知っていた!?「蒙古斑は大人」になっても残っている?

子供の頃ある・・・蒙古斑は大人になっても残っている場合があるそうです。その原因はなんでしょうか。また、きになる治療方法についてもしっかりとしらべてみました。気になる人は要チェック!実は意外なものが原因とされていた!?

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蒙古斑が気になる!?

  • 蒙古斑(もうこはん)っていうらしいんですけど、私は赤ちゃんの頃からずっとお尻の右側に青い丸いあざがありました。お母さんやお姉ちゃん達からは「青尻」って昔からからかわれていたくらいですし、そのうち消えるからって言われてあまり気にせずにいたのですが、20歳を過ぎた大人になってもずっと蒙古斑が消えずに残っていました・・・
    出典 :蒙古斑が大人になっても消えない原因と、治療法。
     

    このように消えなくて困っている人も少なからずですがいるようです。大抵の蒙古斑は物心ついたときには消えるものだとされています。しかし、稀ですがその蒙古斑が大人になっても消えずに残っている場合があるそうです。これが気になるものなのです。ちょっとした事で目に入ってしまうとあー・・・ってなりませんか?

  • 蒙古斑は

     

    なんとなくあった事はしっています。もちろん家族から聞いて知っている場合もあるかもしれません。しかし、ほとんどの人が消えているのにもかかわらず、全然消えない人もいるのです。女性の場合だと位置が悪ければ水着や下着姿になったときに不意に見えてしまって・・・とコンプレックスになる場合も・・・

  • 蒙古斑は大人にも現れる!?

  • 中には普通の蒙古斑ではない蒙古斑が存在します。蒙古斑が手や足に!?異所性蒙古斑とは異所性蒙古斑っていう蒙古斑があるんです。通常はお尻や背中に現れる蒙古斑ですが、それが、手や足、顔などにある青あざを「異所性蒙古斑」といいます。
    出典 :大人になっても消えない。持続性蒙古斑とは。 | けんぼーライフログ
     

    この蒙古斑の特徴として消えるのが遅いというものがあるそうです。これはちょっと困りましたね。小さい頃に手に出来ているものを見つけると誰もがびっくりすると思います!なんだこのあざは!?って。しかし、これでもふつう成人前くらいには無くなっているということなので、まだまだ続きがあるようです。

  • こちらが

     

    手に出来てしまった蒙古斑だそうです。なんだか少し見るだけだと虐待に見えてしまうようで親からしても気が気でないかもしれませんね。しかし、このような蒙古斑でも年齢を重ねるうちに消えていくそうですよ。

  • 原因が非常に気になるところですが、蒙古斑ができる仕組みや原因については、実はまだよく分かっていない…というのが現状のようです。しかし、蒙古斑は皮膚色素の元になる〝メラノサイト〟と呼ばれる細胞が深くかかわっていると考えられています。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識
     

    黒アザと同じようにメラニン色素だそうです。これは知らなかったですよね。消えない人は40代くらいになっても消えないそうなので、コンプレックスにしている人は多そうですよね。これという原因がわかれば対処も出てくるのですが、シミ消しのようなものをいくら行っても色はもっと下から来ているそうで効果がないという結果も出ているそうですよ。

  • 蒙古斑は、東洋人の一部にある遺伝的に現れる現象です。 人によって20代後半まで、残ることがあります。その後、次第に薄れてゆき、本人も忘れて、気が付いた時には無くなっていた!と言うことが、よくあります。これは、民族的な特徴、一重瞼や二重瞼、と同じく、瞼も蒙古ヒダがあります。
    出典 :蒙古斑が大人になっても消えない原因って何ですか? - 蒙古斑は、東洋人の一部にあ... - Yahoo!知恵袋
     

    このような見解をしている人もいるそうです。色は消えるとされているそうですが確定したものはなさそうですね。しかし、大人になっても蒙古斑が残るというのはいかんせんなんともいいがたいものがあるといっても良いかもしれませんね。

  • 消したい!治療法はないの?

  • 患部の皮膚を切除し、皮膚を縫い縮める(縫縮)外科手術。患部の皮膚を切り取った後、縫合するため、患部周囲の皮膚に縮めるだけの余裕がなければ行えない(他の部位から皮膚を移植する植皮という方法もあるが…)こと、切除しても周囲に再発してしまうおそれがあるなどのデメリットが挙げられる。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識
     

    こちらは切除手術ですね。まさか想像もしてなかった蒙古斑の再発というのも悲しい事ではないでしょうか。しかも、こちらの施術だと広範囲の蒙古斑の場合だと行う事が出来ないので中々おもうようにはいきません・・・

  • レーザーでの施術もある

     

    特定の色素用につくられたレーザーを利用する事によって蒙古斑を消す方法なのですが、問題点としては何回も通う必要があるという事です。しかし、体の負担を考えると身体的負担も少なく安全性が確率されているのでかなり主流になってきているようです。

  • 液体窒素やドライアイスなどを使った治療法。超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、患部を急激に冷やす(超低温やけど)ことで皮膚表面の異常組織を壊死(メラニン色素を破壊)させる。ただし、効果が不十分であること、傷跡を残しやすく痛みが強いなどのデメリットがある。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識
     

    冷凍凝固療法もあるのですが、痛みが強いのでお子様で行う場合だと耐えかねるかもしれません。このように3種類くらい方法があるのですが、どれもデメリットは存在します。自分にあった施術を選ぶのをお勧めしたいと思います。

  • いかがでしたでしょうか。蒙古斑は大人になっても残り続ける場合があるのです。この場合はかなり大変ですが、本当に気になる場合のみ手術をうけるという選択肢もありだとは思います。もし、自分のコンプレックスになっているようなら、施術も考えてみましょう。また、そこも自分の特徴と考えて前向きに向き合っていくのも良いかもしれませんね。現代では色々な技術が開発されていっています。今後の研究によりもっと良い方法が見つかるかもしれません。そのような時代がくる事が望ましのではないかなと筆者は思う限りです。