排卵検査薬を使うタイミングを教えて!!

妊娠希望の方が、まず使われるのが排卵検査薬だと思います。これから使われる方、現在使われている方、使い方は?タイミングは?これであっているのかな?と疑問や不安も多いと思います。排卵検査薬を使うタイミングを見ていきましょう。

view355

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホルモンバランスと基礎体温と排卵の関係

  • 基礎体温表は、月経の開始から2週間くらいまでは低温期があり、ある時期を境に高温期に変わるという二相性を指します。 低温期の時は、排卵期に向かって卵胞は下垂体からのFSH(卵胞刺激ホルモン)の働きを受け、エストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌している時期となります。
    出典 :基礎体温の理想パターン - 女性の悩み解消ガイド
  • 高温期は、卵胞が成熟しきったとき排卵がおき、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌され、これが脳の体温中枢に作用している時期となります。 プロゲステロンを出し続けた黄体が約14日でしぼむと、体温は再び低温期となり、次の月経のスタートとなるのです。
    出典 :基礎体温の理想パターン - 女性の悩み解消ガイド
  • 黄体形成ホルモン LH とは?

  • 成熟した卵胞に作用して、卵巣から卵子を排出(排卵)させます。普段から少量分泌しているのですが、卵子が成熟した頃、分泌量が急激に増加し、その急上昇によって排卵がおきます。一般的に、血中および尿中のLH濃度の上昇が始まってから約36時間以内に排卵がおこる事が知られています。
    出典 :排卵日検査薬と基礎体温 - 排卵日検査薬 新ドゥーテストLH | ロート製薬株式会社
  • 排卵検査薬を使うタイミング

  • ①生理周期で考えるタイミング

  • LH(黄体形成ホルモン)を検知するのが排卵検査薬です。このLHの放出は決して穏やかなものではなく、急激に上昇し、一気にピークに達します。これをLHサージと呼びます。LHサージが発生すると排卵検査薬に陽性反応が現れます。排卵検査薬の説明書によると、LHサージが発生してからどれも2日以内に排卵が起こるといわれています。
    出典 :排卵検査薬(LH)による排卵日の特定
  • ① 男の子の産み分け 狙うは排卵日当日:男の子の産み分けをするには、「排卵検査薬が陽性→陰性になった日にTRY」することになります。 ② 女の子の産み分け 狙うは排卵日2~3日前:排卵検査薬から排卵日3日前を特定することはまずできないと思います。すこーし線が見えたかなと、半分勘でTRYするしか方法はありません(笑)。
    出典 :排卵検査薬による産み分け
  • 次の生理予定日から逆算して14±2日前頃が排卵の可能性が高いと考えられます。さらに、「LHサージ」は排卵の16時間から24時間前ですから、次の生理予定日の15±2日前頃にLHサージ(陽性反応)を示す可能性があります。ですから、検査薬を使い始めるのはさらにその2~3日前、つまり17~20日前がよいと考えられます
    出典 :排卵日検査薬の効果的な使い方|子宝ひろば
  • 基礎体温から見る排卵日の確認

  • 最低体温日の前日~最低体温日の翌々日の4日間がもっとも排卵が起こっている可能性が高いとされています。おおよその確率は次のようになります。 □最低体温日の前日5%□最低体温日22%□最低体温日の翌日40%□最低体温日の翌々日25%これでいくと、最低体温日の翌日が一番排卵の確率が高いことになります
    出典 :排卵日の予測
     

    排卵検査薬は、排卵がある時期を調べるものであって、排卵があったかどうかはわかりません。基礎体温を測ってきちんと排卵があったのかをチェックすることも必要だと思います。(基礎体温が規則的でも、必ずしも排卵しているとは限らないので、心配な場合は病院でチェックしてもらいましょう)

  • ②おりものから考えるタイミング

  • 生理開始日から8~10日頃から粘りのあるおりものが増え始めます。その後2~3日すると排卵日が近づき、膣内の水分が多くなって、サラサラのおりものがたくさん出ますので、このころに排卵日検査薬を使い始めるとよいでしょう。そして、排卵直前には糸を引くぐらいの粘度の高いおりものになり、2~3日続きます
    出典 :排卵日検査薬の効果的な使い方|子宝ひろば
     

    おりものの判断は、慣れないうちはなかなか難しいと思うので、他の方法と併用するといいと思います。慣れてきたら単独で判断材料にするといいと思います。

  • 排卵検査薬を使用する前に!