睡眠薬にたよろうかなと考えている人のための処方箋!

睡眠は体にとってとても大切です。
眠れなくて睡眠不足を解消したいときには、薬の服用も一つの方法です。

view945

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠薬にもいろんなものが

     

    一口に睡眠薬と言ってもいろんなものがあります。
    効果や副作用もしっかり知ってから服用しましょう。

  • 睡眠薬にはどんなものがあるか?

  • 睡眠薬の種類

  • 睡眠薬は、次の2種類に分類することができます。。

    •「睡眠改善薬」:市販で販売されている睡眠薬の多くがこのタイプ
    •「睡眠導入剤」:睡眠治療の医師からよく処方されるタイプ

    睡眠改善薬と睡眠導入剤では、それぞれ効果出る仕組みや生じる副作用が異なります。
    出典 :市販の睡眠薬の効果と副作用、注意点について | iGotit
     

    市販薬と処方薬は根本的にずいぶんちがいがありそうです

  • 市販の睡眠薬になどんなものが?

  • 市販薬の睡眠薬

  • 市販されている睡眠改善薬には、次のようなものがあります。

    •ドリエル
    •プロリズム
    •ドリーネン
    •ネオでぃ

    「睡眠改善薬」は、抗ヒスタミン薬の催眠作用を利用して眠気を促す効果はありますが、深い睡眠にあなたを導いてくれる効果はありません。
    出典 :市販の睡眠薬の効果と副作用、注意点について | iGotit
     

    深く眠ることはできないってことです

  • 市販睡眠薬の種類は
    (正確には睡眠薬ではなく睡眠改善薬)
    抗ヒスタミン剤含有のドリエルをはじめとしたもの。

    ウットをはじめとする
    ブロムワレリル尿素入りの製剤などがあります。

    最も一般的な睡眠改善薬としては
    爆発的にヒットしたドリエルですね。
    ドリエルのヒットにより様々な抗ヒスタミン剤の
    製剤が発売される事になりました。
    出典 :市販睡眠薬一覧|睡眠薬 ~現役薬剤師が語るそのすべて~
     

    ドリエルは有名ですよね。

  • 市販薬の漢方もあります

  • レスティ錠
    (大正製薬)
    神経がたかぶり、気分がふさいで、不眠傾向のある次の諸症状、眠りが浅い、寝つきが悪い、目ざめ易い、意欲減退、気分がふさぐ、イライラ、怒りっぽい、あせり、神経質などに。
    成分:生薬成分(カンゾウ、チョウトウコウ、抑肝散加芍薬黄連水性乾燥エキス)

    アロパノール
    (全薬工業)
    虚弱な体質で神経が高ぶる次の諸症状、神経症、不眠症などに。
    成分:生薬成分(カンゾウ、チョウトウコウ、センキュウ、サイコ他)
    出典 :睡眠薬の市販薬は有るのか?|睡眠薬ナビ
     

    もちろん、漢方薬にも副作用はありますよ!

  • 病院で処方される睡眠薬は…

  • 何科に行けば処方してもらえるのでしょうか?

  • 睡眠薬の4つのパターン

  • 1.超短時間作用型

    効いている時間が短いので、寝つきの悪い人に処方されます。また薬の吸収が早く、効果が現れるのが、早いとされています。

    2.短時間作用型

    効いている時間が、「超短時間型」より長くなります。こちらも効果が早く現れます。超短時間作用型よりは長く効くので、夜中に途中で目が覚めてしまう人によく使われる睡眠薬です。

    3.中間時間作用型

    効いている時間が長くなるので、早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」によく使われます。
    翌日に持ち越してしまうことがあるので、仕事を持っている方よりは、高齢者に使われることが多いです。

    4、長時間作用型

    効いている時間が長いので、うつ病や不安感が強い人に使われます。睡眠薬は不安感や緊張感を和らげて、睡眠を促す薬です。ただし、中間時間作用型と長時間作用型は、眠気やふらつきが起きやすい傾向があります。

    特に高齢者はふらつきによる転倒が心配されます。めまいやふらつきが起きたら、医師に相談するようにしてください。
    出典 :正しい用法・用量を守れば、睡眠薬は不眠症の強い味方! | 不眠症を改善する10の心得
  • 睡眠薬の強さは?

  • 副作用も知っておこう!

  • 睡眠薬の副作用について


    睡眠薬を飲むとき副作用を恐れる人がいますが、医師に処方された量をしっかり守る限り問題ありません。しかし、副作用について事前に知っておくことは良いことです。ここではベンゾジアゼピン系の睡眠薬の副作用について触れておきましょう。

    睡眠薬には多くの種類がありますが、中でもベンゾジアゼピン系の睡眠薬が比較的多いです。この睡眠薬で起こるとされる副作用には次のようなものがあります。
    •眠気やめまい、覚醒と集中力の欠如
    •車の運転への支障
    •筋弛緩作用によるふらつきや転倒
    •睡眠薬の飲み過ぎやアルコールの併用による記憶障害
    •性欲や勃起の減衰

    ※ベンゾジアゼピン系の代表的な睡眠薬:ハルシオン、エバミール、ロラメット、サイレース、ロヒプノール、ベンザリン、ネルボン、エリミン、ユーロジン、ダルメート、ベノジール、ソメリン、ドラールなど

    ただ、これらの症状は必ずしも発症するわけではないことに留意して下さい。
    出典 :睡眠薬の副作用とは?|眠りやすい体づくりでできること
     

    どんな薬にも副作用はあります

  • 睡眠障害(睡眠薬:睡眠導入剤):知識ゼロから薬を学ぶ(第一章) - YouTube

  • 眠れないなら睡眠薬

     

    できればドクターから処方されたものを、飲みましょう