子宮頸がんについて~予防するためのワクチンとは~

子宮頸がんの原因となる、発がん性HPVを予防するためのワクチンについて解説していきます。

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ガンと言えば、身近な家族(両親)や親戚等にがんになった人がいるとなりやすいとよく聞きますが、
    子宮頸がん(しきゅうけいがん)については遺伝などとは全然関係なく、
    性交経験がある女性なら誰にでもなる可能性のある病気なのです。
    この子宮頸がんを予防するワクチンについて、解説をしていきます。

  • 年代別羅患数と死亡率 がんの種類別発症人数

     

    若い女性の発症率が増加傾向にあり、近年では20代後半から30代に急増しています。子宮頸がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

  • 子宮頸がんとは?

  • ヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100種類以上のタイプがあります。このうちの約15種類は子宮頸がん(しきゅうけいがん)の原因となることが多いため、発がん性HPVと呼ばれています。中でも、HPV 16型とHPV 18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症している20~30代の女性の約70~80%から見つかっています。
    発がん性HPVは、多くは性交渉の時に感染します。性器のまわりの皮膚や粘膜との密接な接触などによっても感染することがあるので、コンドームは感染を防ぐ有効な手段ではありますが、完全に防ぐことはできません。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|HPVとは -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    感染を完全に防ぐことができない、怖い病気。注意しましょう。

  • 子宮頸がんの人数 子宮頸がんに至るまで

     

    正常細胞が、発がん性HPVに感染すると、ほとんどは自然に排除されるのですが、
    一部は感染が持続してしまいます。ウイルスが排除されれば、正常に戻るのですが、
    それが保持されると、前がん病変となります。ガンに進まないものもあるが、
    これががん細胞になると子宮頸がんが発症します。

    HPV感染者女性の約0.15%の45万人が発症します。

  • 子宮頸がんの治療法

  • 子宮頸がん(しきゅうけいがん)の治療法には、主に手術療法、放射線治療、化学療法(抗がん剤による治療)があり、がんの進み具合やがんの部位、年齢、合併症の有無などによって治療法を決定します。初期のがんであれば、妊娠の希望を考慮することもできます。

    一般的に、がんになる前の状態(前がん病変(びょうへん))やごく初期のがんでは子宮頸部の異常な組織を取り除く手術(円錐(えんすい)切除術(せつじょじゅつ))を行います。進行した子宮頸がんに対しては、いくつかの治療法を組み合わせて行うこともあります。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|子宮頸がんの治療法 -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    3種類の治療法がある。また、それぞれの治療法を組み合わせて行う場合もある。

  • 子宮頸がんの予防方法

  • 子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、女性の命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまう、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診によってがんになる前に発見できる病気でもあります。
    子宮頸がんの検診や診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。現在では、社会の関心が高まり以前より自治体での実施傾向が見直されたり、結婚前のブライダル検診の一部に含まれるなど、さまざまな形で検診が可能です。2年に一度は、検診を欠かさずに受けましょう。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|まずは検診を受けましょう -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    まずは検診にて、感染していないかを事前にチェックすることで未然に防ぐこと。

  • 子宮頸がん(しきゅうけいがん)検診を受診する方法は様々で、金額も異なります。
    自治体が実施している住民検診は、保健所や自治体が指定した医療機関で受診する必要があり、対象となる年齢、実施時期にも制限がありますが、自治体からの補助があるため、比較的安く受診することができます。費用は自治体によって異なりますが、1,000~2,000円程度のところもありますので、一度自分の住む自治体へお問い合わせいただくことをおすすめします。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|検診の種類と費用 -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    1、000円~2,000円の費用で検診が出来ます。料金の詳細は、自分の住む自治体に問い合わせることで知ることができます。

  • 子宮頸がんを予防するワクチンとは?

  • 子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。
    感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。 しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|子宮頸がんの予防ワクチン -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    子宮頸がんの原因となるHPV、感染を防ぐワクチンがあります。
    HPVの感染を防ぐための3回のワクチン接種で、長期間のHPV感染を防げる。
    あくまでも、感染を防ぐだけで、がんの治療効果はない。

  • 3度ワクチン接種をすること

     

    子宮頸がん予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射されます。1~2回の接種では十分な抗体ができないので、半年の間に3回の接種が必要となります。
    ワクチンの種類によって接種時期が異なるため、必ず1回目に接種したワクチンと同様のものを2回目、3回目も接種してください。接種期間の途中で妊娠した際には、その後の接種は見合わせることとされています。

  • まとめ

  • 子宮頸がんについての現状と、発症まで、治療法と予防法についてを解説してきました。
    女性の皆さんに発症の恐れがあるので、注意しましょう。
    可能ならば、予防ワクチンの接種をお勧めします。