膀胱癌の死亡率まとめ!気になる膀胱がんになったらどのくらい生存できるか?

膀胱癌の死亡率をまとめてみました。膀胱がんと診断された方が気になるのは、どのくらい生きられるのか?完治する割合はどのくらいなのか?ということでしょう。

view385

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱癌死亡率のまとめ

  • 日本でも膀胱癌が増えているそうで、特に男性の発症率が高いともいわれています。もし膀胱がんと診断されたらどのくらいの生存率があるのか参考にしてみて下さい。

  • 死亡者の増加は社会の高齢化によるもので、膀胱がんは近年、発生リスクを増加しておらず、また早期発見や治療法の進歩による治療の改善もあまり進んでいないことが示されています。
    出典 :膀胱がん:はじめに | 九州大学病院のがん診療 | 一般の皆さまへ | 九州大学病院 がんセンター
     

    死亡率はそれほど上がってはいないとのことです。

  • 進行が遅い筋層非浸潤性膀胱癌の場合は、膀胱癌で死亡するリスクは5%未満ですが、癌が筋肉に浸潤した場合の5年生存率はやや悪く、死亡のリスクは20~40%になるとされています。
    出典 :膀胱癌|慶應義塾大学病院 KOMPAS
     

    がんの進行具合によって異なる死亡率。

  • 膀胱がんは早期発見しやすい

  • ほかのがんよりも早期に発見しやすい

     

    症状が早期のうちに出やすいことや、悪性度の低いがんであることが多いため生存率は高いようです。

  • 膀胱の内側の表面部分にとどまり(表在性腫瘍)、かつ増殖が遅い癌の場合、診断後の5年間に膀胱癌によって死亡するリスク(5年死亡率)は5%未満です。
    出典 :膀胱癌: 腎臓と尿路の癌: メルクマニュアル 家庭版
     

    早い段階でがんが発見されれば生存率が高くなる。

  • 約80%の患者に、肉眼で血尿と分かる無症候性血尿が出る。痛くも何ともないが、血尿は出たり、消えたりを繰り返す。このような症状なら、膀胱がんのうちの乳頭状がんが疑われるが、悪性度は低いことが多い。
    出典 :【健百】8割に無痛の血尿、膀胱がんの早期発見を | あなたの健康百科
     

    血尿がでたら直ぐ病院に行けば治療ができる可能性は高い。

  • 自覚症状の無い肉眼的血尿で受診し、発見された場合が、膀胱癌全体の8割を占めるといわれています。30歳代後半からは注意が必要です。
    出典 :�N����
     

    30代以降は注意が必要ですね。

  • 膀胱がんになりやすい人

  • 喫煙習慣でリスクが高くなる

     

    男性のほうが発症数が多いのは、喫煙する人の割合の高さからかもしれません。

  • なんと1-4年の禁煙で膀胱癌の危険が30%も減少するとのデータの報告があるのです。他にも禁煙による膀胱癌の危険軽減を証明するデータは多くあるので、今からでも禁煙すれば間に合う可能性は十分にあります。
    出典 :膀胱癌の診断と治療/広島県福山市/小畠病院泌尿器科
     

    今から禁煙しても間に合うかもしれない。

  • 男性のほうが圧倒的に多い膀胱癌

     

    喫煙習慣があったり、薬剤を取り扱う男性は中年以降は注意しましょう。

  • 早期発見なら社会復帰しやすい

  • 内視鏡手術の最大の利点は膀胱を摘出しなくて済むという事です。そのため患者さんの体の負担が少なくて済み、またこれまで通りに尿を貯め排尿することが出来るので術後の生活にストレスがほとんどありません。
    出典 :膀胱癌の診断と治療/広島県福山市/小畠病院泌尿器科
     

    内視鏡手術で済むなら、社会復帰しやすいですね。

  • 内視鏡で見えないような小さな癌は切除できずに残ってしまうことです。一部でも癌を残してしまうとそこから再発・進行してしまいますが、内視鏡手術を行った場合癌が再発する可能性は30-50%もあると報告されています。
    出典 :膀胱癌の診断と治療/広島県福山市/小畠病院泌尿器科
     

    ただし、すべての癌が取り除かれなければ再発もしやすいのだとか。

  • 何よりも再発を防ぐための定期健診が重要

     

    死亡率は高くても再発率が高いため、定期健診は欠かせません。