鼻洗浄をする上での注意点は?

鼻洗浄は花粉症や風邪などの予防に最適と言われています。
しかし鼻洗浄をする上で注意点もあるのでそのあたりをまとめてみました。

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鼻洗浄はやり方を間違えると中耳炎の可能性も!?

  • 水圧が高かったり、注入中に唾や洗浄液を飲み込もう(嚥下運動)とすると、開いた耳管に洗浄液が入り中耳炎などの原因になることがある。
    洗浄終了後は、前屈みのまま頭を左右に傾け、鼻腔内に残っている洗浄液を鼻から排出すること。鼻腔内に洗浄液が残っている状態で鼻をかむと、中耳炎の原因になる。
    出典 :鼻うがい:医師の場合
  • 鼻洗浄で鼻をきれいにしても、その結果中耳炎などを起こしては元も子もありません。

  • 鼻洗浄は水道水などで洗浄してはダメ!

  • 最も重要な注意点は、鼻うがいの液体です。
    鼻を洗浄すれば良いという理由で、水道水で鼻うがいをしている方がいらっしゃるのですが、浸透圧の関係で鼻の粘膜に大きな悪影響が加わります。
    出典 :鼻うがいの注意点
  • 鼻洗浄は真水で行わずに食塩水(容量も決まってます)で行うこと!
    この注意点はどこでも言われていることです。
    私も思いっきり真水でやってました(汗)

  • 鼻洗浄後に鼻に洗浄水が残っている状態で鼻をかんではいけない!

  • 鼻の中に塩湯が残っていますが、絶対に『鼻をかまないで!』下さい。
    つい鼻をかみたくなりますが、「びーっ」とかんでしまいますと、耳の方に水が行き、中耳炎など耳の病気にもなる可能性があります。
    鼻うがいが終わりましたら、頭を下に向けてお辞儀するようにしてください。左右に向けますと、残った水が出てきますので、それをティッシュでふいてください。
    出典 :花粉症、アレルギー性鼻炎に有効な鼻うがいのやり方-健勝堂薬局
  • これも中耳炎の危険性に繋がります。
    鼻の中に洗浄水が残っていたら、必ず鼻をかまずに自然に出すか、軽くかむ程度にどうぞ。

  • 鼻洗浄は1日何回ぐらいやればいい?

  • 人によって推奨する回数は異なるのですが、1日に1回でも非常に大きな効果が期待できます。
    花粉症の症状が酷く、鼻の粘膜に付着した花粉を洗い流したいと考えている方は、1日に2,3回でも構いません。
    ただし、それ以上行うと鼻に大きな刺激が加わるので、どんなに多くても3回が良いと思います。
    出典 :鼻うがいの回数
  • 早く治したいと思うとつい何回もやりたくなりますよね。
    焦らずゆっくりと徐々に洗浄していきましょう。

  • 鼻洗浄中は洗浄水や唾(つば)などを飲み込まないこと!

  • 鼻うがいをする際に、生理食塩水を鼻からゆっくりと注入していくのですが、この際に唾や洗浄液を飲み込もうとすると、耳管と呼ばれる部分に水分が入り込み、中耳炎の大きな原因となるのです。
    出典 :鼻うがいの注意点
  • 最初は難しいかもしれませんが、ゆっくり注意して行いましょう。
    やはり中耳炎への注意がとても重要ですね。