妊娠後期の血糖値と妊娠糖性尿病について

妊娠後期の血糖値には注意が必要です。あまりに絵血糖値が高いと妊娠性糖尿病になってしまい、胎児にさまざまな合併症の危険が伴うからです。
食事と運動をバランスよく行う事で予防は可能なので、まずは妊娠時の血糖値の正しい知識を身に付けましょう

view591

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期の血糖値は注意が必要です

  • なぜかというと、妊娠中には中期以降に卵巣や胎盤から血糖値を上げるHPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)・プロゲステロン・コルチゾールなどのインスリン拮抗ホルモンが作られるためにインシュリンを十分分泌できない妊婦は血糖値が上がってしまいます。
    出典 :血糖値と妊娠中 | 血糖値を下げる Q&A
  • このように妊娠中に高血糖を起こしたり、検査結果で血糖値が高いと診断された場合、”妊婦糖尿病”といい早産や妊娠高血圧症候群、尿路感染症や羊水過多症のリスクがあります。
    出典 :血糖値と妊娠中 | 血糖値を下げる Q&A
     

    妊婦さんの高血糖は様々なリスクがあるようです

  • 糖尿病では血糖コントロールが不良の場合に、神経障害・網膜症・腎症などの合併症がおきますが、妊娠中の高血糖は母体のみでなく、胎児や新生児にも影響を及ぼします
    出典 :妊娠前・妊娠中の血糖測定
     

    妊婦の血糖値が正常でないと胎児にも影響を与えます

  • また妊婦糖尿病は妊婦だけでなく、胎児にも巨大児や先天奇形、呼吸促迫症候群、新生児低血糖症などの新生児合併症がでることがあります。 ですので妊娠中には通常の生活以上に、血糖値に気をつけなければいけません。
    出典 :血糖値と妊娠中 | 血糖値を下げる Q&A
     

    妊婦さんの高血糖は胎児にまで大きな悪影響を与える可能性があるのです

  • 妊婦が高血糖の場合は様々な合併症の危険性があります

     

    一般に妊娠に気づくのは受胎後3週(=妊娠4週)以後であり、この時期にはすでに中枢神経系や心臓の形成が始まっています。すなわち妊娠に気づいた時点で血糖コントロールを良くしても、児の先天奇形を防ぐには遅すぎることが多いのです。

  • 妊娠性糖尿病

  • 妊娠性糖尿病は、妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。その値が高かったり、2~3回続けて健診時に糖が出た場合は「ブドウ糖負荷試験」を行います。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • これは口からブドウ糖を飲み、2時間後の血液中のブドウ糖の値を測るもの。さらに食後の血糖値を測る「随時血糖値」を測ることも。血糖値の高い状態が続くと巨大児が生まれたり、産後、ママが本物の糖尿病になるおそれがあるのです。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • 妊娠糖尿病は胎児にもリスクがあるのです!

  • 治療は体を動かすのがいちばん。食事は甘い物を控えめにバランスのいい和食で

  • 妊娠性糖尿病のいちばんの原因は糖分のとりすぎです。間食のお菓子だけでなく、果物も食べすぎていないかチェックしてみましょう。どうしても甘い物が食べたいときは、まずごはんをきちんと食べ、そのあとデザートとして果物を少しとるといいでしょう。食事は栄養バランスのいい和食がベスト。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    お菓子よりはフルーツのほうが良いようです

  • また、運動を生活の中にじょうずに取り入れることもたいせつです。体を動かすと筋肉の細胞がブドウ糖をどんどん使ってくれるので、あっというまに血糖値が下がります。数日でやめるのではなく、習慣にして、妊娠期間中ずっと続けましょう。油断すると、すぐにまた血糖値が上がってくるので心して。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    適度な運動を継続できるように心がければ血糖値は下がります

  • 血糖値を上げすぎないためにも適度な運動を心がけましょう!

  • 予防・かたよった食事を避け、適度に体を動かしていれば、まず大丈夫

  • もともと血糖値の高い糖尿病予備軍の人でないかぎり、尿糖が見られるようになるのは通常、妊娠後期に入ってからです。23~28週にブドウ糖負荷試験をもうけている産院が多いのはこのため。つわりがおさまるこの時期は、食欲が爆発しやすいとき。甘い物が無性にほしくなることもあるでしょう。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • そんなときは、外で体を動かし、気分転換してみて。食事は、ファストフードや加工食品を避け、栄養バランスのいい和食を中心に。甘い物を禁止する必要はありませんが、間食はやめたほうがいいでしょう。デザートとして食後に楽しめばいいのです。必要以上に禁止をつくるとストレスが強くなってしまうのでほどほどに。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー