小さく産んで大きく育てる、は古い!?

妊婦の肥満は、妊娠高血圧症候群など、様々な妊娠中のデメリットにつながります。
といっても、過度なダイエットもデメリットになるため、厳禁なのです。
どんなことに注意すればいいのでしょうか。

view1416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦がダイエット!?

  • 妊娠中、それほど食べなくても体重が増えてしまったり、逆にあまり増えない方も。
    つわりの影響で、食べれなかったり、食べ続けたり、と本当に個人差の大きい妊娠中の体調。

    体重は、どこに気をつければよいのでしょうか。

  • 我が国では、妊娠中に母体の体重が増え過ぎると胎児が大きくなりすぎて難産になったり、妊娠高血圧症候群などのリスクが高まるため、多くの病院の妊婦健診で妊婦の体重管理を厳しく指導してきました。かつては『小さく産んで大きく育てる』のが理想的とされてきましたが、その考え方は最近では大きく見直されつつあります。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
     

    通う病院の、体重管理が厳しい……なんて妊婦さんの嘆きをよく聞きますが、変わりつつあるようです。

  • 体重が増えすぎてしまうと……

  • 妊婦の太りすぎは、
    妊娠糖尿病
    妊娠高血圧症候群
    脂肪が全身に蓄積される
    脂肪が膣につくことで産道が狭くなる
    妊婦の体重が増えれば胎児も大きくなる
    大きくなった胎児は狭い産道を通らざるをえない
    微弱陣痛や難産の原因になる
    出典 :安易にダイエットを考えるのはダメ |妊婦ママ食事ガイド
  • 腰痛がひどくなる
     妊娠の後半期になると、ただでも大きくなったおなかを支えなくてはならないため、腰に負担がかかり、腰痛に苦しむ方が多くなります。体重が増えすぎてしまうと、余分についた脂肪分や大きくなりすぎた赤ちゃんによって、余計に腰痛が悪化する可能性があります。

    妊娠線が出やすくなる
     妊娠線とは、妊娠中(特に中・末期、おなかが大きくなってから)皮下組織が断裂し、皮膚にひび割れたように出る線のことで、出産後に残る場合もあります。おなかがあまり大きくなくても出る方もいますし、おなかがとても大きくなっても出ない方もいて、かなり個人差があります。特に、短期間に急激に太った場合には、要注意です。

    疲れやすくなる
     妊娠中は、ただでさえだるく疲れやすいものです。太りすぎてしまうと、体重が増えた分、余計に疲れやすく動きにくくなりがちですが、 それで、一日中だらだら過ごして体内のエネルギーが消費されず、ますます太ってしまうという悪循環は避けたいものです。

    産後、体形・体重が戻りにくい
     妊娠中に分泌されていた脂肪を蓄積させる働きを持つホルモンは、産後2週間ぐらいのうちに、ほとんど妊娠前の量に戻ります。ですから、本来は元の体重に戻るはずなのですが、実際には全体の約3割の方は、産後も10Kg以上体重が増えたまま戻らないと言うのが現状です。その原因に考えられるのは、妊娠中に、必要以上に太り過ぎて体質が変ってしまった場合とか、妊娠中に陥った、悪い食習慣をそのまま引きずってしまうことが考えられ、その悪しき食習慣からさらに太り続ける事も考えられます。妊娠中こそ、食生活、食習慣には充分に気をつけて、適正体重を維持することが大事です。また、肥満は重大な生活習慣病にもつながりますので、特に注意したいものです。

    妊娠糖尿病になりやすい
     糖尿病とは、体内の血糖値を下げる、インスリンというホルモンの働きが悪くなることによって起こる病気です。妊娠すると、体内のホルモンの多くは血糖値を上げる働きをし、インスリンの働きを妨げます。これは、いざという時、例えば食料が不足した場合、妊娠を継続させるために働く体内の自然な作用ですが、このため妊娠中は糖尿病になりやすいと言われます。特に、体内の脂肪量が増えると、インスリンに抵抗する力が増大します。糖尿病は、奇形児や巨大児の原因になる危険性もあるので、妊娠前に糖尿病を患ったことのある方や、身内に糖尿病の人がいる場合は、一層のカロリー制限を心がけ、注意が必要です。

    妊娠高血圧症候群になりやすい
     妊娠高血圧症候群とは、妊娠によって腎臓に負担がかかるために起こる病気です。いちばんの原因は、塩分の取りすぎと言われていますが、太りすぎの方がかかりやすい事も事実です。

    難産になる
     お産とは、
    ①子宮の出口が開こうとする働き、
    ②胎児が回旋して出ようとする働き、
    ③それを助ける子宮収縮(陣痛)
    と言う3つの働きの相互作用によって進みます。しかし、太りすぎは、この相互作用に悪影響を及ぼすことになります。産道に脂肪が付き狭くなるため、回旋異常や、微弱陣痛が起きて、遷延分娩になり、最終的には吸引分娩や、帝王切開に至る危険性もあるのです。

    遷延分娩
     お産が長引くこと。初産婦で30時間、経産婦で15時間以上たっても生まれない場合をいいます。  
    出典 :Otsuka Ladies Clinic
  • 高カロリーなど、栄養が偏った食事の食べ過ぎは妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を引き起こす原因になるからです。妊娠高血圧症候群は、高血圧や浮腫みを生じさせ、合併症を引き起こすなど、母子ともに悪影響を受ける可能性があるとされています。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 体重が増えない場合

  • 反対にダイエットを意識しすぎて、体重が増えないようにと痩せている妊娠女性は、胎児の体重が増えず、低体重で生まれてくるケースがあるそうです。赤ちゃんが成長してから、体に何らかの障害がでてくる可能性もあり、そのため妊娠時期の過剰なダイエットには注意が必要です。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 妊婦のダイエットは、
    分娩でうまくいきめない
    出産が長時間に及ぶ
    赤ちゃんが危険な状態に陥る
    母乳に悪影響を与える
    赤ちゃんが低体重で生まれてくる
    これでも妊娠中、ダイエットする?
    出典 :安易にダイエットを考えるのはダメ |妊婦ママ食事ガイド
     

    極端な「ダイエット」は、勧められないのですね。

  • 低出生体重児で生まれることがすぐに問題になるわけではありませんが、将来的にメタボリックシンドローム、糖尿病などの生活習慣病になるリスクは高くなることがわかっています(DOHaD、Barker説)。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
  • 産婦人科診療ガイドライン・産科編2011

  • 近年では厳しい体重管理の弊害も多く指摘されるようになり、産婦人科診療ガイドライン・産科編2011でも、体格や個人差を考慮したゆるやかな指導を推奨しています。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
  • 1. 「妊娠前の体格と妊娠予後」について尋ねられた場合には以下の情報を提供する。
     1) やせ女性(BMI<18.5)は切迫早産、早産、低出生体重児を分娩するリスクが高い傾向がある。
     2) 肥満女性(BMI≧25)は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児、児の神経管閉鎖障害などのリスクが高い傾向がある。

    2. 「妊娠中の体重増加量」について尋ねられた場合には以下の情報を提供する。
     1) 日本人の食事摂取基準(2010年版)(厚生労働省策定)では、普通の体格の妊婦(非妊時BMI値が18.5~25.0未満)が妊娠40週の時点で約3kgの単胎児を出産するのに必要な体重増加量は11kgとしているが、個人差がある。
     2) 妊娠中の母体体重増加量が多いほど児の出生時体重が重くなる傾向がある。しかし、妊娠前のBMI値が高いほどこの傾向は弱くなる。肥満女性の場合は妊娠中の体重増加より妊娠前の肥満度のほうが出生時体重に影響する傾向がある。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
     

    やはり、個人差が大きいようです。
    推奨される体重増加量は、「妊娠前の体重」によって、変わってくるようです。

  • 3. 妊娠中の栄養指導を行う場合以下の点に留意する。
     1) バランスのとれた栄養素の接種を勧める。(A)
     2) 妊娠前の体格(自己申告妊娠前体重を用いたBMI値)に応じて行う。(B)
     3) 妊婦の体重増加に関して目的の異なる複数の推奨値(表1)があるが、体重増加は栄養指導における評価項目の1つと認識する。(B)
     4) 厳格に体重増加を指導する根拠は必ずしも充分ではないと認識し、個人差を考慮してゆるやかな指導を心がける。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
     

    「厳格に体重増加を指導する根拠は必ずしも充分ではないと認識」せよと、学会からお医者様に推奨しています。
    増えすぎはよくないですが、適切な食事・身体を動かすなどして体重管理しても増えてしまう方は、悩み過ぎなくても、よいのかもしれません。

  • イギリスの場合

  • National Collaborating Center for Women's and Children's Health(英国)のガイドラインでは、初診時に身長体重を測定して評価を行い、栄養状態に問題がある場合のみ定期的に体重を測定し、通常の妊婦健診では体重を測定しないことを推奨している(定期的な体重測定は妊婦に不必要な心配を与えるに過ぎずメリットがないとしている)。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
     

    なんというか、ちょっぴり羨ましい環境です。

  • 妊娠中の食事の注意点

  • ・ 妊娠中の栄養摂取量は、非妊時の所要量に、妊婦自身の基礎代謝の亢進と胎児の発育に要する量を加えて計算する。

    ・ 非妊時の必要量に加え、妊娠初期には1日約50kcal、妊娠中期には約250kcal、妊娠後期では約500kcalが必要である。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 妊婦の体重管理
  • 妊婦の食事でダイエット中だからといって、
    タンパク質の摂取量を減らすのはNG!
    油脂類は高エネルギー食品なので摂取量を減らすのはOK!
    糖分豊富なお菓子や甘味入り飲料の摂取量を減らすのはOK!
    出典 :安易にダイエットを考えるのはダメ |妊婦ママ食事ガイド