季節に合わせて変えて!冬のスキンケア

化粧水に乳液に… 一年を通して同じスキンケアをしていませんか?せっかくお手入れするなら季節に合わせてスキンケアも変えるとよりいっそう効果的です

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬には冬の悩み…

  • つぎにお給料もらったら〜スキンケアKiehl'sでそろえる!もう肌ぼろぼろつらい、冬もっとひどくなるしやんなっちゃう(u_u)
     

    冬は肌が荒れますよね…
    夏は夏で日焼けや汗疹に悩まされていたのに…

  • 手荒れがひどくなってきたのでストッキングはく時用の手袋購入。

    冬ですね。
  • 冬つら乾燥肌つら肌ボロボロや…もっと寒くなってストーブつけたらどうなることやら……
     

    あたたかくすると痒くなる、寒いままだと手が震える…

  • 肌にとっての冬という季節

  • 気温が低く、乾燥する冬。肌にとっては1年でもっともシビアな季節です。かさつく、ハリがない、キメが乱れる、透明感がない…冬の肌は、悩みのオンパレード。この季節にしっかりとケアすることが大切です。
    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    夏の日焼けよりも冬の乾燥の方が肌には打撃?

  • 気温も湿度も低下する11月~1月は、皮脂の分泌量が最低になり、水分の蒸散量は急速に増加します。こんな環境では、肌はまるでドライフルーツ状態に。
    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
  • 外気の乾燥に加えて、エアコンやホットカーペットなど暖房器具をつけること、キッチンや洗面所でもひんぱんにお湯を使うことで、いっそう肌が乾燥しやすくなっています。
    出典 :冬の保湿、スキンケア
     

    でも暖房器具を使わないわけにもいかないし… こんなときどうしたらいいのでしょうか

  • どうしたらいいの?冬のスキンケア

  • 冬の肌は水分が著しく減少し、かさかさの乾燥状態になりがちです。
    肌荒れが起こったり、シワやたるみが目立ちやすくなってきます。
    肌を乾燥から守るためには、
    「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょう。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    これはスキンケアの原則だと思います

  • 洗顔後の肌や入浴後の肌は、時間とともにどんどん水分が奪われています。できるだけ早くお手入れをはじめましょう。
    出典 :2/2 年齢乾燥って何?冬の保湿スキンケア [肌の悩み・対処法] All About
     

    私は浴室の中で化粧水をつけるようにしています

  • 化粧品の浸透度を高めるためにも、手の温度は重要です。手が冷たい場合は、ぬるま湯でじんわりと手を温めたり、手をこすって温めてからお手入れを始めましょう。私がお薦めするのは、入浴後のお手入れです。
    出典 :2/2 年齢乾燥って何?冬の保湿スキンケア [肌の悩み・対処法] All About
     

    冬、手を温めるのはそれだけで手にも優しそうです

  • マッサージは、寒さによる毛細血管の収縮、
    外気と暖房の温度差による肌の生理機能の低下などには、
    有効なお手入れ方法です。
    出典 :冬の肌状態とお手入れ
     

    寒いときに手を揉むことがありますよね。
    それを顔、体にも…

  • ちなみに、暖房器具との付き合い方は…

  • 電気毛布を使う時は、寝る一時間前にスイッチを入れてふとんを温め、ふとんに入って一時間で切れるようタイマーをセットしましょう。眠っている間は体温が上がるので、余熱で十分心地よい暖かさを感じることができます。
    出典 :冬の保湿、スキンケア
     

    暖房器具は賢く、使いすぎないようにします