自分にあった良い選び方を【産婦人科選び】ポイントをおさえよう!

産婦人科を選ぶのは大切な事です
それならポイントを押さえて自分に合わせた場所を
選びましょう

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 選ぶのは早いが良し!

  • 産科医の数が減って出産場所が減っている、というニュースをご存じの方は多いと思います。それは本当のこと。それだけに、今、多くの出産施設では分娩が予約制です。あまりゆっくりしている時間はありません。妊娠に気づいたら、すぐに時間をやりくりして産院選びにとりかかりましょう。
    出典 :産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
     

    医師が減っているのです!

  • 周りの評判に耳を傾けることも大切だけど、産婦人科に行くのはあなた自身。要は、自分がどう感じるかがポイントなのです。納得いくまで下調べして、希望に一番近い施設を見つけてください。
    出典 :産婦人科控室/産婦人科選びのポイントは? 産婦人科デビュー.COM/妊娠・出産・不妊症・胎教など
     

    きちんと見つけましょう!

  • 種類も知っておこう

  • 助産院

    助産師さんが開業している施設。アットホームな雰囲気だが、緊急時の対応がなかなかできない。手術や検査などの医療行為は一切行わない。

    個人医院・個人病院

    健診から分娩まで同じ医師が担当することが多く、産科専門の設備は完備され母親学級なども充実していますが費用が高め
    出典 :産婦人科選びのポイント | べびとら[Baby*trust]
  • 総合病院・大学病院

    産科以外の診療科目も充実しています。
    特にリスクを抱えたプレママ・赤ちゃんには安心。同じ医師が担当になることがすくない。
    受診者が多いため、待ち時間が長くなる傾向にある。
    出典 :産婦人科選びのポイント | べびとら[Baby*trust]
     

    待つのは苦手な私はだめかも

  • 費用は大体場所別でこれくらい

  • 大学病院・
    総合病院 約40万円

    公立病院 約30万円

    専門病院・
    診療所 約35~100万円
    (平均約40万円

    助産院 約33万円
    出典 :産婦人科控室/産婦人科選びのポイントは? 産婦人科デビュー.COM/妊娠・出産・不妊症・胎教など
     

    あくまでも目安です

  • お金はどうしてもかかるもの

     

    どれくらいかかるかは場所によって違いますが
    もちろん少ない方が良いわけでもないでしょう

    おかねは気にしない方が良い!
    っていう時もあるのですよ

  • 選びかたのポイントはこれ!

  • 自宅(里帰り場合は実家)のすぐ近くで産みたいと思う人は多いのですが、そんなに近い必要はありません。お産は夜に入院しても生まれるのは朝になるくらいの長さが普通なので、一般的に、1時間くらいで移動できればよいと考えられています。
    出典 :産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
  • 危険性が高い「ハイリスク妊娠」に当たる人は、緊急事態の対応に強い、マンパワーのある大きな病院での出産がすすめられます。ハイリスク妊娠に対応できる病院は「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」の指定を受け、多くがNICU(新生児集中治療室)をもっています。
    出典 :産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
     

    合わない場所にすると苦労しますよ?

  • ◦家から近い
    ◦評判がいい
    ◦入院生活が個室
    ◦建物や設備がきれい
    ◦総合病院だから安心
    ◦実家が近い
    ◦立会い出産ができる
    ◦スタッフがやさしい
    ◦LDRで出産できる
    ◦母児同室
    ◦医師が女医か
    ◦母親学級がある
    ◦分娩方法が選択できる
    ◦性別を教えてくれるかくれないか
    出典 :産婦人科選びのポイント | べびとら[Baby*trust]
     

    ざっくりでもこの辺は押さえておきたいポイント!

  • http://www.sanfujinka-debut.com/hikae/nin03.html(一部引用)

     

    産婦人科によっては、立ち会い出産や母乳育児、出産後の母子同室など、様々なものに力を入れています。また、退院後の母子支援に積極的かどうかも選ぶポイントです。

  • ◦口コミ
    ◦インターネット
    ◦タウンページ
    ◦雑誌や書籍
    ◦かかりつけの病院での紹介などがあります
    出典 :産婦人科選びのポイント | べびとら[Baby*trust]
     

    こんなものを活用しても良いかもしれませんね