妊娠中のニキビ。。。どうやって治せばいい!?薬は大丈夫!?

妊娠中ニキビが出来てしまったらどうしたら
良いのでしょう・・・
塗り薬、飲み薬、赤ちゃんへの影響は!?
対策法をご紹介したいと思います☆

view6417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ妊娠中にニキビが出来るの!?

  • 妊娠中にできるニキビの一番の原因は、妊娠によるホルモンバランスの
    変化です。妊娠初期は、妊娠を継続するため二つの女性ホルモン
    (エストロゲンとプロゲステロン)が盛んに分泌されます。
    このうち、プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にするため、皮脂の
    分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせニキビの原因となります。
    出典 :妊娠中にできたニキビのケア方法 | スキンケア大学
  •  

    妊娠したことによるホルモンの変化や、肌が敏感になることで吹き出物ができやすくなると言われています。また、つわりによる嗜好の変化などで甘いものを食べ過ぎてしまったりでもニキビができてしまうということがあります。
    この場合は、妊娠後期~出産後までには治る場合が大半です。ステロイドを含む塗り薬の使用やビタミン剤の内服も控えたほうがよいとして、皮膚科を受診しても薬を処方されないということも良くあるようです。洗顔をしっかりする、敏感肌用のスキンケアに変える、ファンデーションの使用を控える、夜更かしや甘いもの、ジャンクフードの食べすぎを控えるなど、一般的に中学生高校生のニキビの時に気をつけることを試してみましょう。ニキビ肌用の化粧品・スキンケアは、妊娠中のニキビは思春期のニキビと違って皮脂の多さが原因ではないので、大人ニキビ用のものにしたり、化粧水や美容液で水分補給するようにしましょう。

  •  

    妊娠中のニキビ(吹き出物)の原因の一つとして、便秘によるものもあります。
    妊娠中の便秘でも説明しましたが、妊娠中はホルモンの影響やお腹の重みが原因で便秘になりやすくなります。
    便秘をすると、便が出ないことでのストレスや、体内に溜まった毒素を肌からも排出しようとするためにニキビができやすくなると言われています。

  • つわりがニキビの原因に!?

  • つわりになると、食べ物の嗜好が変化して、限られたものしか
    喉を通らなくなることがあります。
    人によっては、甘いものやスナック菓子などばかりを食べて
    しまうこともあります。

    甘いものやスナック菓子などは、皮脂の原料となり、これらを
    食べ過ぎると皮脂の過剰分泌をうながすことになります。
    それが原因で妊娠中にニキビができることもあります。
    出典 :妊娠中にニキビが増える理由
  • ニキビに効くサリチル酸は!?

  • ニキビに困っている人が皮膚科に行くと必ず
    処方されるといっていいのがアクアチムローションと
    サリチル酸ワセリンになります。

    アクアチムローションは同じフロキサシンという抗生物質の入った薬
    そしてサリチル酸ワセリンはそのままサリチル酸という成分が
    主体になります。

    注意するべきなのは妊娠中の人は抗生物質が入っているので、
    アクアチムローションは塗布するのやめておいた方がいいでしょう。
    出典 :妊娠中のニキビにサリチル酸は有効か?皮膚科で処方される薬について | 美人オーラバイブル
  • 塗り薬は赤ちゃんに影響ある!?

  • 副作用がないとはいえサリチル酸ワセリンは塗り薬です。

    何らかの影響が赤ちゃんに出るかもしれませんので後悔
    してからでは遅いです。

    薬を塗る代わりにきちんと1日2回洗顔すること
    これを徹底してください。

    その方が安全ですし早くニキビを撃退することができます。
    出典 :妊娠中のニキビにサリチル酸は有効か?皮膚科で処方される薬について | 美人オーラバイブル
  • 妊娠中でも出来るケア方法は!?

  • 妊娠時は薬を服用することができないため、にきびがひどい場合は
    産婦人科などで相談してにきび用漢方薬を服用することです。
    抗生物質もにきびの薬ですがあまりつけないほうがいいのでは
    ないでしょうか。
    妊娠にきびは、妊娠したことによって食べものが変ってしまったことで
    栄養のバランスが崩れたり偏った食事をしがちなためにおこってしまい
    がちです。そして、妊娠中は肌も敏感になっています。
    なるべく偏った食事にならないようにバランスよく食事をすることで
    自然と妊娠にきびは治ってくると思います。
    出典 :にきび対策
  • 妊娠中にニキビができても、胎児への影響を考えて、使用できる薬は
    制限されてしまいます。皮膚科へ相談してもアダパレンの塗り薬や
    抗生剤の内服薬は処方してもらえない場合もありますが、ひどい場合は
    医療機関へ相談しましょう。
    症状が軽い場合は、セルフケアで乗り切るのも一法です。

    セルフケアの目標としては、「現状を悪化させないこと」と、
    「ニキビ跡を残さないこと」くらいが丁度良いと思います。
    妊娠中のお肌はとても敏感なので、刺激の少ないスキンケアを心がけましょう。
    できるだけバランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレス発散など、
    おなかの赤ちゃんにとっても快適な環境がニキビケアにも効果的です。

    また、妊娠中はニキビができても安易にサプリメントやビタミン剤で
    補うのはよくありませんので、バランスのとれた食事の中で、必要な
    ビタミンやミネラルも補うのが理想です。脂っこいメニューは避け、
    野菜を多めに摂ることが、バランスを整えるコツです。

    そして、十分な睡眠をとるためにも、のんびり散歩するなど適度に体を
    動かすようにして、ストレスを溜めない工夫をして下さい。

    出典 :妊娠中にできたニキビのケア方法 | スキンケア大学
  • ①ホルモンバランスをなるべく整える
    ニキビだけでなく、つわりを抑える意味でも重要です。
    よく聞くのが骨盤体操!骨盤は本来動きのあるもので開閉を
    しながらホルモンを分泌します。
    この骨盤が固くなるとホルモン分泌がくるうサインと言われて
    いるので、腰を回したりお尻歩きなどを積極的に試してください。

    ②角質を改善しよう
    ヨーグルトパックも効果的です。

    毛穴が開いたところに、プレーンヨーグルトを塗りこみ
    ラップをすれば出来上がりです。
    とくに、お風呂などで温まって身体を洗った後にやると
    毛穴が空いてとてもいいです。
    普段よりも肌が敏感になっている妊娠中は気お付けておこなってください。
    出典 :妊婦さんのニキビ | ニキビ治療センター
  • 丁寧な保湿をしましょう☆

  • 妊娠中は、通常なら問題にならないちょっとした薬剤が、
    胎児の発育に大きな影響を与えることがあります。
    ですから皮膚科へ行っても、通常のニキビ治療に処方する
    ステロイドを含む塗り薬やビタミン剤などは、処方してもらえません。
    またもし妊娠前に皮膚科でもらっていた薬がある場合でも、それを
    妊娠中に使っていいかどうかは医師に相談する必要があります。

    ですから妊娠中のニキビには、ていねいにスキンケアを行い、
    悪化させてニキビ跡を残さないよう心がけましょう。

    妊娠中は肌もデリケートになっているため、化粧水でしっかり
    保湿するのがおすすめです。
    出典 :妊娠中にニキビが増える理由
  • ニキビ治療は受けられる!?

  • 通常であればビタミンA誘導体を使用する場合でも、妊娠中の
    ニキビ治療につかうと催奇形性(胎児に寄生が発生する可能性があること)の
    報告もされています。 そのため、妊娠中、または妊娠希望の方は
    ビタミンA誘導体は使用してはいけません。
    出典 :妊娠中や妊娠したいときニキビ治療は受けられる? | ≪ニキビケア研究所≫一生ニキビを作らないニキビ対策