乾燥するこの季節…!ハンドケアはもう大丈夫?!

寒くなるにつれてどんどん酷くなる手荒れ…。
正しいハンドケア方法を実践して、
乾燥する季節でも綺麗な手を保ちましょう。

view70

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『寒さ』は手荒れの原因

  • 冬が近づくにつれて手が荒れるのは
    気温が下がって、空気が乾燥することで
    手の水分が蒸発しやすくなるため。

    手指が冷えて血液循環や新陳代謝が鈍くなり、
    角層が硬くなるのも手荒れの原因。

  • バリアが壊される

  • 手を覆う潤いバリアを、
    冬になるとお湯を使う、
    風邪予防などで手洗いや
    消毒の機会が増えるなど、
    その行為の繰り返しで、
    潤いバリアが再生しかかると壊れるという…。

    このバリアが壊れて無くなることで
    角層の表面はカサカサになって
    さらに乾燥しやすくなります。

    角層は硬く、ひび割れが起きやすくなり、
    またダイレクトに刺激を受けることで
    傷ついた角層から刺激物が内部へ入り
    湿疹などができることも…

  • 手の『シワ』も増える

  • 乾燥する冬の時期に限らず、
    女性、主婦なら、水仕事が多いですし、
    気がつくと手が乾燥しっぱなしで、
    一年中、手のしわが目立つように…なんてことも。

  • 正しいハンドケア方法

  • ・手はなるべくぬるま湯で洗う。
    温かいお湯で手をあらっていると
    皮脂が流されてしまい、
    逆に冷たい水で洗うと血行が悪くなり
    手荒れを引き起こしてしまうので、
    なるべくぬるま湯で洗うようにしましょう。

    ・薬用せっけんはなるべく避ける
    風邪の予防に薬用せっけんは効果的ですが、
    日常的に使用するには
    殺菌成分による刺激が強すぎるため、
    手荒れの原因となってしまいます。
    ちなみに手のタレントは、
    顔用のせっけんを使い、
    手を洗っているそうです。

    ・洗い物をするときは必ずゴム手袋を!
    洗い物をする際に用いる洗剤は、
    刺激が強いため、
    手荒れの原因となってしまいます。
    ゴム手袋をはめて洗い物をすれば、
    水にも手をさらさずにいれるので、
    一石二鳥です。

    ・ハンドクリームは手で温めてから塗る
    ハンドクリームを塗る際は、
    さっとそのまま伸ばして使いがちですが、
    手の甲でいったん温めてから塗ることにより、
    より浸透しやすくなります。

  • ハンドクリームの塗り方

  • 1.ハンドクリームを手の甲にたっぷり出したら、
    そのまま両手の甲を合わせるようにして
    まんべんなく伸ばします。

    2.手の甲全体に行き渡ったら、
    残った分を手のひらや爪まわりに伸ばします。

    3.指を1本ずつゆっくりと引っ張ります。
    さらに、指と指の間や手のひらにあるツボを
    押しながらマッサージすると、
    血流促進に効果的です。