チョコレートの驚くべき効果とは?

みんな大好きチョコレート♪ ですが、スリム&美肌でいたい女子にとってチョコレートはちょっと敬遠しがちなスイーツですよね。でも、カロリーや脂肪分が多いというデメリットだけじゃなくチョコレートには驚くほどたくさんの効能があるんですよ(*^_^*)

view337

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • チョコレートの原料「カカオ」の効能

  • 赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化効果を期待できる。
    出典 :知ってびっくり!チョコレートの健康パワー|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    抗酸化作用は美容効果に優れています。体の細胞を錆びつかせる「活性酸素」を抑えてくれる頼もしい働きです(*^_^*)

  • チョコレートの原料カカオ豆

  • 胃炎や胃潰瘍の原因のピロリ酸を殺菌する効果があるといわれています。なんとチョコレートを多く食べる国では胃がんの死亡者が少ないというのですね。チョコレートの年間消費量が最大のスイスでは、日本の6倍のチョコが食べられていますが、胃がんの死亡者は約4分の1。なかなかに興味深い結果ですよね。
    出典 :2/3 疲れるとどうしてチョコが食べたくなるの? [疲労回復法] All About
     

    カカオの「脂肪酸」がピロリ菌を殺菌してくれるとか。”脂肪”というだけで敵対視してはいけませんね(;´∀`)

  • カカオ・ポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、ラットや人によって確かめられています。
    出典 :チョコレート・ココア健康講座 | 日本チョコレート・ココア協会
     

    赤ワインのポリフェノールよりもはるかに上回る量のポリフェノールが、カカオには含まれているそうです。

  • ポリフェノールには、がんや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があります。この他、胃潰瘍やアレルギーの予防、ストレス、美容界ではエイジングケアへの効果も注目されています。
    出典 :GODIVA | チョコレートコラム チョコレートと健康
     

    美容効果もかなり効果が期待できるんです。

  • カカオの効果・効能は健康面だけではありません

  • 集中力・記憶力を高めたり、気持ちを穏やかにさせる
    チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっている。
    また、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があることもわかっている。「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る」というのはむしろ逆で、ヨーロッパなどでは寝る前にチョコレートを食べたりすることもある。
    出典 :知ってびっくり!チョコレートの健康パワー|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    デスクワークや試験勉強のお供に少し・・・という食べ方が良さそうですね。

  • リラックス効果や美容効果などなど・・・♪

  • 『チョコレートが強壮剤になる』なんてお話がありますが、おそらく栄養価が高い食物であること以外に,アルギニンが多く含まれることにもよるのではないでしょうか。
    アルギニンは脳下垂体から成長ホルモンが分泌される手助けをしたり、体の免疫を上げる作用があるといわれています。また、それ以外には男性の精子数を増やして不妊症の治療の手助けになるとも言われています。
    出典 :2/3 疲れるとどうしてチョコが食べたくなるの? [疲労回復法] All About
     

    チョコレートはホルモンに働きかける作用もあるんですね。

  • ウーロン茶や緑茶には虫歯予防効果成分が含まれていることが知られていますが、カカオ成分にはこれら以上に虫歯菌をおさえる効果があり、しかも虫歯菌に感染したラットの虫歯の進行をおさえることも分かりました。
    出典 :チョコレート・ココア健康講座 | 日本チョコレート・ココア協会
     

    食べ過ぎに気をつけて、食後の歯磨きを忘れなかったら完璧!

  • 効果的な食べ方をご紹介します

  • 意外な健康パワーを秘めたチョコレート。しかし「よかった~、これで思う存分食べられる!」と思うのはまだ早い。抗酸化作用をはじめ、いくつか体に嬉しい効果を期待できる一方、チョコレートは紛れもなく高脂肪・高カロリー食品。いつでも好きなだけ食べていいというものではない。
    出典 :知ってびっくり!チョコレートの健康パワー|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    そ・・・そうですよね・・・。
    気をつけます(;´∀`)

  • いいことずくめのチョコレートだが、気を付けることがある。まず、ポリフェノールの効果を期待するなら、ブラックチョコを食べること。「ホワイトチョコにはカカオマスを全く使っていない商品もある」(寺尾教授)からだ。板倉教授も「砂糖や油などの混ぜ物が少なく、カカオ豆をたっぷり使った高級チョコのほうが効果がある」と話す。
    出典 :チョコレート体にこう効く
     

    ミルクチョコレートにも粉乳やお砂糖がたくさん混ぜられていますので、あまり甘くないブラックチョコレートがいいみたいですね。

  • 偏った食べ方も避けたい。カカオバター自体は低カロリーでも、砂糖や油が加わったチョコの食べ過ぎは、カロリーの過剰摂取になる。日本チョコレート・ココア協会の梶睦・広報委員長は「ほかのポリフェノールに関する実験結果からみて、1日に板チョコの半分、50グラム程度が適量では」と話している。
    出典 :チョコレート体にこう効く
  • おやつや食後のデザートに、コーヒーやお茶と一緒に軽くつまむのが、理想的な食べ方と言えそうだ。

     
    出典 :チョコレート体にこう効く
     

    食後なら、食べ過ぎてしまうこともないので安心です♪

  • 食後に適量を食べましょう♪