この季節に気になる…赤ちゃんのおむつかぶれを防ぐには!!

おむつかぶれは、おむつにおおわれた皮膚に起きた炎症で、医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化するとただれて血がにじむ赤ちゃんもいます。

  • pocca 更新日:2014/07/27

view76

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 可愛いお尻を守るためには?・・・ベビーパウダーを活用してみよう!!

  • おむつかぶれになりやすい以下のような状況

     

    1.ゆるゆるの便が回数多く出ている時期
    2.下痢のとき
    3.外出時や夜間など、長時間おむつを替えられないとき

  • ベビーパウダーを使うと・・・。

     

    肌をサラサラ・スベスベに保つことがあせも・おむつかぶれ予防の近道。

  • ベビーパウダーの役割は?

  • ~ベビーパウダーには大きく2つの役割~

  • ①、肌から汗や余分な水分をどんどん蒸発させ、乾燥させる働き。これはパウダーをつけると、その粒子によって表面積が増え、毛細管現象で、粒子の間に水分や汗の吸収や蒸散が促される

  • ②、皮膚がこすれる部分の摩擦を防ぐ働き。ベビーパウダーをつけると滑りやすくなるため、肌着やおむつのゴムの当たる部分がこすれたり、股ズレになったりするのを防ぐ

  • ベビーパウダーの使い方

     

    ①きれいに汚れを落とした清潔な肌につけましょう。

    ②肌に白さが残らないぐらいにつけるのが適量

    ③パウダーを塗布するママの手やパフは清潔に

    ④パフでパタパタはたくのではなく、軽く押さえるようにしてつける

    ⑤全身用とおしり専用と、パフを使い分ければ、衛生的

  • おすすめのベビーパウダーは?

  • シッカロールキュア

     

    薬用であせも&おむつかぶれ予防

    敏感肌用のパフ付き

    モモの葉エキスでうるおいもキープ

  • おふろ上がりにベビーパウダーをつけるだけで、さっぱり感はぐんとアップ。赤ちゃんのあせも・おむつかぶれ対策だけでなく、家族みんなで使って、サラサラ・スベスベのお肌に
    (●^o^●)

  • ベビーパウダー - YouTube

     

    ベビーパウダーで赤ちゃんとコミュニケーション(●^o^●)

  • ベビーパウダーを使うときは?

  • ベビーパウダーは、濡れている肌に乗せると毛穴に粉が詰まりやすくなります。ベビーパウダーを使用する時は、その前に肌をしっかり乾燥させてください。

  • 固形タイプのベビーパウダー

     

    固形タイプのメリット

    固形タイプのベビーパウダーの良いところは、粉が飛び散りにくいので吸引の心配もなく、周囲が汚れる心配も少ない