食べても太らない「ダイエット体質」になる方法って・・・あるの?

食べても食べてもなかなか太らないなーって人、周りにいますよね?
不思議だなって思いませんか?
実はアレ・・・秘密があったみたいなんです!

アナタも食べても太らない「ダイエット体質」になれるかもしれませんよ♪

view2181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「痩せの大食い」

     

    痩せの大食いと呼ばれる、いくら食べても太らない体質を持つ人たちの多くは、消化器官にその謎を解く鍵があるようです。実は、消化器官の中にある"弁"と呼ばれる、血液や食物の移動を調整するストッパーの造りが緩くなっているためと考えられています。弁がきつくできている人は、食物の移動に時間がかかり、ゆっくり消化・吸収されるのですが、食べても太らない体質の人たちの消化器官は弁がゆるいため、食物が消化器官に留まる時間が短く、食べた栄養が吸収されにくいんだとか。

    引用)http://slism.jp/communication/clm-yase-ogui.html

  • なるほど・・・体の作り自体に特徴があるわけですね。これはちょっと真似できないです・・・。

  • 食べても「太らない」体にするためには?

  •  





     「血流」を良くする。

  • 血液の流れが悪くなると酸素・栄養素の供給はもとより、老廃物や毒素の除去に支障がでてきます。リンパ液の流れは滞り、むくみや冷えも起こってきます。体が冷えれば酵素の働きはますます低下するので、代謝は著しくダウン。疲れが取れない、体調が悪くなる、脂肪が蓄積されやすくなるなど、さまざまなありがたくない症状が発生。しかも、ますます血行不良に…。
    出典 :巡りのいいカラダづくりのための内外ケア-血流をよくして代謝アップ!│ナターシャ・タイムズ 最新のホリスティック/酵素栄養学をベースにした健康管理&ダイエット情報-
     

    脂肪も老廃物も溜まっちゃうなんて・・・血の巡りは大切なんですね。

  •  




     
     「褐色脂肪細胞」を活性化させる。

  • 褐色脂肪細胞は、気温の変化や外部の刺激からカラダを守るため、体温を一定に保ちながら余ったエネルギーを熱利用して放出し、肥満を予防してくれる細胞です。痩せの大食いタイプは褐色脂肪細胞の働きが高く、栄養分を分解し、体のエネルギーを熱として放出するため食べても太りにくいと言われています。反対に、食べた分だけ太ってしまうという人は、褐色脂肪細胞よりも白色脂肪細胞に栄養が送られてしまい、褐色脂肪細胞の働きが鈍っているようです。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
     

    燃焼しやすい体になれるんですね!

  •  





     


     「筋肉」をつける。

  • 筋肉をつけると、そのぶん基礎代謝の量が上がるという効果もあります。これは、筋肉がエンジンのような役割をして、体に入ってくるエネルギーをしっかり燃焼してくれるからです。基礎代謝量を上げておくと、ダイエットをやめ食事量を戻した後も、リバウンドしにくくなります。「小食なほうなのに、なぜか太ってしまう」という人には、基礎代謝量が少なく太りやすい体質の人が多いものです。生まれ持った体質は一生変わらないと思い込んでいる人も多いですが、運動で筋肉量を増加させれば、そのぶん太りにくい体質になれるのです。
    出典 :食べても太らない体をつくる | ダイエット方法ガイド
     

    基礎代謝を上げる!これも“燃焼系”ですね~。女性は簡単にマッチョにはならないので、筋トレはオススメです♪

  • 【女性専用】二の腕(上腕三頭筋)の引締めトレーニング(泉栄子) - YouTube

     

    女子なら“ここ”も引き締めたいとこですよね!チャレンジ!

  • 良い姿勢を常に保とうとすることも、筋力の維持に役に立ちます。だら~っとしないでピシっといきましょう!

  •  





     「自律神経」の働きを整える。

  • その他、腸の状態が悪いと、きちんと栄養が体に送られず「脂肪」になってしまったりするそうです。TVに出てくるフードファイター?のような「痩せの大食い」に変身することはできないようですが、これらに気をつけて「太りにくい」体を手に入れましょう!