お腹の赤ちゃんのためにも、知ろう風疹

妊娠中に風疹ウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんにさまざまな影響があるそうです。
風疹について調べてみました。

view579

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 風疹とは

  • まずは風疹という病気について

  • かつては、幼児や小学校低学年の子どもに多かった感染症ですが、
    今は大人、特に男性の間で感染しています。
    風疹にかかっている人のくしゃみや咳などの飛沫に含まれる風疹ウイルスによって移ります。
    主な症状は発熱、発疹、リンパ節の腫れ。
    出典 :妊娠中の風疹検査|プレママタウン
     

    子どもの場合は、ほとんど軽い症状ですみ、目立った症状のないこともあります。
    しかし、大人が感染すると重症化することがあります。

  • なぜ風疹は妊婦の大敵なのか

  • お腹の赤ちゃんを守れるのは、お母さんだけ

  • 免疫のない妊娠初期の妊婦が感染すると胎児に感染し、
    先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれるリスクが高くなります。
    出典 :妊娠中の風疹検査|プレママタウン
     

    過去の感染やワクチン接種で、ママの免疫がしっかりできていれば問題はありません。

  • 先天性風疹症候群とは?

  • 3大症状は先天性の心臓疾患、難聴、白内障。
    出典 :先天性風疹症候群 とは - コトバンク
     

    この他にも、歯の異常や中枢神経系の異常が見られることもある。

  • 妊娠を考えているなら、予防接種を

  • 妊娠を希望しているなら、医療機関で風疹の抗体の有無を調べてもらうか、
    抗体を既に持っている人が予防接種を受けても問題ないので、
    風疹抗体の検査なしで予防接種を受けることが早くて確実といえそう。
    出典 :【ストップ風疹】妊娠を考えているなら、早めの予防接種を|ゼクシィnet
     

    自治体によっては、補助制度がある場合も!

  • 特に注意が必要な年代

  • 以前は女性のみが中学校期に風疹の集団予防接種を行っていましたが、
    1995年に日本の予防接種法が改正され、
    改正後は男女とも1歳~7歳半の間及び、中学校期に接種することになりました。

    このため、1979年~1987年生まれの方は風疹の予防接種を受けていない確率が高く
    “空白世代”と呼ばれています。
    出典 :要注意!今流行中の「風疹」には意外な落とし穴があった(美レンジャー) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    この空白世代の女性が結婚・出産時期に入る2000年以降、
    妊娠時の風疹感染による胎児への影響が懸念されていた。

  • “一回かかったから大丈夫”は安心できない

  • 一度風疹にかかった人は、多くの場合、生涯風疹にかかることはないといわれています。
    ただ、子どものころ風疹にかかった記憶があるという方の中には、
    実際には「はしか」や「リンゴ病」など別の病気だったのを
    本人や親が勘違いしているケースも少なくありません。
    出典 :NHK NEWS WEB ストップ風疹 ~赤ちゃんを守れ~
     

    一度、抗体があるのかを調べてみて下さい。

  • 今妊娠中の人がするべき風疹対策

  • まずは妊娠初期に行う、風疹抗体検査を受ける。

  • 風疹抗体がない、低かった場合の対策

  • 妊娠初期の感染ほど、胎児へのリスクも高くなります。
    とくに妊娠12週までは可能な限り、人混みを避けましょう。
    20週以降の感染は重い障害になる確率は低くなりますが、
    念のため24週くらいまでは、できるだけ人混みを避けてください。
    出典 :妊娠中の風疹検査|プレママタウン
     

    やむを得ない場合は、ほかの感染症と同様に、マスク、手洗いを徹底しましょう。
    大切なことは家庭に風疹を持ち込まないこと。同居中の夫など家族にMR(麻疹風疹)ワクチンを接種してもらいましょう。

  • 赤ちゃんの健康のために