睡眠が良く取れない!そんなときの対処法

しっかりとした睡眠をとりたいけど実際は、あまりよく取れていない人は多いのではないのでしょうか?
今回は、より良い睡眠にする方法について紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/15

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠

  • 睡眠、それは人間にとって最も重要なことで、
    毎日しっかり睡眠をとらなくてはなりません。
    しかし、夜寝付けなかったり途中でおきてしまったり、朝起きてもちゃんと眠気が取れていないなど、
    しっかりとした睡眠が取れていないことが良くあります。
    今回は、どうやったりよい睡眠を取れるか紹介します。

  • 夜中に全身がだるい

  • このような場合は、就寝前に柔軟をすると良いでしょう。
    柔軟をすることによって、全身の血液の流れが良くなり改善され、
    夜中に体のだるさに苦しめられることもありません。
    また、毎日やることによって体も柔らなくなり、
    事故などの大きな衝撃が加わるときに骨が折れにくくなるメリットもあります。

  • お酢と体の柔軟

  • よくお酢を飲むと体が柔らかくなるという話がありますが、
    これは科学的根拠はありません。
    なので、自力でがんばってやわらかい体を手に入れましょう。

  • 寝付けない・途中でおきてしまう

  • このようなことはストレスが多くの場合関わっています。
    なので、ストレスをなくしたいところですが実際はとても難しく出来ないことがほとんどです。
    ストレスがあってもしっかり寝付くには、セントジョーンズ・ワートがオススメです。
    これはセイヨウオトギリソウと呼ばれる植物で、うつ病に効果があり安価でドラッグストアなどで簡単に購入することが出来ます。
    これを服用するとセロトニンを増やしマイナス思考を改善します。
    また、睡眠導入作用のある物質を作るのも促進され快眠につながり効果的です。

    注意 ほかに薬やサプリメントなどを飲んでいる場合は、医師と相談して飲んでくだい。

  • セントジョーンズ・ワート以外にも、グリシンと呼ばれるものがあります。
    これは、眠りの質を高めるもので、短い睡眠時間ですっきりさせることが出来値段も高くありません。
    毎日3gずつ就寝30分前にのむと効果が出ます。

    注意 ほかに薬やサプリメントなどを飲んでいる場合は、医師と相談して飲んでくだい。

  • 注意点

  • これらの方法で、睡眠を改善するときに注意しなくてはならないことがあります。
    それは、飲みあわせです。
    セントジョーンズ・ワートやグリシンなどのセロトニンに影響するものは一緒にとると危険で、セロトニン症候群を起こす可能性があります。
    症状は、めまいや吐き気、頭痛、などさまざまで、最悪死に至ります。

  • おわりに

  • 睡眠はしっかりとって気持ちのよい朝を迎えたいので自分でしっかり管理しましょう。、