若返り遺伝子を目覚めさせる【空腹力ダイエット】とは

20代の頃はすぐ痩せたのに(←30代の戯言)。30代の頃はもっと痩せてたのに(←40代の戯言)。若いと痩せやすいんですね。若返り遺伝子を目覚めさせてダイエットと若返りに成功した南雲先生は、空腹ダイエットを提唱しています。まとめてみました。

view552

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 現代人の病気の多くは、食べ過ぎが原因だった。

  • 痩せる、若返る、健康になる!

     

    食べ過ぎは、血液の汚れや、体の冷えを招き、免疫力の低下につながる。
    脳の働きも停滞させる。
    そもそも人間は、飢餓状態には強くできているが、
    飽食に対処する機能を、あまり持ち合わせていない。
    いまこそ「空腹力」を発揮し、本来の能力、健康を取り戻そう。
    本書は、ユニークな食事療法で知られる石原式養生術の決定版である。

  • 南雲先生は一日一食を提唱

     

    余分に蓄えた内臓脂肪を燃やすコツは3つある」と南雲氏は言う。
    1つ目は、空腹になることだ。内臓脂肪は、空腹になったときのための備蓄。だからお腹が空けば、脂肪を燃やす回路が働き始める。

  • 空腹のメリットとは

  • 若返り遺伝子(サーチュイン遺伝子)が目覚める

     

    食事量を減らすことでサーチュイン遺伝子が活性化すると、少ない量の食事からでも栄養を完全に吸収するようになる。さらに、食事量が少ない分内臓への負担も軽減され、サーチュイン遺伝子とのダブル効果によって、健康・若返りが期待できる

  • 南雲先生はかく語りき。

     

    昼間に食べないと、夕方にはお腹がペコペコだ。すると若返りホルモンである成長ホルモンが出てきて、肌と粘膜が若返る。それから、若返り遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活動を始めて、細胞が若返る。さらに脂肪細胞の中からアディポネクチンというホルモンが出て、血管が若返る。

    空腹こそが若返りの秘訣だ。

  • 空腹力ダイエットをしてみよう!

  • 「最近の人は、本当の意味で空腹になることがない。実際にはまだ空腹ではないのに、昼になると“空腹感”を感じてしまう。これは脳が見せる幻想。現代人は、幻想に踊らされている」と南雲氏は指摘する。

    出典 :40代以降の健康の秘訣はコレだ! 昼間のプチ節制で、一生おいしく食べられる | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
  • 朝食は抜くか、野菜。

     

    朝に何か食べたければ、野菜を食べればいい。もし野菜が苦手なら、ミキサーにかけて野菜ジュースにしよう。野菜をまるごと食べる方がいいので、ジューサーではなくミキサーを使う。ミネラルウォーターとオリーブ油をちょっと入れて、味が薄ければ塩コショウで味付けするといい。タバスコをふってもいい。

  • 本当は、朝は何も食べない方がいい。夜の間は絶食状態だから糖質が枯渇して、脂肪回路に切り替わっている。ところが朝に糖質を食べると、そこで糖質回路に切り替わってしまう。
    出典 :40代以降の健康の秘訣はコレだ! 昼間のプチ節制で、一生おいしく食べられる | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
  • お昼は糖質を避け、お肉を食べる。

     

    「『肉ばかり食べるとアシドーシスといって血液が酸性になる』というのは、その通り。血液が酸性になるから頭がかっかして、戦うのにはいい状態になる」とのこと。だから、日中に仕事モードになるためにも、糖質を食べない方がいい。

  • 昼に糖質を食べないことだ。昼食を抜くか、それが無理なら低糖質の食事にすればいい。糖質をいったん枯渇させると脂肪回路が回りだして、内臓脂肪が燃え始める。
    出典 :40代以降の健康の秘訣はコレだ! 昼間のプチ節制で、一生おいしく食べられる | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
  • ダイエット開始から2ヶ月たったので空腹に耐える精神力がつきました。おなかへったよーでもがまんしてねる
     

    えらい!

  • 集中力を高めることによって摂食中枢が抑制される。空腹のほうが集中力や記憶力が高まる。食事を取るタイミングを逃して一日一食になる。修論ダイエット。
  • 南雲 vs 高須 ! ダイエット法戦国時代!

     

    その「健康法」では早死にする を発売した高須クリニックのドクター高須。
    著書で高須氏は「空腹でサーチュイン遺伝子」は間違い、と否定。
    両著作を並行して読んでみると面白いかもしれません。