妊娠中の体調管理について、大事なこと3ポイント

妊娠中に注意しなければならない、大事なポイント3つを説明していきます。

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ポイント①食べ物をしっかり食べる

  • 妊娠中はふだんの1~2割増しの栄養素が必要だといわれていますが、むやみに食べる量を増やすのはNG。大事なのは「量」ではなく「質」。同じ栄養をとるなら「いかに低カロリーのものを選ぶか」がコツになります。ただし、低カロリーだからといって以下に紹介した食物だけを偏って食べ過ぎることは、 妊娠中の体に良い影響を与えません。さまざまな素材を組み合わせてバランスの良い食生活をこころがけましょう。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • 色の濃い野菜

     

    緑黄色野菜はビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維など、妊娠中に必要な栄養が豊富に含まれています。こうした野菜はぜひ加熱調理を。生野菜よりも、蒸したり、煮たりしたほうが、たっぷりの量を食べられます。

  • 大豆製品

     

    体の主成分となるタンパク質は赤ちゃんの脳や体をつくるためにも必要な、大事な栄養素。大豆製品は植物性タンパク質が豊富で動物性タンパク質よりも低カロリー。食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富な優秀食材です。

  • きのこ類

     

    海草類同様、低カロリーで、しかも蒸し物、煮物、いため物、サラダなど調理方法もいろいろ選べます。体重が気になるときは、おかずにきのこをまぜて増量すれば、見た目もおなかもさびしくありません。

  • 脂肪分の少ないタンパク質

     

    同じ種類でも、選び方でカロリーに大きな差が出るのが肉や魚。肉なら赤身やささ身など、脂肪の少ない部位を選んで。魚もトロより赤身のほうが低カロリー、高タンパク。いかや貝類は、低脂肪でおすすめです。

  • ポイント②からだを動かす

  • 経過が良くて、体調が良いのであれば、掃除や洗濯などの家事は問題ありません。流早産と直接の関係はありません。かえって、家事を続けていたほうが、体調がいいという妊婦さんも多いようです。
    出典 :妊娠中の日常生活の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • オススメはウォーキングとマタニティスイム
    出典 :妊娠中のレジャーのポイント適度に上手に体を動かして、夏のマタニティライフをすこやかに保ちましょう
  • ポイント③リフレッシュする過ごし方をする

  • 趣味に没頭、好きなことをすることでストレスを発散するようにしましょう。以下に体験談を記します。

  • 続けていた接客の仕事が、自分へのエールに
     妊娠したら、体が疲れやすくなっちゃって、それまでのように出かけられなくなったのね。でも、体が思うように動かせないときは、「お腹にベビーがいてくれるんだ」って思うと、気持ちを切り替えられたんだ。ヘアサロンで接客業の仕事をしていたので、お客様と話す事がストレス発散にもなったし、先輩ママさんたちの話を聞ける環境だったから、アドバイスをもらいながら産後の子育てイメージを妄想しながら楽しんでたよ。お休みの日は、体調に無理のない範囲で旦那さんとお出かけしたり、友だちと集まって食事したりすることが気分転換になったかな!
    出典 :Vol.33 妊婦のストレス発散・リフレッシュ法 | MEETSMAG | ミーツマグ
  • ヨガクラスで同志ができて楽しさ倍増!
    私は、妊娠初期につわりで吐き気と頭痛に悩まされて、それがかなりストレスだったんだ。もともとお酒が大好きだから、妊娠を機にやめなきゃいけないのも辛くて…。実は、けっこう飲んでストレス発散しちゃってた!(苦笑) まず、第一は、おしゃれをして外に出て人と話し、笑い合う事が一番のストレス発散ではないかと! 私自身は、出産直前まで・直後から仕事してたから、そういう機会が自然とあったのが良かったんだと思う。そして、第二は、体を動かすこと。私の場合はマタニティヨガだった。呼吸法をおぼえて、精神がリラックスした状態で体を動かせるのが、最高だったな。もちろん、レッスンにくる人はみんな妊婦だから、同じ立場の友だちとおしゃべりができるってことでもある。すぐにお互いの気持ちがわかり合えていいんだよね。マタニティヨガのクラスのみんなで過ごす時間は、私にとって本当に貴重だった。
    出典 :Vol.33 妊婦のストレス発散・リフレッシュ法 | MEETSMAG | ミーツマグ
  • まとめ

  • 妊娠中に気を付けるための3ポイントをまとめました。
    妊娠している方は、参考していただくと幸いです。