お腹の赤ちゃんのためにも、知ろう風疹

view591

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に風疹ウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんにさまざまな影響があるそうです。
    風疹について調べてみました。

  • 風疹とは

  • まずは風疹という病気について

  •  
     

    子どもの場合は、ほとんど軽い症状ですみ、目立った症状のないこともあります。
    しかし、大人が感染すると重症化することがあります。

  • なぜ風疹は妊婦の大敵なのか

  • お腹の赤ちゃんを守れるのは、お母さんだけ

     
  •  
     

    過去の感染やワクチン接種で、ママの免疫がしっかりできていれば問題はありません。

  • 先天性風疹症候群とは?

  •  
     

    この他にも、歯の異常や中枢神経系の異常が見られることもある。

  • 妊娠を考えているなら、予防接種を

  •  
     

    自治体によっては、補助制度がある場合も!

  • 特に注意が必要な年代

  •  
     

    この空白世代の女性が結婚・出産時期に入る2000年以降、
    妊娠時の風疹感染による胎児への影響が懸念されていた。

  • “一回かかったから大丈夫”は安心できない

  •  
     

    一度、抗体があるのかを調べてみて下さい。

  • 今妊娠中の人がするべき風疹対策

  • まずは妊娠初期に行う、風疹抗体検査を受ける。

  • 風疹抗体がない、低かった場合の対策

  •  
     

    やむを得ない場合は、ほかの感染症と同様に、マスク、手洗いを徹底しましょう。
    大切なことは家庭に風疹を持ち込まないこと。同居中の夫など家族にMR(麻疹風疹)ワクチンを接種してもらいましょう。

  • 赤ちゃんの健康のために