認知症予防に!暇つぶしに!脳トレをしよう

脳トレの問題を集めてみました。
脳トレは認知症予防にもいいですよ。
空いた時間にやってみましょう。

view5594

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳トレは認知症予防になるの?

  • 認知症を防ぐには脳トレーニングが良いことは知られています。

    簡単なパズルやドリルなどを使用したトレーニングが注目されていますが、その他にも麻雀や囲碁、将棋なども効果があると言われています。

    計算問題の脳トレが認知症に効果があるのは(改善されることがわかっています)認知症は左脳の血管に障害が生じるため、左脳を使用する計算問題が効果を生み出すと言われています。

    簡単な計算を繰り返す、一時ブームになった脳トレですが認知症予防には確かに効果がありそうです。
    出典 :認知症予防 脳トレ
  • 脳トレはただの暇つぶしではなく、認知症予防にもなりますね。

  • その他の効果は?

  • ニンテンドーDSなどで大ヒットした「大人の脳トレ」ですが、これは本当に効果があると思いますか?

    「効果があるorない」で言えば、間違いなく効果はあると言えます。したがって、実践する価値は必ずあると思って下さい。

    しかし脳の回転を鍛えるには、様々な能力が必要です。「記憶力」も1つですし、「理解力」も必要でしょう。「想像力」も大切ですし、「表現力」もあります。

    このように、様々な能力をバランスよく鍛えて「頭の回転が早い」となるのですが、脳トレに代表されるようなゲームでは、記憶力と理解力はアップするものの、想像力や表現力のアップには効果がありません。
    出典 :頭の回転を速くする・脳を鍛える9つの習慣 | ザ・チェンジ
     

    、記憶力と理解力のアップにはいいようです。

  • この脳トレーニングを、“不安”に長年に悩まされてきた10人に1週間、挑戦してもらったところ、驚くべき効果が得られました。不安なことを考え出すと、夜も眠れないと訴えていた人が、たった1週間で寝つきがよくなったり、「そんなことで悩みなさんな!」と他人を励ましたくなったりするようになったのです。
    出典 :ガッテンコラボ “不安病”を防ぐ!脳トレーニング  |NHK あさイチ
     

    不安病を治す脳トレ方法もあるようです。

  • 脳トレ問題集

  • いくつか脳トレサイトを紹介します。

  •  

    本も売っています。

  •  

    DSにもありますよね。

  • 日常生活でできることは?

  • 日常生活のなかで、できるだけ多くのことを同時に考えるようにすると、脳のトレーニングになります。
    具体的には、何かを映像として脳裏に焼き付ける訓練が有効です。買い物に出かけるまえに、冷蔵庫の中身を映像として焼き付ける。そして買い物の最中、脳内の映像を思い浮かべながら、不足しているものを買う。こういった訓練は効果的な脳活になります。
    出典 :脳のトレーニング方法~脳トレで頭を鍛える効果とは?
     

    早速、スーパーへ行く時に実行してみましょう。

  • 日頃手にするもので、格好の計算材料になるのがレシート。
    レシートを見て値段があっているか?ミスはないか?を細かくチェックして見ましょう。
    意外と間違っている場合って多いんですよね。
    あなたが損をしないためにも、脳トレーニングのためにもオススメです。
    出典 :脳トレーニング方法のご紹介! 右脳左脳別々に脳活性化する方法です。
     

    レシートだと普段もできそうですね。

  • 写真でも絵でもいいので、それを脳裏に焼き付けて、パッと目を閉じて、できるだけ忠実に脳内で再現してみる。これも有効な脳のトレーニングになります。
    出典 :脳のトレーニング方法~脳トレで頭を鍛える効果とは?
  • 買い物をするとき、値段を考えずに買い物カゴに放り込んで、レジで初めて値段を知るのがほとんどです。
    でも、大体の見当でもいいので、買い物をしながら計算をしておくと、レジに行ってからビックリすることもなくなりますし、脳も活性化されます。
    本当はぴったりに計算するとさらに効果的ですが、税込価格になった今、それはちょっと難しいですね。
    出典 :脳トレーニング方法のご紹介! 右脳左脳別々に脳活性化する方法です。
     

    お会計の時にドキドキしなくなるかも。

  • 車のナンバープレートは格好の脳トレーニング道具です。

    例えば、2桁ずつに分けて足し算引き算をしてもいいですし、1桁ずつ足してもいいでしょう。さらに切符のように10を作ろうとしてみてもいいでしょう。
    さらに、黄色、緑、白のナンバープレートごとにルールを決めて計算するとさらに効果的。
    例えば黄色が来たらその数字を丸暗記。次の黄色の時に思い出して、今度はその黄色のプレートを暗記、を繰り返す。
    緑が来たら2桁ずつに分けて足し算。
    白が来たら、4桁の数字として、その数字を2で割ってみる。
    など、ルールを決めると難しくなりますよ。
    さらに、慣れてきたらルールを変えてみましょう。
    出典 :脳トレーニング方法のご紹介! 右脳左脳別々に脳活性化する方法です。
     

    慣れるまではルールを思い出すのが大変かもしれません。

  • 電車の中や歩いているときなど、なんとなく頭が暇なときに、頭の中で簡単な計算をするのもいいですね。
    例えば、2から初めてドンドン倍々にしていってみる。何処までいけるか?これは3からでも5からでも、7からでもいいでしょう。思いついた数字からでも良いと思います。
    逆に、1から初めて半分に・・・も頭を使います。
    そのほか、一定のルールを決めて計算をしていくのも活性化になります。
    出典 :脳トレーニング方法のご紹介! 右脳左脳別々に脳活性化する方法です。
     

    できるときにやりましょう。