「大動脈瘤」・・・とても怖い病気です!

大動脈瘤は破裂してしまったら死に至る病気なのです!
今回は大動脈瘤についてご紹介したいと思います。

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大動脈瘤

  • 大動脈瘤とは

     

    一体どのような病気なのでしょうか
    しっかりみて、病気の事を
    しっていきましょう

  • 大動脈瘤は胸部大動脈から腹部大動脈の間の大動脈で、壁が一部弱くなって膨れることをいいます。大動脈瘤は一度膨らむと、破裂して急死する危険性がありますので怖い病気です。
    出典 :大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)
  • 大動脈瘤は、胸部大動脈あるいは腹部大動脈の径が拡大し、こぶ状になってきたものです。
    出典 :大動脈瘤 - goo ヘルスケア
     

    周りから見ていても分かるほどこぶ状になった人もおられます

  • 原因

  • 原因には外傷、感染、梅毒、先天性などありますが、特に多いのが動脈硬化によるものです。大動脈瘤でも腹部大動脈瘤が最も多く高齢者の男性に起こりやすいです。
    出典 :大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)
     

    とても怖いですね

  • 原因は不明です。ただし、大動脈瘤は高血圧の人や家族に大動脈瘤の人がいるとできやすいといわれ、家族的、遺伝的傾向が認められています。
    出典 :大動脈瘤 - goo ヘルスケア
     

    遺伝するのですね

  • 症状

  • 大動脈瘤がまだ小さいときは無症状ですが、大きくなっていくと周囲の組織を圧迫していきます。その結果、咳、むくみ、胸板、背中の痛み、腹痛などがみられます。大動脈瘤が非常に大きくなって破裂すると急死する危険性があります。
    出典 :大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)
     

    この急死がかなり怖い所なのです!

  • 大動脈瘤の多くは無症状です。症状がある場合には、腹部大動脈瘤では腹部膨満感(お腹が張った感じ)、胸部大動脈瘤では嗄声(声がかれる)などが症状として出ることもあります。
    出典 :大動脈瘤トップページ
  • 治療法

  • 大動脈瘤の予後は非常に悪く、大動脈瘤は5年以内に破裂して出血死するといわれています。そのため、大動脈瘤の治療は手術で大動脈瘤を取り除いて人工血管を移植する必要があり、薬物療法などはありません。
    出典 :大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)
     

    薬物療法等がないので、治療は手術なのですね!

  • 大動脈瘤の大きさと形によって経過観察で良いか、手術的治療が必要かの判断を致します。手術的治療と言っても近年ではステントグラフトと言って、胸やお腹を大きく開けなくても、カテーテルを使った方法で大動脈瘤の治療を行うことも可能となっています。
    出典 :大動脈瘤トップページ
     

    大きな傷をつけてしまうより
    少しでも傷が少なく完治が早い方法を選べるとよいですね

  • 大動脈の拡大が軽度であれば手術は行わず、血圧を調べて高血圧があれば血圧を上げないように薬による治療を行います。しかし、動脈瘤を治す薬はありません。
    大動脈瘤が大きくなれば手術が必要になります。
    出典 :大動脈瘤 - goo ヘルスケア
     

    大きくなるとすぐに入院と言われる事がほとんどなので
    大きくなる前に気づいていきたいですね

  • 破裂後の死亡例

  • 死亡例

     

    死亡例があったようです

    画像は参考にしてくださいね

  • 大動脈瘤は近年増加して来ている疾患です。一番恐ろしいのは大動脈瘤の破裂による大量出血で、これによって年間に多くの人たちが命をおとされています。ですから、大動脈瘤で一番大切なことは、破裂する前に発見して治療することです。
    出典 :大動脈瘤トップページ