本当に痛くないの!?無痛分娩のウソ・ホント

分娩というと、かなり苦しむイメージがあります。
近年注目されている無痛分娩は本当に痛みがないのでしょうか?

view423

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 分娩が痛い理由って?

  • 赤ちゃんを生み出そうと子宮が収縮し、赤ちゃんが押し出されているから
    出典 :無痛分娩とは? - 無痛分娩のプロフェッショナルTOKYO産科麻酔チーム
  •  

    かなりの力がかかりそうです。痛いのも当たり前ですね。

  • (陣痛)は子宮が収縮するための痛み(収縮痛)です。子宮収縮によって胎児を押し出す力が働き、それまで閉じていた出口(子宮口)が押し広げられていく痛み(開口痛)も加わります。
    出典 :お産の痛み|東京世田谷区の産婦人科田中ウィメンズクリニック
  • しだいに子宮口が押し広げられて、胎児の先進部(多くは児頭)が産道から体外へ出ようとするので、産道周囲の靱帯や筋肉(骨盤低筋群)、皮膚等が引きちぎられる時に感じるような痛みが起こります。
    出典 :お産の痛み|東京世田谷区の産婦人科田中ウィメンズクリニック
  •  

    初産の女性にはかなり痛いようです・・・

  • 無痛分娩ってどういうもの?

  • 全身麻酔での無痛分娩はほとんど行われる事はありません。
    局部麻酔に比べて、危険性が高い為ですが、お母さんの体調によっては全身麻酔での無痛分娩が行われる場合があります。
    出典 :無痛分娩の種類について
     

    全身麻酔にしてしまうと、危険性が高いんですね。

  • 局部麻酔は、現在無痛分娩で1番主流で行われている方法
    出典 :無痛分娩の種類について
  • 一般的に無痛分娩と呼ばれているのは「硬膜外無痛分娩」のことです。陣痛が始まったら背骨の中を通る硬膜外腔(背中から腰の脊髄の近く)にカテーテルと呼ばれる細くて柔らかいチューブを入れて、そこから麻酔薬を少量ずつ注入することにより出産時の痛みを和らげる方法です。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
     

    陣痛が始まってから麻酔をかけるなら、陣痛は経験することになりそうですね。
    全く痛みがない、ということはなさそう(ウソ)ですね。

  • 妊娠中毒症や高血圧症になっている妊婦さんにも有効な分娩方法で、長時間にわたって麻酔をかけ続ける事ができるので、途中で痛みを感じる事が無い妊婦さんが多いです。
    出典 :無痛分娩の種類について
  • 局所麻酔の硬膜外麻酔ならママの血液中に麻酔が入らないので、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。
    出典 :痛みを麻酔で抑えるので、お産が楽になる!【無痛分娩 】 - gooベビー
  • 全身麻酔とは異なり、「硬膜外無痛分娩」は局所麻酔、つまり下半身だけへの痛み止めですので、赤ちゃんへの麻酔薬による影響はとても少ないと言われています。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
     

    赤ちゃんへの影響がとても少ないといわれているなら、安心出来そうですね。

  • 自然分娩で産んだ妊婦さんは、痛みに耐えて産んでいるので、産み終わった後はグッタリですが、無痛分娩で産んだお母さんは、出産を冷静に受け止めて感動もあり、すぐに赤ちゃんを抱きしめたくなる人が多いようです。
    出典 :硬膜外麻酔による無痛分娩
     

    痛みが少ないだけではなく、感動を味わう余裕すらあるのですね。

  • 痛みはあるの?

  • 痛みの感じ方は個々それぞれで違いますので一概には言えませんが、殆どの場合わずかではありますが痛みは感じるようです。特に出産間近になると生理痛程度の痛みを感じる場合があるようです。また、麻酔の効き方にも個人差があるということを認識しておいた方がいいでしょう。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
  • 無痛分娩は出産におけるすべての痛みを取り除くわけではありません。

    陣痛は経験しますし、体質によって麻酔が効きづらいケースもあります。
    出典 :無痛分娩とは?
  • 無痛分娩だから、と安心していたら陣痛が!こんなはずでは!だとか、麻酔が効かない!痛みが続く!ということがありそうです。
    無痛分娩とはいえ、心の準備をしておいた方が良さそうです。