健康的な髪の毛のためのケア

「わかめを食べると髪の毛がキレイになる」と昔からいいますが、健康的な髪の毛のためには表面的なケアだけでなく、髪の栄養となる食事が重要です。

view175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ・レンズ豆

    髪に欠かせないたんぱく質が豊富なほか、鉄、亜鉛、ビオチン(ビタミンB7)といった栄養素も含まれている。ビオチンには髪を強くしたり、抜け毛を防ぐ効果があるそう。

    ・クルミ

    レンズ豆に同じくビオチンと、必須脂肪酸が豊富。

    ・サツマイモ

    サツマイモにはビタミンAが豊富に含まれおり、健康的な髪に欠かせない頭皮の油分を生成する働きがある。

    ・ホウレンソウ

    葉酸、βカロチン、ビタミンCが豊富で、頭皮の油分を生成するほか、毛包(毛穴の奥で毛を支え、生成している組織)に必要な栄養源となる。

    ・サーモン

    必須脂肪酸であるオメガ3が豊富。オメガ3は髪に欠かせない栄養素で、油分と水分を保つ働きがある。もちろん、髪の生成に欠かせないたんぱく質も豊富。

    なお、健康的な髪を取り戻すには数ヶ月かかるということも心しておいてほしい。

    おやつに食べれそうなものも入っていて手軽に出来そうですね。

  • 簡単に分かる頭皮状態チェック

  • 髪について気になさる方は多いと思いますが頭皮の状態についてはどうでしょう?皆さん割と無関心ではないでしょうか。
    髪が健康に伸びるには、頭皮の下で毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返している必要があり、頭皮の状態を抜きにして髪の健康は語れません。
    今回は頭皮の状態をご自身でチェックしてみてどのような状態にあるのかを確かめてみましょう。

  • 鏡を用意し、明るい場所で、自分の頭皮の色を見てみましょう(見えにくい場合は鏡を2つご用意してください)。
    健康な頭皮とは「青白く透明感がある」状態です。
    この状態は、毛根部が活発で毛髪の生成がスムーズに行われている証拠です。
    もし頭皮に赤みがある場合は、何か原因があるのかもしれません。
    赤みがあったり黒ずみがある場合、毛根部の活力が低下して血流が滞っている恐れがあるので注意しましょう。

    髪だけでなく頭皮は見えない分、注意してチェックが必要ですね。

  • 頭皮トラブルと生活習慣の関係

  • 頭皮のトラブルと生活習慣は密接な関係があります。注意してほしいポイントを説明しましょう。

  • 脂っこい食事を減らす
    脂っこい食事を続けてとると皮脂の分泌量が増え、真菌の増殖になります。


    ビタミンB群とCを多くとる
    皮膚の代謝を改善し、ダメージの回復を早める働きをします。


    洗髪に気をつける

    刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使い、爪を立てないで、指の腹で頭皮をそっと撫でるように洗います。
    シャンプーの洗い残しがないように、よく洗い流します。



    紫外線をさける

    紫外線は、皮膚のダメージを促進します。
    紫外線の強い季節は、帽子や傘で日よけが効果的です。



    睡眠をしっかりとる
    睡眠不足や夜更かしはやめましょう。

    肌同様頭皮も健康でありたいです。

  • 澄んだ美しい瞳になるケア

  • 女子の憧れは大きくキラキラした瞳。
    アイカラーやまつエク、カラーコンタクトなど瞳を大きく見せるアイテムはたくさんありますが、使いすぎると本来の表情までわかりにくくなってしまいます。
    目は口ほどにモノを言います。天然のキラキラした瞳にかなうものはありません。澄んだ美しい瞳になるケア方法をご紹介します。

  • 空気の乾燥、パソコンやスマートフォン、花粉症…どのような環境でも、フル稼働して働いてくれている瞳。乾燥や充血を防ぎ、潤いある綺麗な瞳を育てる食事と、生き生きと輝く瞳のための睡眠で、美しい瞳を育みましょう。

    目の乾燥を防ぎ、潤う瞳にする際に摂りたい栄養素と言えば「ビタミンA(βカロテン)」。レバーや卵黄、うなぎに豊富に含まれていますが、より身近な食材で言えば緑黄色野菜です。

    ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収率が高まります。緑黄色野菜は色の濃い野菜に多いため、色の濃い野菜を食べるときは、油と一緒に摂りましょう。

    キラキラ瞳で女子力アップ!

  • 魅力的な瞳、日本伝統の食べ物を食べることで叶う

  • お肌と並んで第一印象を決めるのが「瞳」! 充血のないクリアな白目と、キラキラうるうると輝く黒目は、女子なら誰でも憧れちゃいますよね。そんな魅力的な瞳、実は日本伝統の食べ物を食べることで叶うのです。それは、「お味噌汁」です!

  • 出汁にお味噌を溶いただけでも、充分潤い効果のあるお味噌汁なのですが、『ほうれん草』と『油揚げ』をプラスすることで、瞳美人効果がUPするのです!

    ほうれん草に含まれる天然色素『ルテイン』は、「天然のサングラス」とも呼ばれ、目の中の黄斑部や水晶体に存在しています。赤ちゃんの瞳がキラキラと輝くのは、瞳が透明だから。紫外線やブルーライトの刺激で瞳のタンパク質がダメージを受けると白く濁ってきてしまいます。

    ルテインは、PCやスマホから発生するブルーライトや紫外線を吸収して瞳をダメージから守ってくれるのです。また、ルテインは、脂溶性のため油と一緒に摂ることで吸収が高まりますから、油揚げをお味噌汁にプラスすると良いですね!

  • いつまでも若々しい口元で

  • 目には判りにくいものの、実は老化が進行しているのが口。唇や、口内、歯などは、案外人の目につくものです。いつまでも若々しい口元でいることは重要ですよね。

    また、見た目だけでなく、体の最初の消化器官である口は、毎日の食事をしっかり消化するための必須なものです。美味しく食事をし、しっかり栄養を摂るためにもお口の老化を防ぎましょう。

  • まずは次の10項目でひとつでも当てはまれば、お口の老化が始まっている可能性があります。歯科医師に相談して、プロの口腔ケアを受けましょう。

    【口の老化セルフチェック】
    □ 口の中が乾く
    □ 食べ物を飲み込みづらい
    □ 緊張やストレスが多い
    □ 歯ぐきから血が出る
    □ 歯ぐきが赤く柔らかい
    □ 歯がネバネバする
    □ 歯の間に食べ物が詰まりやすい
    □ 舌が白っぽい
    □ 口臭が気になる
    □ 口内炎ができやすい

    見えずらい部分なので早めのケアが必要ですね。

  • 唇とは内臓の一部ということを知っていましたか?

  • 唇とは皮膚ではなく、じつは内臓の一部ということを知っていましたか?唇が赤い色をしているのも、唇が粘膜であり、血管が透けて見えているからなのです。つまり、むき出しの粘膜ということ。とてもデリケートな部分なんですね。

  • ■うるうるリップをキープするために、してはいけないことをチェック!

    唇が荒れる原因となるのが

    「強い紫外線」

    「偏った食生活」

    「酸っぱい食べ物など、刺激が強い食品」

    「ひっかいたりこすったりという唇への刺激」

    「クレンジング不足」

    といった要因です。 それ以外にも、さまざまな原因が考えられます。

    唇の皮ははがしたくなりますが、我慢!

  • 首、手のアンチエイジング

  • 「顔は若いんだけど首や手が年を取っている・・・」
    年齢を印象付けるのは顔だけではありません。特にこれからの季節、
    肌の露出が多くなり「首」や「手」などのパーツも見られる機会が多くなってきます。
    そんな時、「顔は若いんだけど首や手が年を取っている・・・」なんてことがないように
    総合的なアンチエイジングケアが必要です。これからは、首、手のアンチエイジングも始めましょう

  • もちろん手にはハンドクリーム。親指の内側や爪の周りまでしっかり塗りましょう。
    首にもネッククリームというものがあります。毎日マッサージするとだいぶ違うと思いますよ。


    それから、首や手も紫外線対策をしましょうね。UVクリームや乳液を塗ったり、たとえば手だったら紫外線を防ぐ手袋をはめたり。紫外線対策にはめているひとも増えましたね。


    しみやシワを防ぐのに、ちょっとした努力で何もしないのとは大きな違いが生じるのです。

    何気に見られている部分だから丁寧にケアしましょう!

  • エナメル質は磨り減ると二度と元に戻らない

  • エナメル質がすり減った状態は「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれています。歯が薄くもろくなったり、透けたり、黄ばんで見えたりします。これは、歯の表面のエナメル質がすり減ってしまったことが原因です。エナメル質はすり減ると、二度と元には戻りません。一見、健康な歯に見えても、歯科医が歯の裏側から特殊なライトで照らすと、歯が薄く透けて見えることがあります。

  • エナメル質を守る4か条

    * ダラダラ食べない!チビチビ飲まない!
     食べ物、飲み物を口にするたび、口内は酸化。口の中はできるだけ中和された状態に保つ。
    * 飲食後は、水やお茶で口の中をすすぐ
     アルカリ性食品でも、食後の口内は酸性に傾く。水やお茶ですぐに中和する習慣を!
    * かむ回数を増やして、唾液の分泌促進
     唾液は最良の中和剤。砂糖不使用のガムなどを“かむ”ことで唾液分泌を促進させよう。
    * 口の中は、やさしく「クリーニング」
     フッ素入り歯磨き剤などでエナメル質を強化しながら、やさしくデンタルケアしよう。

    口元美人をめざしましょう!

  • 歯の表面をきれいにする「清掃性食品」

  • 清掃性食品とは、唾液の分泌を促す酸味のある食品や、咀嚼することで歯の表面をきれいにする食物繊維の多い食品(ごぼう、レタス、セロリなど)のことを言います。

  • ≪おすすめレシピ≫


    ●いわしのさつま揚げ

    ≪材料(2人分)≫


    いわし(三枚おろし) 120g
    ・長ネギ 10g
    ・人参 10g
    ・ごぼう 10g
    ・揚げ油 適宜
    ・ピーマン 20g


    【A】
    ・しょうが汁 1.0g
    ・しょうゆ 8g
    ・砂糖 0.4g
    ・鶏卵 10g
    ・片栗粉 4g



    ≪作り方≫


    ① いわしは包丁で細かく切り、さらにたたく。


    ② すり鉢に①を入れて、すり、Aの調味料を加えてすり混ぜる。


    ③ 長ネギ、人参、ごぼうは3cmの長さのせん切りにし、ごぼうは水に入れてアクを取り、水気をきる。


    ④ ②に③の野菜を入れて混ぜる。


    ⑤ つけ合わせのピーマンは種を取り、乱切りにする。


    ⑥ 揚げ油を160℃に熱し、⑤の水気をふいて入れ、素揚げにする。次に④をスプーン2本で形を作って、揚げ油に静かに落とし入れ、2~3分、火が通るまで揚げる。


    ⑦ ⑥を盛り合わせる。

    体も温まるレシピで冷え性にもよさそうですね。

  • 「目のクマ」3つのタイプ

  • 目元は顔の中で最も年齢を感じさせやすい部分のひとつ。忙しい働く女性は、目の下にクマができがちで、気にしている人も多いのではないでしょうか。

     「目のクマ」はできる原因などにより「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の主に3つのタイプに分けられます。

  • あなたの目のクマはどれ?簡単に目の下のクマをチェック!


    あなたのクマのタイプを診断します。簡単にできますので鏡の用意して試してください。

    引っ張ると少し薄くはなるけど、目のクマは完全には消えていない⇒青クマ
    上を向くと目の下のクマが薄くなる⇒黒クマ
    両方やっても変化がない⇒茶クマ

    クマはなかなか消えなくて困りますね。

  • 「目の下のクマ」が出来る理由

  • 目のクマが出来る理由って寝不足だけだと思っていませんか?じつはクマが出来る原因にも様々なものが存在します。

  • 青クマ

    目元は毛細血管が多く、皮膚が非常に薄く、血流が滞ると、うっ血が透けて青っぽく見えます。
    これが青クマの正体。
    生理中は基礎体温が低くなり、血行が悪くなりがちなため、クマが目立ちやすくなります。
    【 原因 】
    睡眠不足・疲れ・ストレス・コリなどによる血行不良・眼精疲労・ドライアイ


    茶クマ

    茶色っぽいクマは、色素沈着によるもの。
    顔を洗う時やクレンジングで落とす時、強くこすってしまったり、目が痒い時に目の下をゴシゴシしてしまうと、その刺激が慢性的な炎症性の色素沈着を引き起こしやすくなります。
    【 その他の原因 】
    肌荒れ・紫外線
    【 特徴 】
    アトピーの方や肌荒れの方がなりやすい。

    クマの悩みのなかでも、いちばん多いのは、黒クマです。むくみやたるみ、加齢による目元がやせ細り影が出来る事が原因になります。そこに陰ができるため、クマに見えるのです。陰が黒いので、「黒クマ」と呼ばれていてます。むくみがあると、更に落ちくぼんだ様に見える為に、目立つようになります。

    クマの種類で原因は様々ですね。

  • 「目の下のクマ」それぞれにあった対処方法

  • この「目の下にクマ」ができる原因っていくつかあり、それぞれにあった対策方法を取らないとこのクマが消えにくいって知っていましたか?

  • 青クマの消し方
    一番てっとり早くその日のクマを改善する方法が、ホットタオルを目の上にのせることです。ホットタオルは、電子レンジで簡単に作ることができます。タオルを適度な大きさに折ってから水をくぐらせて硬めに絞り、電子レンジで1分~1分30秒温めるだけで完成です。

    茶クマの消し方
    茶クマを消すためには、目の下に蓄積されたメラニンを除去することが先決です。お肌のお手入れをこまめに行い、特に美白ケアは念入りに行うようにしましょう。美白ケアを続けることで、目の下のクマは徐々にキレイになっていきます。

    黒クマの消し方
    このたるみ・むくみによる黒グマを解消するためには、レチノール、ビタミンC誘導体、ピーリング剤などといったコラーゲンを促進する成分が入った化粧品が必須になります。
    レチノール、ビタミンC誘導体、ピーリング剤といった有効成分は、しわにも効果的と言われているので目のクマを消すとともにしわも解消できますよ。

    誤った対処法をしないようにしましょう!

  • 目の下のクマの解消にいい食べ物

  • 目の下のクマの解消にいい食べ物とは?
    目の下がくろずんでいると疲労感がにじみでて老けたイメージに。
    疲れ目に栄養補給をして、目のまわりのうっ血を除く
    ビタミン A、B、Cを含んだ食物をたっぷり摂ります。

  • 血液の循環を良くするには、菜の花やブロッコリー、クレソンなどのアブラナ科の緑色の濃い野菜がおすすめです。また、カロチノイドを含む赤い野菜、トマトや人参などは血管の老化を防いでくれます。血液をサラサラに流すためにおすすめなのは、豆腐や納豆です。また、サバやイワシなどの青魚にもDHA、EPAという血液サラサラ成分が含まれています。
    目の下にくまができている時は、疲れていることが多いもの。そんな時には甘いものが欲しくなります。しかし、糖分を摂りすぎるとお肌がくすんで目くまが濃く見えてしまうことがあるので要注意です。糖を燃焼させるビタミンB群を補給しましょう。

    ■鉄分不足にも注意!
    目くまの隠れた原因のひとつに貧血があります。鉄分が不足している人は顔色が悪く、目の下のくまも目立ってしまいます。レバー、ほうれん草、ひじきなど鉄分のある食物をとりましょう。食事で十分な鉄分を取れない場合はサプリメントを利用してみましょう。

    体の中から綺麗にすっきり目元を目指しましょう!

  • 飲んでクマに効く「カシスジュース」

  • 朝起きたら、目の下がクマで真っ黒!なんて日は、朝からテンションが下がってしまいますよね。時間はないけれど、このクマなんとかしたい!という日には、飲んでクマに効く「カシスジュース」がオススメです。

  • カシスに含まれるポリフェノール「アントシアニン」には、血液の循環を良くする働きがあります。これは、ブルーベリーに含まれるアントシアニンにはない、カシスアントシアニン特有の効果です。日本カシス協会の研究によれば、130mg含んだドリンクを飲んだ15分後には目の下の血流量が改善され、クマの自覚症状も改善されたそうです。たった15分で効果が出るなんて嬉しいですよね!

    また、目の下だけでなく身体全体の血液循環を良くする働きがありますので、冷え取りにも効果的。これからの季節、ますます嬉しいジュースですね。

    15分で改善!飲むしかないですね!