100日目に行う「お食い初め」とは何?

お食い初めを知っていますか?日本では昔から行われてきた風習ですが、願いを込めるもののようですよ

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お食い初めとは

  • 「お食い初め」とは、生後100日目に赤ちゃんに初めて食べ物を与える儀式のことです。地域によっては110日目、120日目などに行うところもあり、「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」とも呼ばれます。
    出典 :お食い初め - gooベビー
     

    色々な呼び方があるのですね

  • 赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。
    出典 :お食い初めとは やり方順番
  • 古くからのしきたり

     

    しきたり通りでなくても、料理屋さんなどでお祝いをされている所もあるようですよ。日本では色々な儀式がありますね。古くからの言い伝えを守りぬいているのも日本の良い所ではないでしょうか

  • 生後100日目の数え方や計算の仕方も気になるところですよね。こういった子供の儀式で日数を数える場合は、生まれた日を1日目として計算するようにしましょう。
    出典 :よく分かる!お食い初め・御百日祝いの由来と意味、メニューや食べる順番
     

    このようにして計算してみましょうね

  • 当日は

  • 当日は親族が揃い(双方の両親を自宅に招き)、赤ちゃんのために祝い膳を用意して、親族で一番長寿のおじいちゃん・おばあちゃんがひざに赤ちゃんを抱き、食べるまねをさせます。祝い膳は、地方によって多少異なりますが、赤飯にタイなどの尾頭付きの焼き魚が定番です。
    出典 :お食い初め - gooベビー
  • お膳はお嫁さんの実家から贈るしきたりとなっています。最近は特にこだわらず嫁ぎ先や、ご本人がご用意されているようです。男の子用は総朱で男紋(定紋)を金か黒漆で入れ、女の子は黒内朱で女紋を銀で入れます。 最近では、黒漆や銀で家紋を入れず、ほとんど金で入れるようになってきています。
    出典 :お食い初めとは やり方順番
     

    祝い膳の足は男の子は低く、女の子は高くなっているそうです

  • 献立は

  • •鯛など尾頭つきの魚(地方により、ホウボウ科の金頭用いたりする。)•赤飯(季節によっては栗ごはんや豆ご飯でも大丈夫です。)•汁物(鯛や鯉の入ったお吸い物や蛤のお吸い物が基本ですが、ベビー用のスープを使う家庭も増加しています。)
    出典 :よく分かる!お食い初め・御百日祝いの由来と意味、メニューや食べる順番
  • •焚き物(おめでたい昆布やたけのこなどの旬の煮物です。)•香の物(季節や郷土の名産などを漬け込んだ漬物です。)•紅白の餅•歯固め石(地方によっては、高つきに梅干を盛り付けたり、「勝ち栗」を用いたりする。)
    出典 :よく分かる!お食い初め・御百日祝いの由来と意味、メニューや食べる順番
  • 順番

  • 祝い膳を食べさせ(食べさせるまね)る正式な順番は、飯、汁物、飯、魚、飯の順で、3回食べさせるまねをさせます。このうち一粒だけでも赤ちゃんが食べるとお祝いになることから、ほんの少しだけ赤ちゃんのお口に入れるようにするといいと言われています。
    出典 :よく分かる!お食い初め・御百日祝いの由来と意味、メニューや食べる順番
  • 御膳は

     

    一度きりしか使えないもの?と考えている人も多いようですが、意外とそうじゃないそうですよ。取扱いが大変と言われているそうですが、中性洗剤をつけてスポンジで洗えばOKだそうです

  • 実は昔からよく初節句やお正月に使われたものです。現在でも京都ではお正月に使われているご家庭が多くあります。また、お正月や節句だけでなくお誕生日などにも使われてはいかがでしょうか。
    出典 :お食い初めとは やり方順番