保湿しても解決しない、冬の乾燥肌のお手入れ方法

乾燥の激しくなる季節。保湿だけでは改善されない乾燥肌。他に劇的に防いでくれる方法ってあるの?
色々まとめてみました。

view328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬場の乾燥は保湿だけでは解決しないワケ

  • 乾燥の要因は一つではない

     

    秋冬のお肌の乾燥は、湿度が低下する上に室内は暖房が効いていて乾燥した空気の中で過ごすのも一つの理由ですが、もう一つ大きな原因がある。

  • 汗をかかないことです。実は汗にはお肌のうるおいをキープする上でとても重要な役割をしていることが分かっています。エジプトのように空気が乾燥していても気温の高い地域では、日本の冬のように乾燥肌に悩まされる人はあまり多くありません。

    つまり、日本の冬は空気の乾燥と、気温が下がって基礎代謝が低下し汗をかきにくくなるダブルパンチで、保湿を強化しても解消されないやっかいな乾燥肌に悩まされるのです。
    出典 :保湿しても解決しない、冬の乾燥肌のお手入れ方法6つ [美ログ] スキンケア大学
  • 汗は美容成分の宝庫

  • 汗にはお肌のうるおいをキープするために重要な3つ成分が含まれています。

    一つは尿素。尿素はお肌の中で水分を保持するスポンジのような役割をします。尿素配合クリームなどというものが発売されていることからも、その保湿効果の高さはお分かりいただけると思います。

    もう一つがミネラルで、微量なカルシウムやマグネシウム、カリウムなどが含まれます。「毎日温泉に入る人のお肌がキレイ」などと言いますが、これも温泉に含まれるミネラルのおかげで、中でもマグネシウムは肌内部のセラミドの合成を促進すると言われています。

    最後は乳酸で肌表面を弱酸性に保つ働きをします。
    出典 :保湿しても解決しない、冬の乾燥肌のお手入れ方法6つ [美ログ] スキンケア大学
  • キレイなお肌を維持するためには、弱酸性を保つことがとても重要なのですが、汗をかかなくなると弱酸性が保たれにくくなります。例えば、固形石けんなど弱アルカリ性のもので顔を洗っても正常なお肌は1〜2分で弱酸性に戻ります。この弱酸性に戻しているのが汗に含まれる乳酸なのです。
    出典 :保湿しても解決しない、冬の乾燥肌のお手入れ方法6つ [美ログ] スキンケア大学
     

    肌機能の改善は弱酸性から

  • 間違った洗顔も乾燥の原因に

  • 乾燥肌を招くNGな洗顔方法

     

    •洗顔に使うお湯の温度が高すぎる。
    •肌をゴシゴシこするように洗っている。
    •クレンジング+石けん洗顔のW洗顔をしている。
    •入浴や洗顔からスキンケアまでの時間が空きすぎている。
    •洗顔後、化粧水は使っても、クリームやオイルなどの油性化粧品を使っていない

  • 熱すぎるお湯は肌のバリア機能を壊してしまうので、洗顔には30〜35度くらいのお湯を使いましょう。ゴシゴシこするように洗うのは、肌を傷めてしまうので避けて下さい。

    また秋冬の乾燥肌は「水分」と「油分」の両方が不足している状態なので、クレンジング+石けん洗顔の“W洗顔”では必要な油分まで取り去ってしまう可能性が。石けん洗顔のみ、もしくはクレンジング洗顔の後にぬるま湯で洗うようにし、“洗いすぎない”ように注意します。そして洗顔後のスキンケアは、肌から水分が抜けてしまう前にできるだけ早く行うのがポイント。化粧水だけでなく、不足した油分を保湿クリームやオイルでも補って下さい。保湿には“蒸しタオル”でパックするのも効果的です。
    出典 :まずは正しい洗顔から カサカサお肌から脱出するための「乾燥肌」対策 - はてなブックマークニュース
  • それじゃ、保湿の他に
    乾燥肌を劇的に防ぐ方法は?

  • 体の中から乾燥肌を改善

     

    •ビタミンA(皮膚の潤いを保ち、傷ついた粘膜を回復させる)を含む食材 ◦ほうれん草、小松菜、ニラ、にんじん、菜の花、うなぎ、レバー

    •ビタミンB2(皮膚の新陳代謝を促し、粘膜を強くする)を含む食材 ◦レバー、うなぎ、卵、チーズ、納豆、サバ、カレイ、ししゃも

  • 乾燥肌対策の基本は肌を傷つけない丁寧な洗顔と保湿、そしてバランスの良い食事

  • 冬のお手入れポイント

  • 冬の乾燥肌と汗には重要な関わりがある。保湿ケアと併せて、おすすめのお手入れ方法を行うと良い

     

    1)体を動かしてじんわりと汗をかくことを習慣にする
    2)体を冷やさないようにする
    3)辛いものを食べて発汗を促す
    4)お風呂に入るときは洗顔を先に済ませ、入浴後は洗い流さない
    5)スキンケアでは弱酸性の化粧水などを多めに使う
    6)洗顔の最後に2Lに対して小さじ1/2程度のにがりを混ぜたぬるま湯ですすぐ(マグネシウムの補給)

    冬の乾燥肌に悩まされる方は是非お試しください。


    http://www.skincare-univ.com/daily/column/001621/