【洗い方】人に聞けないデリケートゾーンのまとめ【正しいケア】

人に聞く事が出来ない事だからこそ
まとめてみました
正しい洗い方を守りましょう

view664

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • デリケートゾーン

  • 正しい洗い方を知らないとなかなかケアのしづらい部分です。しかし、デリケートゾーンのケアが不十分だと、かゆみやにおいの原因になってしまいます
    出典 :人に聞けないデリケートゾーンの正しいケアと洗い方 - モデルプレス
  •  

    顔や体の洗い方は、雑誌やテレビでも(よく、頻繁に)紹介されていますから、多くの方が、ある程度ツボを押さえた洗い方をしていると思います。では、デリケートゾーンはどうでしょうか?同じ体の一部分なのに、友達同士でも、中々議題にのぼらないですし、人に教わる機会もなかったりしますよね。


    女性にとって大切な部分なのですが、実は適切なケアをしないまま、自己流で通してきた方は意外に多いのではないでしょうか。

  • におい・ムレ・かゆみ、多くの人が悩んでいます。

    一番多い悩みはニオイです。20代では半数以上の人が日頃からニオイを気にしています!その原因は男子の意見も!?
    かゆみに悩む人も多く、ニオイ・かゆみ両方気にしている方は30%、どちらかを気にしている方は60%近くにものぼります。また、年齢とともに乾燥も気になります。
    出典 :デリケートゾーンの基礎知識 | 女性の悩み特集 | デリケートゾーンケアのキュラス 【QURAS】
  • 独特のにおいってどうして起きるか

  • 皮脂腺と汗腺から分泌される皮脂と汗に理由があります。デリケートゾーンだけでなく、全身の皮膚には、皮脂を分泌する皮脂腺と、汗を分泌する汗腺があります。皮脂は、皮膚を保湿して守る働きがあり、汗は、主に体温を調整するという働きがあります。また、皮膚にはさまざまな種類の雑菌が常に付着しています。これらを、「皮膚常在菌」と呼びます。
    出典 :誰にも聞けない!?デリケートゾーンのお悩み解決方法 [ボディケア] All About
  • 陰部に多いのは、アポクリン腺です。アポクリン腺の汗も、汗だけではニオイの原因にはなりませんが、汗をエサとして雑菌が増殖してしまったり、分泌された皮脂が腐ってしまうことが、ニオイに繋がってしまうのです。

    デリケートゾーンのニオイは、汗や皮脂が臭っているわけではありません。一番の原因は、デリケートゾーンが不衛生になりやすいという点なのです。
    出典 :2/3 誰にも聞けない!?デリケートゾーンのお悩み解決方法 [ボディケア] All About
  • デリケートゾーンの洗い方

  • 当たり前ですが、デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いので、石けんやボディソープを直接塗るのではなく、手や泡立てネットで泡立てたもので、優しく洗います。ただ、洗顔と違うのは、細かい部分に垢や汚れがたまりやすく、シャワーで流したり泡をのせたりするだけでは中々落ちません。指の腹を使って、傷つけないよう気を付けながらもしっかり洗います。
    出典 :人に聞けないデリケートゾーンの正しいケアと洗い方 - モデルプレス
  • 前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗っていき、最後に肛門の順に洗っていくとよいでしょう。陰毛は、根元の肌をマッサージするようにしっかり洗い、最後に手で軽く毛の流れに逆らう様にひっぱり、抜ける毛は抜いてしまいます。他の体毛と同じく周期的に抜けるものなので、こうすることでショーツに抜け毛がつくのを抑えられます。


    続いて陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順に、こすりすぎに気を付けながらも、鏡でチェックして恥垢が溜まっていた部分を重点的に、指の腹を使って洗います。特に、陰核の包皮に隠れている部分や、大陰唇と小陰唇の間の溝は、恥垢が溜まりやすいので注意して洗いましょう。最後にシャワーですすぎ、恥垢などをしっかり洗い流します。
    出典 :人に聞けないデリケートゾーンの正しいケアと洗い方 - モデルプレス
  • 注意点

  • ごしごしこする
    デリケートゾーンの角質層はまぶたより薄い!やさしくこすらないで洗ってください

    石鹸で洗う
    デリケートゾーンは弱酸性。石鹸はアルカリ性なので、粘膜に負担をかけてしまいます

    薬用ソープで洗う
    殺菌剤がお肌に刺激になることがあります。
    出典 :デリケートゾーンの基礎知識 | 女性の悩み特集 | デリケートゾーンケアのキュラス 【QURAS】
  • デリケートゾーンのお手入れのポイントは、「いつも清潔に」

    アンダーヘアの処理を
    水着になったときなどに見栄えが悪いからだけではなく、ニオイの原因対策としてもアンダーヘアの処理は大切です。尿や経血、おりものなどがアンダーヘアに付着したまま放置されることで、不衛生になりがちだからです。また、痒みの原因の多くは、陰部に発生する雑菌ですが、アンダーヘアを短く整えておくことで、むれにくくなり、痒みの対策にもなります。アンダーヘアが下着と皮膚にこすれて刺激になることで、痒みの原因になっている場合もありますので要注意。
    出典 :3/3 誰にも聞けない!?デリケートゾーンのお悩み解決方法 [ボディケア] All About
  • おススメ石鹸

  • RoELe(ロエル)

  • アソコの臭い対策なら!

     

    超高級ダマスクローズピュアオイルをはじめとした
    12種類の自然由来オイルでアロマパック。
    これ1本で気になる臭いも不快感もすっきりリラックス!



    デリケートゾーン専用アロマ洗浄オイル

  • Angel Skin (エンジェルスキン)

  • アソコ専用のピーリングジェル

     

    デリケートゾーンケアの定番ジャムウを使いやすいパックに。
    悩んでいた臭いや黒ずみもさっぱり!

  • 東京ラブソープ

  •  

    石鹸ならこれ! 30万個以上も販売!
    元祖アソコ石鹸として有名な東京ラブソープ



    製薬会社が独自に調合『ロイヤルジャムウ』配合
    ジャムウとはインドネシアの民間伝承薬です。
    石鹸に配合する事で様々なアソコのお悩みを解消。



    フェロモン「オスモフェリン」やローズ配合石鹸。
    また美白作用『フラーレン』『バイオアンテージ』も