魚の目は、生活習慣病??

魚の目の最大の原因は、生活習慣からきていることが多いのです。一種の生活習慣病的なものです。

view600

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 魚の目の原因

  • 原因になる習慣は、同じ部分に無理な力が加わるということ。皮膚もそれに負けじと防御反応で、皮膚が硬化してしまうことです。皮膚の角質化です。そして、その角質化した部分の中央部分で芯が形成されてきます。
    そして中央部分が皮膚の内部に入り込んでゆきます。そして外部から見ると「さかなの目」にもにたあの状況に陥ります。
    出典 :原因:魚の目(うおのめ)の原因の除去と治療法
  • 魚の目の原因いろいろ

     

    皮膚が硬くなり魚の目の原因として考えられる例。
    ●歩き方に癖があったり、姿勢が悪いなど長期にわたっての同じ状態で酷使した場合にできます。
    ●自分の足にフィットしていない靴を履き続けていて、同じ部分に絶えず刺激が与えられている場合。
    ●高いヒールの靴のために足先に、過度に体重の負担がかかっていている場合。外反母趾との合併症も多い事例です。
    ●一番多いのがつま先が細いパンプスなどをはき続けた結果、一部分に力がかかり、その部分が硬化して魚の目に進行する場合です。

  • 魚の目の自宅での治療法

  • 比較的小さい魚の目の場合はドラックストアーなどで魚の目の患部に薬を貼るタイプの治療薬が市販されています。この治療薬を貼ることによって硬い皮膚が柔らかくなり、そして、魚の目の芯が取れます。治療期間は10日~2週間ほどかかります。しかし、健康な皮膚まで壊してしまうので使用には注意が必要です。
    薬が効かない、再発してしまった場合は、皮膚科に相談しましょう。
    出典 :魚の目予防と治療法
     

    無理は禁物です

  • 魚の目の専門治療

  • 魚の目の一番の治療法は皮膚科で専門医に診てもらうことです。皮膚科では魚の目の根の深さや大きさを調べ、魚の目の状態からいくつかの治療法が行われます。
    出典 :魚の目の治療法 | 健康診断結果の見方
     

    生兵法はけがの元です。

  • 魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと除去しないと完治しません。はさみや爪切りなどを使って、魚の目をえぐって取ろうとしてもは芯は取りきれません。
    中途半端な治療法では表面を削るだけなので、結局は何度も魚の目が再発してしまいます。皮膚を傷つけてしまい、ばい菌で化膿することもありますので、刺激を与えるのは控えましょう。
    出典 :魚の目の治療法 | 健康診断結果の見方
  • 皮膚科での治療

     

    ●サリチル酸メチルなどを含む薬を患部に塗って、ゆっくり時間をかけて治す方法もあり、こちらは軽度の魚の目の治療法になります。
    ●スピール膏を貼り、角質層がふやけて白く柔らかい状態にしてから、削り取る方法もあります。
    ●根が深い場合はレーザーで除去したり、手術をします。
    ●電波を発生させるサージトロンという機械を使って、温かいナイフでバターを溶かすように魚の目の部分を除去する治療法もあります。
    ● フットケアという魚の目の芯だけを除去する機械もあります。

  • 魚の目の専門医

  • 専門の皮膚科を受診して、魚の目を治療する場合の目安の金額ですが、受診料として1500円前後掛かります。
    後、魚の目ひとつにつき、メスなどでの除去手術を要する場合は6500円前後の費用が掛かります。これは保険適用されての料金となります。レーザーでの治療もありますが、一般的に保険適用外です。
    出典 :魚の目の治療料金てどれくらい?
  • 魚の目の予防法

  • 魚の目の予防法としてやはり靴が重要です。女性なら、自分のサイズにあった、なるべく先の部分が尖っていない、ヒール部が低い靴を履きましょう。そして、そこの薄い靴、サンダルをあまり履かない、アスファルトやコンクリートなどの硬いところを歩くならクッション性の高いスニーカーを履くなどを心がけることで魚の目ができる可能性がグンと低くなります。
    出典 :魚の目予防と治療法
     

    靴が重要です