温泉に入って綺麗になろう!!温泉の効能&温泉効果をアップする入浴法まとめ☆☆

寒い冬におすすめの温泉で綺麗女子を目指そう!!
温泉の効果や温泉効果をアップさせる入浴法についての情報をまとめてみました!!
温泉好き必見のまとめです!!

view249

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温泉や入浴にどんな効能があるの???

  • 体が温まることにより血管(特に抹消血管)が広がり新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促すのです。
    例を挙げると、疲労回復は、疲労物質「乳酸」が排出されるための効果です。
    また、泉温別特長として、熱い温泉(42℃以上)は、緊張、興奮の自律神経「交感神経」が優位に立ち、しっかりと目が覚めた状態となります。
    一方、ぬるめの泉温(37~40℃)の温泉は、気持ちを鎮める働きをするリラックスの自律神経「副交感神経」が優位に立ち、落ち着いた気分になります。
    出典 :温泉・入浴の効能
  • 水圧効果

     

    体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動となります!!

  • つまり、天然マッサージの状態です。
    脚には全血液量の約三分の一が集まり、この血液が心臓に送り返されるため「脚は第二の心臓」と言われることがあります。
    この脚の血液は、陸上では、重力が邪魔をして血液が心臓まで上がりにくくなります。
    ところが、入浴すると、水圧で血管が細くなり、血液が心臓に向かって押し上げられます(ポンプアップ効果)。
    その結果、下肢の静脈の流れが良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になっていくのです。
    出典 :温泉・入浴の効能
  • 浮力効果

     

    温泉に首まで浸かると、体重は約十分の一になり、体を自由に動かせるようになります!!

  • 体が軽くなった感覚により筋肉が緩み、脳波が「α波」のリラックスした状態になりやすいようです。
    また、体の各部分を早く動かすと、水の抵抗力が加わり筋力の強化になります。
    これを利用して筋力の弱った人や運動機能の低下した人のリハビリテーションにも利用されます。
    出典 :温泉・入浴の効能
  • 温泉効果をアップする入浴法があるって知ってた???