ネイルをする前に知っておきたい【爪の病気】

ネイルをする前に知っておきたいのは爪の病気
爪は色々な健康のバロメーターになるのです

view681

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薄くて剥がれる場合

  • 爪が弱くなると薄くなってはがれてしまう事があります。
    これは貧血が原因と考えられているそうです。
    二枚爪の治療に行った人に貧血が発覚したなんてことも珍しくはありません。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    貧血気味な人は要注意かもしれません

  • ●肉類
    豚・鳥・牛など肉類のレバー・赤身の肉

    ●魚介類
    牡蠣(カキ)・シジミ・アサリなどの貝類やイワシ・煮干し・青魚

    ●野菜
    ひじき、青のり、パセリ、ほうれん草、海藻類、大豆
    出典 :貧血に良い食べ物・食事・貧血の症状・原因|貧血|病気・症状チェック
     

    これらは貧血に効果があります
    積極的に摂取しましょう

  • 爪のあたりが赤くなる場合

  • 皮膚筋炎の初期症状と呼ばれています。
    炎症を起こす事で力が入らなくなります。子宮や皮膚などの悪性腫瘍が関連している
    という報告もあったようです。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    女性なら一度は確認してみるべきかもしれません

  •  

    絶対そうとは限らないので考えすぎないようにしてください

    考えすぎのストレスの方が、ホルモンバランスに影響があり
    身体に影響がありますよ

  • 爪に黒い筋が入る場合

  • 皮膚のがんの一種のメラノーマの可能性があります。
    悪性の腫瘍やメラニン色素の増加、副腎低形成等の可能性があると言われています。
    黒褐色が縦線上に入っている場合は爪下悪性黒色腫の疑いがあると言われています。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんが、メラノーマです
    移転を起こし死亡率も高いと言われています

  • 縦の筋が出る場合

  • 肝臓機能に異常が出ると表面に縞状の縦の筋が出てくることがあるのです。
    光の加減で見えなかったりするので、色々な角度で見てみると見つかるかもしれません。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    角度次第なので、あんまり気にしすぎない方が良いかもしれません

  • 爪の色が黄色みがかっている場合

  • 爪甲剥離症や新陳代謝の低下、リンパ系の疾患などの可能性があると言われています。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    リンパ系の疾患の場合は悪性の場合が危険です
    ただし、良性の場合がほとんどです

  • 爪の表面が青紫色になっている場合

  • 肝疾患や先天的な疾患によるものといわれています。青紫なのが特徴です。
    チアノーゼ状態が考えられるとして、悪性の貧血や心臓疾患などの可能性もあるようです。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    チアノーゼは貧血による状態です
    顔色が悪い、唇紫色だよって
    チアノーゼですよそれ

  • 爪の表面が赤色になっている場合

  • ピンク色あたりは問題ないのですが、赤色になっている場合は多血症と言われています。
    脳血栓や心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。
    発熱性の肉芽腫や皮膚疾患、ネイルプレートの下の出血が原因の事もあるようです。
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    指を挟んだ時に出血するのもコレです

  • 爪の表面が白濁している場合

  • 全体的に白く濁っていると肝硬変や腎不全、糖尿病の可能性があると言われています
    出典 :ネイル~総合知識~
     

    早めに生活習慣を治す必要がありそうです

  •  

    これはあくまでも参考までにしてください
    爪にも色々あります
    気になったら調べてみると良いでしょう
    しかし、気にしすぎは禁物です

    病は気からですよ