストレスによって増えすぎた活性酸素を抑え、生活習慣病の予防に役立つことで知られています。
    出典 :カテキン | 成分情報 | わかさの秘密
  • ポリフェノールには、ブルーベリーやブドウなどに含まれる青紫色の天然色素であるアントシアニンや、大豆などのマメ科植物に含まれるイソフラボンなどがあります。カテキンは、植物に含まれる苦み(渋み)成分で、緑茶や紅茶、ウーロン茶などに含まれていますが、その中でも最もカテキンを多く含むのは緑茶です。
    出典 :カテキン | 成分情報 | わかさの秘密
     

    カテキンはお茶の中でも緑茶にとくに多く含まれています

  • また、カテキンには、エピカテキン・ガロカテキンガレート・エピガロカテキン・エピガロカテキンガレートの4種類があり、最も強力な効果を発揮するのがエピガロカテキンガレートです。カテキンは、強い抗酸化作用のほかにも、殺菌・抗菌作用や、体脂肪を減少させる働きを持つ成分として注目を集めています。
    出典 :カテキン | 成分情報 | わかさの秘密
  • カテキンの健康効果

     

    ◎生活習慣病を予防する効果
    ◎血糖値の上昇を抑える効果
    ◎肥満を予防する効果
    ◎感染症を予防する効果
    ◎虫歯や口臭を予防する効果

  • カテキンの抗酸化作用

  • 生物にとって欠かせない酸素。酸素は、ストレスや紫外線、激しいスポーツなどのちょっとしたきっかけで非常に反応性に富んだ活性酸素に変化します。活性酸素は、体内に細菌などが侵入することを防ぐという身体にとって重要な役割をもつ反面、身体の成分を酸化させてしまう酸素毒にもなってしまいます。
    出典 :抗酸化作用|お茶の成分と健康性|お茶百科
  • 人間には、活性酸素(酸素毒)が増え過ぎたときに消去する酵素(SOD)が働くという防御機能があります。ところが、40歳以降の壮年期になると、この働きが衰え始め、過剰に発生した活性酸素を処理する能力が低下するのです。
    出典 :抗酸化作用|お茶の成分と健康性|お茶百科
     

    加齢とともに毒素を除去する防御機能は衰えてしまうのです

  • 緑茶に豊富に含まれるカテキンは活性酸素を除去する働きがあります

     

    活性酸素を消去する物質(SOD様活性物質)は自然界に多数存在しますが、中でも「緑茶」は各種食品や健康茶の抽出成分に比べても格段に高い効果をもっています。

  • 活性酸素を消去するビタミンとして、β-カロテン・ビタミンE、ビタミンCなどが有名ですが、お茶にはこれらの抗酸化ビタミン類も多く含まれており、ほかには例をみない“最強の抗酸化飲料”なのです。
    出典 :抗酸化作用|お茶の成分と健康性|お茶百科
  • カテキンには驚くべき殺菌作用があります!

  • お茶は、腸管に感染するコレラ菌、赤痢菌、チフス菌、呼吸器に感染する百日咳菌、肺炎マイコプラズマ、食中毒を起こす腸炎ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、また水虫を起こす白癬菌に抗菌効果を示します。
    出典 :お茶の力を科学する
     

    緑茶には様々な殺菌効果が期待できます

  • ふだん飲んでいる濃さの十分の一の薄さのお茶1mlで、1万個の細菌を殺菌します。殺菌に要する時間はそれぞれの細菌で異なりますが、カテキンのうち最も殺菌力が強いのはエピガロカテキンガレートです。
    出典 :お茶の力を科学する
  • カテキンは、ある種の抗生物質と同じように、細菌の細胞膜を傷害して殺菌します。またカテキンは、ペニシリン系の抗生物質と併用すると、その抗生物質の抗菌力を高めます。
    出典 :お茶の力を科学する
  • 食後に緑茶を飲むのはとてもいい習慣だといえます

     

    緑茶には殺菌作用があるからです。虫歯は歯の表面に付着した食べ物の残りカスが口内の細菌によって分解されて酸になり、その酸が歯の表面を覆うエナメル質を侵食することによって起こるが、カテキンの殺菌作用によって口内の細菌を殺し、フッ素がエナメル質と結びついて酸の侵食を防ぐという、殺菌予防効果と酸化防止効果があるのです