中国式で学ぶ『産み分け』まとめ!

中国式産み分けをわかりやすくまとめてみました。他にも産み分けに関する情報もまとめているので、見ていってください!

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中国式産み分けとは?

     

    中国式産み分けカレンダーは、今から約700年前(元の時代)の王家の墓から発見されたもの。

  • この中国式産み分けカレンダーは、現在では産み分け占いとして世界中で利用されており、産み分けを希望する夫婦にはとてもメジャーな物となっています。

  • 中国式カレンダーにおける確率は?

     

    日本のサイトでは、中国人99%・アジア人90%・アメリカ人85%と、よく掲載されていますが、海外サイトでは異なる数字が掲載されている場合もあるので、真相は分かりません。

  • 占い感覚で夫婦で試すのもいいですね。

  • 産み分け表の見方!

  •  

    表の年齢は数え年になります。今年満25歳だとしたら、数え年で26歳ということになります。自分の数え年と受胎月のぶつかったところが男の子か女の子かで見ていきます。

    既に子供がいる方は当たっているか確かめていてはいかがでしょうか?

  • このカレンダーを正確に使う場合、数え年と旧暦を利用する必要があります。

    今から約700年前の中国では、現在の太陽暦(グレゴリオ暦)ではなく、太陰太陽暦(旧暦)が使われていましたし、年齢の数え方は生れた年を1歳とする数え年が使われていました。

  • 数え年の計算方法!
    出典 :中国式産み分けとは?|産み分けベビ*ナビ
     

    数え年は、生れた年を1歳とする計算方法で、以降は1月1日に1歳年を取る計算です。
    例えば6月1日生れの人なら、1月1日から5月31日までは実年齢に2歳プラスし、6月1日から12月31日までは実年齢に1歳プラスする計算になります。
    ですから、誕生日前の25歳の人なら、数え年では27歳で、誕生日を過ぎた25歳の人なら、数え年は26歳です。

  • 他の産み分け方法!

  •  

    中国式産み分け以外の産み分け方法を紹介します!

  • 食事による産み分け!

  • 男の子を希望する場合は女性が野菜中心、男性が肉類中心の食事を。
    女の子を希望する場合は女性が肉類中心、男性が野菜中心の食事と言われています。

  •  

    しかし医学的根拠はないと言われています。
    もしそうなら肉類中心のアメリカは男児ばかりになりますね。

    過度な偏食は体調のバランスを崩しやすいので、バランスよく取りましょう!

  • 膣洗浄による産み分け!

  • <食酢による膣洗浄>

    食酢による膣洗浄を行なうことによって、膣内が酸性に近づきます。

    すると、酸性に弱いY精子が酸にやられて、卵子と受精する確率が低くなるので男の子が生まれる確率が低くなり、女の子が生まれる確率が高くなる・・・という原理です。

  •  

    昔からある方法ですが、現在はあまり行なわれてないようであまり効果も期待できないみたいです。
    また、酢をいれる事に不安になりやすいのもネックですね。

  • 潤滑ゼリーを使った産み分け!

  • <潤滑ゼリーで男女産み分け>

    性交前にpHを調節出来る潤滑ゼリーで男女産み分けが可能です。
    潤滑ゼリーは【ハローベビーボーイ・ハローベビーガール】と【グリーンゼリー・ピンクゼリー】を利用されてる方が多いです。

  • ハローベビーガール【女の子用】

     

    最大の特徴は、何と言ってもその使いやすさ!
    ゼリーインタイプの容器を膣内に挿入するだけです。

    ハローベビー ボーイ・ハローベビーガール 産み分け潤滑ゼリーは、天然成分で安全に安心して清潔にご利用いただける国産の潤滑ゼリーです。
    男児をご希望の方は“ボーイ”を、女児をご希望の方は“ガール”をお選びください。

  • ピンクゼリー【女の子用】

     

    産み分け指導をしている病院で処方してもらうか、ネットで販売している産婦人科で購入可能できます。
    会員登録が必要で、会員費用や送料など諸々の手数料が結構かかってきます。

    ゼリーは、湯煎で溶かしてから使います。
    2回目以降は、シリンジを洗浄殺菌する必要があります。