もしかして金属アレルギー?アクセサリーでかぶれたら検査を!

アレルギー性皮膚炎の中でも身近なのが金属アレルギーです。アクセサリーを愛用している人に多いですが、かぶれても気にせず治療を受けない人が少なくありません。そのまま放置するのは良くありません。金属アレルギーと思ったら、迷わず皮膚科へ監査を受けに行きましょう。

view508

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして金属アレルギーになるの?

  • 金属から溶け出した金属イオンが皮膚のたんぱく質に作用し、アレルゲン物質に変化することでアレルギーを発症します。

  • 金属アレルギーを起こすきっかけって?

  • ピアス

     

    安くて買いやすいですが、金属アレルギーの原因にも。

  • ネックレス

     

    夏場の汗をかく季節にアレルギーが出る人が多いです。
    ブレスレットや腕時計でも発症します。

  • メガネ

     

    真夏でも使うため、金属製のメガネには注意です。

  • 歯科治療の詰め物

     

    金属アレルギーになる人が多いため、最近はメタルフリーの素材が使われることも多いです。

  • バイきんぐの小峠さんも経験者。

     

    アレルギーになった原因がユニーク。もう極太のチェーンは巻かないでくださいね。

  • アレルギーを引き起こす原因物質は?

  • ・ニッケル
    ・コバルト
    ・クロム
    ・パラジウム
    ・アルミニウム
    ・マンガン

    など多数あります。

  • 18金なら大丈夫!という保証はありません。

     

    金に混ぜている金属でアレルギーを引き起こすことがあります。

  • 皮膚がおかしいと思ったら皮膚科へ!

  • 皮膚科ではパッチテストを行います。
    10日ほどかかりますが、受けておいた方が安心ですよ!

  • 金属アレルギーのパッチテストの方法

  • 1.金属試薬をしみ込ませた紙を背中に貼る。
    2.その場でパッチテストを行う。
    3.開始から2日後にテープをはがして1回目の観察を行う。
    4.開始から3日後に2回目の観察を行う。
    5.開始から7~10日後に3回目の観察を行う。

  • 金属アレルギーのパッチテスト

     

    テープをはがすまではお風呂に入れず、汗をかいてもいけません。
    2日だけ我慢してくださいね。

  • 金属アレルギーは治るの?

  • 現時点では金属アレルギーの治療法はありません。
    その金属を「避ける」しか方法はないのです。

  • 金属アレルギーを調べてくれる医療機関を探したい!