ヘルペス!?胃腸虚弱?「唇のただれ」は体の不調のサイン!

唇のただれが起きていませんか?もしかしたら異常のサインかもしれませんよ。

view92

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 唇のただれは・・・

  • 口唇は、外傷、かみ傷、紫外線などの物理的な刺激、リップクリーム、口紅、練り歯磨き粉、義歯や食器・楽器との接触などの化学的刺激を含む外的刺激を受けやすいため、ただれを起こしやすい部位です。
    出典 :口唇のただれ - 徳島県医師会Webサイト
     

    今では色々なものが売られており、体質に合わない場合も少なくはありません。

  • また、一度ただれると、口唇は特殊な違和感(皮のように感じる、つっぱる、ひりひりするなど)を伴い、気になることが多く、ついつい皮をむしったり、なめたりして、なかなか治らなかったり、さらに悪化する場合もあります。
    出典 :口唇のただれ - 徳島県医師会Webサイト
     

    この部分は気をつけておきましょう。

  • 感染症や皮膚疾患も

     

    上記のような原因もまた、唇がただれる原因になります。子供に多く発生するのが手足口病ですね。こちらも唇がただれたり、ひびが起きたりする病気の一角ですね。

  • 口の周りの腫れやただれ、亀裂の症状があらわれた部位によって「口唇炎・口角炎」と分けて呼びます。原因はドライマウスによる乾燥、ビタミンの欠乏、くりかえしなめる、免疫力の低下など。細菌感染が原因となることもあります。
    出典 :唇のひび・ただれ 症状別ソート - ロート製薬株式会社
  • こんな病気が原因に

  • 口角炎 口角(唇の端)の皮膚または粘膜にただれやひび割れ、潰瘍ができ、口をあけたときに痛む。細菌の感染や常によだれが出ていたり唇をなめる習慣、ビタミンの欠乏、鉄欠乏性貧血などが原因と考えられる。
    出典 :ヘルペス | 口唇ヘルペスと間違えやすい病気は? : 病気・症状- セルフドクターネット
  • 接触性皮膚炎 かゆみを伴うかぶれ、赤い斑点、小さな水ぶくれ、腫れなどが出る。何らかの物質(化粧品、医薬品、洗剤、植物など)が皮膚に接触し、それが刺激となってアレルギー反応が起こる。
    出典 :ヘルペス | 口唇ヘルペスと間違えやすい病気は? : 病気・症状- セルフドクターネット
  • 固定薬疹 抗生物質や消炎鎮痛薬、総合感冒薬など、特定の薬剤を服用するたびにアレルギー反応が起こり、同じ場所に水ぶくれや赤い斑点ができる。何度も繰り返すと次第に色素沈着が生じ、黒っぽいアザのようになる。
    出典 :ヘルペス | 口唇ヘルペスと間違えやすい病気は? : 病気・症状- セルフドクターネット
  • 出来る事からコツコツと

  • ・ビタミンB2・B6の摂取、外用薬の使用が効果的です。・うがいによる口腔ケア、できるだけ口を動かさない・触らないように心がけましょう。
    出典 :唇のひび・ただれ 症状別ソート - ロート製薬株式会社
  • 食事に関しては、ビタミンB2、B6やニコチン酸、葉酸などが欠乏して起こることがありますが、偏食なく食べているなら、現代の豊かな食生活ではまず心配ありません。それらが欠乏しているようであれば、むしろ吸収不全症候群、アルコール中毒、慢性肝不全、偏食などを考えるべきで、その場合は内科などを受診した方がいいでしょう
    出典 :口唇のただれ - 徳島県医師会Webサイト
  • 固定薬疹という特殊な薬疹があります。これは同一部位に再発を繰り返し、色素沈着を残すことにより気付きます。毎日飲む薬より、たまに飲む頭痛薬や風邪薬などが原因となることがあり、本人も薬との関連に気付かないことが多いようです。
    出典 :口唇のただれ - 徳島県医師会Webサイト
  • 病理組織検査は、診断をつけるのに重要な検査法で、たいていの皮膚科専門医で行っています。15分程度で終わる検査ですので、受けてみてはどうでしょうか。また診断がついても、治るのに時間がかかったり、再発する病気があります。あまり焦らず、唇を突っつきすぎないようにすることも大切だと思います。
    出典 :口唇のただれ - 徳島県医師会Webサイト
  • 唇のただれは

     

    色々な原因で引き起こされます。また、再発しやすいのが困った所ですよね。免疫力の低下や季節にも負けないように注意しましょう。また、お子様は良くなる傾向があるので気をつけてくださいね。