ローズオイルで【リラックス&美容&エチケット】

ローズオイルの効果をまとめてみました
体臭が気になる人も必見ですよ

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ローズオイルは

  • ローズオイルの主成分である香気成分「ゲラニオール」は抗菌、抗不安、皮膚弾力回復などの働きがあり、ブルガリアでは市民の間で民間薬として古くから親しまれてきました。古くから愛されるローズオイルは、リラックスだけでなく、美容、エチケットなど様々な分野で効果を発揮します。
    出典 :ローズオイル | 成分情報 | わかさの秘密
  • ローズオイルの健康効果

     

    ◎体臭を抑える効果
    ◎リラックス効果
    ◎美容効果

  • 美容オイルの特徴

  • 美容オイルのスキンケア効果として挙げられるのは、肌を柔軟にしてくれること。
    人間の皮膚の隙間を埋めている角質幹細胞脂質が油性のモノと親和性が高いのがその理由です。

    またその中に、ビタミンやミネラル、必須脂肪酸、抗酸化作用成分が含まれているのも大きな特徴!
    肌のうるおいを閉じ込めつつ、自身の栄養をもってスキンケアしてくれる優秀アイテムです。
    出典 :美容オイルの楽しみ方をマスターしたい! | 35-45 WOMAN
  • バラの歴史

  • バラ(薔薇)はバラ科バラ属の種の総称で、バラ属の植物は灌木[※1]、低木、または木本性のツル植物で、葉や茎にトゲのあるものが多いのが特徴です。古くから薬効があるといわれ、摘みたてのバラの花びらはお茶やお酒、ジャムなどにも使われてきました。北半球の温帯域に広く自生しており、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが生産地であるといわれ、ここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播したといわれています。香りの世界では「女王様」と呼ばれているバラですが、バラが地球上の各地に現れたのは、5000万年以上前といわれています。
    出典 :ローズオイル | 成分情報 | わかさの秘密
  • もっと詳しく効果

  • 体臭を抑える効果

     

    体内にローズオイルを取り入れた際、皮膚から放出されるローズの香気成分量は30~60分で最大になり、180分までその拡散が継続するという研究結果が出ています。

  • リラックス効果

  • 美と健康を手に入れるための自然療法の1つとして、古くから「アロマテラピー」が親しまれてきました。アロマテラピーではダマスクローズが使用され、精油(ローズオイル)をブレンド・希釈して使用します。精油には、その豊満な香りがもたらすリラックス効果でストレスや緊張をやわらげる働きがあります。香りは脳の本能を司る部分(大脳辺縁系)に直接働きかけるので、心のリラックス効果をもたらすのです
    出典 :ローズオイル | 成分情報 | わかさの秘密
     

    ストレス社会にも適応していますね

  • 美容効果

  • ローズオイルは女性のホルモンバランスを整え、心身共に健やかにする働きが知られています。女性ホルモンの乱れが引き起こす症状として、生理不順、生理痛、月経前症候群(PMS)、更年期症状などが知られています。ローズオイルの香気成分ゲラニオールは、大脳辺縁系を通してホルモン分泌をコントロールする視床下部に伝わり、その下にある脳下垂体を刺激して性腺刺激ホルモンの分泌を促します。この性腺刺激ホルモンが血流を通って卵巣に到達することで、卵巣からエストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。このような働きにより、これらの女性特有の症状を緩和するともいわれています。
    出典 :ローズオイル | 成分情報 | わかさの秘密
     

    女性特有の症状の緩和
    これは結構大きいポイントになる人も少なくはないはず

  • その他ローズオイルの働き

  • ローズオイルは他にも様々な働きを持ちます。
    美容系…肌の調子を整える、保湿効果、抗菌作用、血流改善、ニオイ抑制、毛髪育成、抗アレルギー作用
    精神系…脳の活性化、幸福感を与える、自律神経を整える、リラックス効果
    婦人科系…子宮強壮、女性ホルモンの働きを正常化
    消化器系…食欲増進、胃炎抑制、便通改善
    中枢神経系…免疫力を高める、頭痛、発熱を抑える
    疾患…抗炎症作用、耳痛・耳鳴りを抑える
    その他…記憶力の上昇
    出典 :ローズオイル | 成分情報 | わかさの秘密