糖尿病検査を受けたことはありますか?

糖尿病の検査をうけるのは
健康管理の為にもとても良い事です!
また妊婦さんも受けてくださいね☆

view138

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 妊婦の糖尿病検査

  • 妊娠中に糖尿病を患っていると、妊娠中毒症の症状が出やすく、また巨大児になったり、多血症や奇形が産まれるなど、少なからず胎児への影響が考えられます。そのため、妊娠中は定期健診などで血糖値を調べる血糖検査を行います。
    出典 :糖尿病検査 [チビタスキーワード] All About
  • これを「糖尿病検査」といいます。妊娠に影響を与える糖尿病には、妊娠前から糖尿病の症状があった場合、妊娠を契機として発病した場合、妊娠中の一過性の耐糖能異常である場合が考えられます。早めに診断を受け、適切な食事コントロールをすることによって合併症を防ぐようにしましょう。
    出典 :糖尿病検査 [チビタスキーワード] All About
     

    合併症は沢山あるので危険ですね!

  • 検査にはこのようなものがある

  • 糖尿病の検査には、次のようなものがあるよ。1.ふだんの血糖値を測る2.朝、何も食べていないときの血糖値を測る3.ブドウ糖を飲んだ後の血糖値この3つのどれかに異常値が出たら、別の日にもう一度検査をするよ。
    出典 :糖尿病の検査って?|厚生労働省
  • 血糖値や初診時の合併症の程度、肥満しているかどうかなどを総合的にみて、治療の方法が決められるよ。まだ血糖値があまり高くなくて、合併症もない場合は、薬は使わないんだ。定期的に検査をして血糖値が高くなっていないかどうかを調べるだけ。血糖値のコントロールができるようなら、普通の生活は全く問題ないよ。
    出典 :糖尿病の検査って?|厚生労働省
  • 患者さんは増えている

  • 糖尿病というものは

     

    糖尿病は、食事によって血液中に増加したブドウ糖を
    体に取り込むインスリンの働きが悪くなり
    高血糖が続く病気です!
    その結果、血管や神経に障害が生じ
    さまざまな症状が出ます・・・
    現在、糖尿病の患者は約740万人
    その予備軍は約880万人だそうです!
    まさに日本の国民病ともいえますね☆

  • 原因としては

     

    体質に加え、食べ過ぎと運動不足が糖尿病の主な原因でしょう
    糖尿病は、インスリンの分泌が悪い体質的な原因と
    生活習慣が絡みあって起こります
    肥満や運動不足がインスリンの働きを弱めてしまうのです
    気をつけたいですね

  • 妊娠中は気をつけて

  • 妊娠中は、胎盤から出るホルモンが、ブドウ糖を分解するインスリンというホルモンの働きを妨害するので、血糖値が上がりやすい状態。そのうえ、体内を循環する血液量が増え、腎臓の働きも追いつかなくなってしまいがち。その結果、血液中の糖が尿中に出てきてしまうのです。尿糖のほとんどはこうした生理的なもの。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • 1回+になったくらいで心配することはありません。でも、その後も+が続いたり、ブドウ糖負荷試験でも高い数値が出た場合は注意が必要です。血糖値の高い状態が続くと、赤ちゃんが4〓を超える巨大児になり、難産になったり、産後ママの血糖値が下がらず、本物の糖尿病になる可能性が出てくるからです。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • Q&A

  • Q.妊娠初期に血糖検査をする目的は何ですか? A 妊娠糖尿病(GDM)を早期発見するためです。また、ときには糖尿病になっているのを知らないまま妊娠する場合があります。このような糖尿病合併妊娠を早期発見することが目的です。
    出典 :妊娠中の血糖検査|プレママタウン
  • Q.妊娠糖尿病は赤ちゃんに悪い影響を与えますか? A お母さんの血糖と赤ちゃんの血糖はほぼ同じですので、お母さんが高血糖となれば赤ちゃんも高血糖となり多くのトラブルを赤ちゃんに引き起こします。妊娠のごく初期(妊娠3~6週ぐらい)に高血糖になっていると、おなかの赤ちゃんに奇形を起こす心配があります。
    出典 :妊娠中の血糖検査|プレママタウン