心筋梗塞の予防はどうすればいいの?

心筋梗塞は高齢者だけでなく、最近は働き盛りの方まで起こります。今回はその予防法をまとめてみました。

view323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心筋梗塞とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 動脈硬化が進んだり、何かの原因で血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。 心筋に血液が行かないと、その部分が壊死してしまい、壊死の部分が大きくなると心臓の収縮・拡張ができなくなるため、命にかかわる危険な状態となり、緊急の治療が必要です。
    出典 :心筋梗塞とは、どんな病気ですか?
     

    血液が心筋に回らず、その結果、壊死して、それが心臓の動きを止めてしまうからまずいのですね。

  • 原因は?

  • 心筋梗塞の直接の原因となるのは「動脈硬化」です。それを助長する要因として、
    肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の条件、いわゆる「メタボリックシンドローム」があります。
    つまり、メタボリックな状態にある人は心筋梗塞になるリスクが高いと言っていいでしょう。
    それだけではなく、脳卒中のリスクも飛躍的に高まります。
    食べ過ぎ、運動不足、喫煙、過度の飲酒が日常化している人は発病のリスクが高まります。
    出典 :心筋梗塞の - Yahoo!知恵袋
     

    太り過ぎはダメなのですね。

  • 【心筋梗塞の危険因子】

    ・高血圧
    ・脂質異常症(コレステロール値が高め)
    ・運動不足
    ・糖尿病(血糖値が高め)
    ・肥満
    ・喫煙
    ・家族に心筋梗塞の人がいる


    【心筋梗塞にかかりやすい性格】

    ・ガツガツ仕事をする
    ・人との競争が好き
    ・短気な性格
    ・責任感が強い
    ※脈拍や血圧が上がり危険因子となることがある
    出典 :心筋梗塞の原因・症状・前兆について | TREND STYLE
     

    不摂生すると発病しやすいのですね。

  • 予防法は?

  • ●食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に

    動脈硬化の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。抗酸化食品に注目が集まっています。

    バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給しましょう。また、食事の量にも気をつけましょう。
    出典 :心筋梗塞・急性心筋梗塞|心筋梗塞の症状・原因・前兆・予防
     

    抗酸化食品とは、活性酸素から体を守る食品を呼びます。

  •  

    野菜や果物にもふんだんに抗酸化物質が含まれています。

  • コーヒーに含まれるキサンチンには、血栓ができるのを防ぐ働きが
    あります。血栓の原因となる血小板の働きをキサンチンが抑制するので
    す。さらに、毛細血管を広げて血液の循環を良くする働きもあり、これ
    だけでも脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。
     

    コーヒーも血液の循環をよくするのですね。

  •  

    飲み過ぎるのは問題ですが、適量なら体に良いみたいです。

  • 寝る前に飲む水を宝水と言います。就寝前に水を飲むことは快眠のためだけでなく脳血栓や狭心症、心筋梗塞などの予防につながります。寝ている間に水分が失われ、血液が濃くなります。それが原因でとくにお年寄りや高血圧の人は、脳血栓などを起こしやすくなります。その予防に宝水は有効です。
     

    寝る前に水を飲むのも効果的なのですね。

  •  

    寝る前に水を飲むだけですから、簡単ですね。

  • 適度な運動

    軽い運動が狭心症や心筋梗塞症の予防となります。具体的には持続的な運動を週3~4回30分以上、可能なら毎日30分程度すればよいでしょう。瞬発力が必要な運動は避けて下さい。また早朝や深夜は、冠動脈が日中より収縮していることが多いので避けて下さい。起床後すぐではなく、1時間後ぐらいが適当でしょう
    出典 :[34]心筋梗塞、狭心症-その予防と治療||心臓|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス
     

    運動をすることで、心筋梗塞だけでなく、いろいろな病気の予防に繋がります。

  •  

    有酸素運動を心がけましょう。

  • ●たばこ


    たばこを吸うと血管が細くなります。禁煙しましょう。

    出典 :医療生協さいたま:心筋梗塞だって予防できる!
     

    血管が細くなるとそれだけ詰まる可能性が高くなりますから、やっぱり煙草は止めたいとこですね。

  •  

    また値上げするみたいですから、体のためにも止めた方が良いと思います。

  • 暑さ・寒さ対策を十分に
     

    寒さは血管を収縮させ、暑さで汗をたくさんかくと血液が濃くなって固まりやすくなり、血管への負担を増やします。
    出典 :狭心症・心筋梗塞の原因を知って予防・改善 - goo ヘルスケア
     

    暑過ぎても寒過ぎてもダメなのですね。

  •  

    寒いのが心筋梗塞になりやすいということは知っていましたが、暑さも発病に関係していたのですね。