脳科学で判明【夢のお告げ】

目覚めている時に思いつかなかった
インスピレーションや解決のヒントを
夢で得られた事ありませんか?

view406

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レム睡眠の時期

  • 人が夢を見るのがレム睡眠の時
    レムとは急速眼球運動の略で、眼球が活発に動き
    脳の活動も覚醒時と同じ水準に高まります

  •  

    感知にかかわる部分が活発に活動する
    情動に関連した部分の活動も活発になります

  • 意思を伴う行動や、論理的、社会的に適切かどうかの判断に関係した領域は
    あまり活動しないという事です
    すると、論理的で既知の事柄に制限している
    【思考抑制作用】が弱まると言われています

    結果
    独創的発想や問題解決が導かれるというのです

  • 治療法として注目されている[明晰夢]

  • 特別なタイプの夢として【明晰夢】という物がある

    今夢を見ていることを認識し、夢の展開を場合によってはコントロールできるものを言います
    寝る前にイメージ訓練をすると回数を増やす事が出来るのです

  •  

    明晰夢は
    【不安障害】
    【悪夢障害】
    といった症状を和らげる療法として
    注目されつつあります

    不安の対象から距離を置くことによって
    客観視する事が出来るようになるとかんがえられています 

  • 運動選手のトレーニングにも使える

  •  

    夢の中では通常不可能な動作が可能になります
    明晰夢を通じて
    運動選手がトレーニング効果を高める事にも
    もうすでに利用が始められているそうなのです

  • 問題解決に夢を使う為の訓練法

  • 1.問題の内容を簡単に書いたメモをベッドの横に置く

    自分の抱えている問題の内容を簡潔に書いておきましょう

  •  

    2.ベッドに入る前、その問題について2~3分おさらいします

    どの様な問題なのか、経緯などおさらいしましょう
    簡単でOKです

  • 3.ベッドに入ったら、問題を明確なイメージとして視覚化する事を試みる
    イメージして、悩みすぎると眠れなくなる場合があります

  •  

    4.眠りに落ちる際、その問題に関する夢を見たいと自分に言い聞かせます

    これも結構重要で、意識下におく必要があるのです

  • 5.目覚めてもしばらく横になったままで、出来るだけ多くの夢を思い出し内容を書き出します

    これで訓練はOKです
    続けていくと明晰夢を通じてトレーニングが可能です

    ちょっとした事なのでチャレンジしてみてはいかがですか?