思春期うつ病ってなに?

うつ病というと社会人になってストレスが増えた大人がなるというイメージがあるのではないでしょうか?実は子供もうつ病にかかることが多いのです。

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 思春期うつ病の特徴

  • うつ病というと40~60歳代に多くみられる病気ですが、10歳代でもうつ状態は比較的よくみられます。単に思春期の成長過程におけるスランプにすぎないと見過ごされることが多いようです。
    出典 :思春期・青年期のストレス
  • 若年者のうつ病では、成人のうつ病でみられるような絶望感、悲哀感、罪責感などの特徴は少なく、仮面うつ病のように身体愁訴や身体症状が前面に出ることがしばしばあります。
    出典 :思春期・青年期のストレス
  • 子供の心は感情的なものと合わせて発達途上であるため、成人のうつ病と比べて思春期うつは急激に発症して、心に受ける度合いも深くなる恐れがあります。
    出典 :思春期うつ : うつ病チェックと予防方法
  • どんな症状が出るの?

  • ●うつ病の行動に現れる症状
    落ち着きなく動き回る、何をするのも遅くなる、話さなくなる、やらなければならないこともできない、面倒くさがる、集中できない、次の行動を考えることができない
    出典 :子どもがうつかもしれないと思ったら【前編】~子どものうつ病の特徴と受診の目安~【Benesse(ベネッセ)教育情報サイト】
  • ●うつ病の身体的な症状
    食欲がない、体重が減った、食べ過ぎてしまう、体重が増えた、眠れない、いつまでも眠っている
    出典 :子どもがうつかもしれないと思ったら【前編】~子どものうつ病の特徴と受診の目安~【Benesse(ベネッセ)教育情報サイト】
     

    腹痛になるのも思春期うつ病の症状で多いようです。

  • 衝動性が強く、登校拒否やひきこもりの状態になったり、逆に攻撃的になって非行に走ったり、アルコールや薬物に手を出したりするなどの問題行動に至ることもあります。
    出典 :思春期・青年期のうつ病 | どんな病気?/ライフステージ別 | 理解する | うつ病 | メンタルナビ
  • イライラ…引きこもり…

     

    思春期になるとイライラしたり話さなくなるといったことだけでは、ただの反抗期だと思いうつ病かどうか判断するのは難しいですね。うつ病の症状として意欲がなくなり趣味や人付き合いが億劫になる傾向があります。学校に行くのを嫌がったり、友達と遊ばなくなったり楽しんでいたことをしなくなったら注意が必要です。

  • 治療のしかたは?

  • うつ病と診断されたら、次のような治療を行っていきます。うつ病のある子どもは、心身ともに疲れてきっています。まずは、体を十分に休ませることが大事です。学校や塾、習い事を休ませたりして心身への負担を少しでも減らしていきます。
    出典 :子どものうつ病
  • しっかりと休ませ、環境の調整をし、親や周囲の大人が病気について理解して適切に対応しても症状が改善しない。もしくは悪化する場合には薬物療法が行われます。思春期でも、場合によっては抗うつ薬を使います。
    出典 :子どものうつ病
     

    抗うつ薬など薬を使うのは思春期の子供にはあまり良くないといいます。悪化する前に早めに対処しましょう。

  • 思春期うつは感受性の強い子供に、思いやりのない態度や言葉で接っした時に発症しやすくなるので、子供の意見にも正面から向き合って、きちんと理解してあげることが大切です。
    出典 :思春期うつ : うつ病チェックと予防方法
     

    他人からしたら大したことのない言葉や態度でも本人にとってはとても傷ついている場合があります。そのまま抱え込んでしまう前に、ちゃんと意見を聞いてあげましょう。

  • 子どもの場合、「これは病気のためであって、自分は悪くない」ということを本人が100%認識することは無理なのですが、だからこそ、周りが「これは病気のために起こっていることで、あなたが怠けているわけではない」というメッセージを意識して送ってあげることが必要です。
    出典 :読む子育てサプリ~乳幼児期・反抗期・思春期それぞれの道しるべ~ 思春期のうつ病をよく知っておきましょう!
     

    うつ病にとって「がんばれ」、「しっかりしなさい」、「甘えるな」など相手にプレッシャーを与えるのはよくありません。うつ病は心が休養を求めている病気なのですから、しっかり休ませてあげましょう。焦らせるのは禁物です。

  •  

    誰にも言えず一人で悩んでしまい自殺してしまうケースも多いのがうつ病の怖さです。子供の行動や体重の変化、不眠など変化に気づいたら、家庭内で解決せず早めに専門医に相談してみましょう。うつ病は早期治療がいちばんです。