ぽっこりお腹を引っ込めよう!簡単に出来るお腹引き締め方法とは

いつの間にかぽっこりと飛び出てしまっているお腹。憎い脂肪を何とかするために、簡単に出来るお腹引き締め方法を知っておきましょう。

view468

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ぽっこりお腹とサヨナラしたい!

  • どうして下腹はぽっこりするの?

  • 筋肉が弱る

  • 内臓が下がっていると、腸などの働きが悪くなり、老廃物がたまりがちになります。その老廃物を皮膚から排出しようとするため、ニキビなどの肌トラブルの原因に。
    出典 :下っ腹のぽっこりは、どうやったら取れるの?
     

    お腹の部分には骨がありません。だからこそ筋肉が内蔵を支えているのですが、筋肉が弱っていると支える力がなくなるのです。

  • 余分な脂肪がつく

  • 加齢により代謝が悪くなると、体に余分な脂肪がついてしまうんです。
    出典 :下っ腹のぽっこりは、どうやったら取れるの?
     

    いわゆる皮下脂肪。

  • 骨盤が開いている

  • 骨盤が開いていると、内臓が骨盤の中に落ちてくるそう。特に出産後の女性は、骨盤が開きやすくなっているのでご注意を。
    出典 :下っ腹のぽっこりは、どうやったら取れるの?
     

    これも下腹がぽっこりする原因の一つです。

  • ぽっこりお腹の引き締めエクササイズ

  • これらを原因を解決するには、腹筋を鍛えることです。

    また、腹筋が緩んでいると、美しい姿勢は作れませんよ。正しく美しい姿勢は、腹筋と背筋によって支えられていますから、腹筋が弱っていると、正しい姿勢を保つことができないのです。
    出典 :下っ腹のぽっこりは、どうやったら取れるの?
     

    何はなくとも腹筋を鍛えればぽっこりお腹とはサヨナラ出来るという訳です。

  • あお向けに寝てひざを立てます。
    丸めたタオルを腰の下に敷きます。
    両手をまっすぐに伸ばし、手のひらは床につけます。
    膝を曲げたまま、お尻が浮くまで脚を上げていきます。
    動かす軸は、タオルの敷いた腰に集中します。
    出典 :下腹ダイエット運動 自宅で簡単に運動する
     

    寝転んで出来る簡単なエクササイズです。

  • まず床に仰向けに寝ます。
    両脚を床と垂直に伸ばし、クロスさせます。
    両腕は体の横に置き、上体を安定させます。
    反動を使わずに、つま先で天井を突くような気持ちでお尻を真上に上げ、ゆっくり戻します。
    これを繰り返します。10回を2セット。
    出典 :下腹ダイエット運動 その2
     

    これは少し上級編。きつい運動ですが、その分効果は高めです。