朝食にはパンとご飯どちらが太りにくい?

朝食に炭水化物を避けているダイエット法が意外に多いです。しかし、それで本当に成功するのでしょうか?

view473

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血糖値に意外な真実が!!

  • ご飯はパンと比較すると消化吸収が緩やかで、血糖値も緩やかに上昇するので太りにくく、腹持ちも良いです。
    出典 :ダイエット中の朝ごはん、パンorお米? どっちがいい? - NAVER まとめ
  • パンとご飯は一般的に太りやすい炭水化物として食さないダイエット方法が多いですが、実はこれは脳と血糖値に深く関係しているのです。脳が食べ始めて満腹を感じるまでの食事量が多ければ、いくら炭水化物を避けても意味がありません。満足なものを適量食べる事での満足感で血糖値が上がり、脳に満腹を知らせるのです。

  • パンとご飯はどちらが適切?

  • パンは小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られますが、消化吸収が早いということは、血糖値は急上昇→急降下。つまり、すぐにまた空腹を感じてしまうのです!
    出典 :ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯、どっちがいい? - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -
  •  

    パンとご飯は製造する素材や工程で、同じ炭水化物でも性質が変わってきます。
    消化速度は同じでも、体内に残る満腹感が、血糖値の変化で違います。
    その満腹感が持続できるのが米であるご飯の方です。

  • 脳の満腹信号の仕組み

  •  

    パンや米以外で朝食を取っている外国では、食事の最後にデザートがでるのが主流となっています。それを完食することで血糖値が上がり満腹中枢が刺激され、満腹感を得る事が出来るそうです。
    いわゆるそれが体内信号となるわけです。

  • 食べる量に気をつけましょう

  • いくらご飯にしたり、炭水化物を避けた食事にしても、多量に食してしまうとまったく意味がりません。適量に、腹八分を体に覚えさせましょう。

  • 腹八分で不満があればたべてしまう

  • そこで重要なことが、良く噛む事です。これも最初は慣れるまで大変です。しかし、慣れればなんて事のない苦労です。
    一口ごとに30回以上噛む事です。あごには満腹中枢を刺激するスイッチがあります。30回以上良く噛むことで、腹八分でも満腹感を得る事が出来るのです。

  • ご飯が良いその他の理由

  • パンの場合は油脂の多い食材とあわせることが多いもの。バターをつけたり、サンドイッチにしたり、洋風料理の添え物になることが多いですね。

    一方ご飯は、日本型食事に欠かせないもの。丼や揚げ物など例外的なメニューもありますが、味噌汁や魚料理、野菜などとも相性が良く、脂肪の少ない料理ともあわせやすいメリットが。
    出典 :3/3 ご飯派vsパン派…太りにくいのはどっち? [食事ダイエット] All About
  • 朝食の時を思い返してみてください。
    パンを食する時は、焼いてそのまま食べますか?おそらくパンを食する、または食した事のある人たちの大多数は、マーガリンやサンドイッチなど油脂分の多いものを添付して食べますよね。
    それに比べて、ご飯の場合、脂分の選択肢も有りますが、割合的におみそ汁とかお漬物、魚や煮付けなど、脂分の少ないおかずで食べる方が多いはずです。
    これもご飯がパンより良い理由です。

  •  

    写真はサンドイッチですが、パンにマーガリンを塗り、マヨネーズを使用しています。また、高カロリーな食材をサンドしているので太り安こと間違いなし!!

  •  

    ご飯で朝食をとるとこの写真の様に、あっさりとしておかずになる家庭が多いです。

  • 消化力にも問題が?

  • 人間の胃は朝起きたばかりの時間帯は、まだ寝ぼけています。油脂分の多いものや消化に悪いものは、胃に負担を掛け逆効果になる事が多いです。
    それゆえに、朝食はお米のご飯とあっさりとしたおかずが日本人には良いのです。